採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

11.11

fri
RECRUITMENT

写真:IPACコーディネートの授業の様子

JOB OFFERS

WORK STYLE ICON

早朝出勤

深夜出勤

リモート

午後出勤

副業

週休3日〜

特別休暇

フレックス

時短勤務

服装自由

海外勤務

土日のみ

この職種の求人募集は終了しました。

掲載終了日: 2017-02-10 Fri.

授業コーディネーターを募集中

若者に刺激と気づきを与える

企業と大学を繋いで若者の可能性を引き出す! IPACが創りたい日本の未来とは?

一般社団法人 知的人材連携センター

この職種の求人募集は終了しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
「大学生が企業の人たちと日常的に関わることで、いきいきと学びながら成長もできる、そういうインフラを作っていきたいです。」そう話してくださったのは一般社団法人知的人材連携センター(通称:IPAC)代表理事の長井裕樹さん。実は長井さん、平日は正社員として企業に勤めていて、土日を中心に活動を行う週末起業家、パレレルワーカーです! そんな長井さんがこの社団を立ち上げたきっかけ、そして創りたい未来とは? お話を伺いました。

2016-11-11 文章 / 小野修平

一般社団法人 知的人材連携センター

JOB OFFER
授業コーディネーター
WORK PLACE
東京都杉並区阿佐谷北1-46-13
CORE TIME
09:00 〜 17:00  柔軟に対応可能

WORK STYLE POINT

  • 在宅勤務・リモートワーク推奨!
  • 副業、パラレルワークOK!
  • 時給換算1万円以上も可能

WORK STYLE ICON

早朝出勤(応相談)

深夜出勤(応相談)

リモートワーク(応相談)

午後出勤(応相談)

副業 or 複業(応相談)

週休3日以上(応相談)

特別休暇あり

フレックスタイム(応相談)

時短勤務(応相談)

服装・髪型自由

海外勤務(応相談)

土日・祝日のみ出勤(応相談)

この職種の求人募集は終了しました。

INTERVIEW

企業と大学を繋ぎ、大学生の可能性を引き出す活動

−−まずは、活動内容について教えてください。

長井:
「若者の成長機会創出の社会基盤づくり」を基本理念とし、企業の方を大学の講義に招へいしマッチングさせる活動や、学生と企業を繋ぐイベントの開催などを行っています。

大学側が授業に外部ゲストを招へいするには、労力・人脈・資金と言った面で限界があります。一方で企業側は、特にB to B企業だと、知名度が低く学生との接点が少なかったり、事業内容か見えづらいといった課題があります。そこへ私たちIPACが間に入ることで、ゲストスピーカーとして授業をしてくれる企業を集めてそこから協賛金をいただき、企業の方に講義をしていただく、そういう”つながり”を作る活動です。

−−授業は、どのような分野が多いのですか?

長井:
メインは理系の授業です。理工、工学、情報系の授業が今は多いですが、理学系やライフサイエンス系の分野も少しずつ広がっているといった状況です。

理系の学生にとって「自分がやってきた研究や技術が、社会・会社でどのように活きていくのか」というのはとても見えづらい側面があります。例えば、素粒子論を専攻している人たちは、研究を進める中でプログラミングもするし、膨大な量のビッグデータ解析もする。企業側からするととても魅力的な能力を持っているのですが、学生たちは、その能力が社会でどういう風に活用できるのか、判らないのですよね。なので、就職活動でも「興味はないけど、こっちの進路の方がいいだろう」という選び方になってしまうのです。自分の研究分野と社会とのつながりが見えてくると、自分の好きな分野の研究をしてても、就職活動で進路を前向きに選ぶことができると思います。

始まりは「学校と産業界との接点が少ない」という問題意識から

−−なぜ、この活動を始めたのですか?

長井:
もとは私自身も理系出身で、テクノロジーで社会をより良くする活動を自分の仕事にしたいと考えてきました。大学卒業後、化学メーカーの技術職として働きながら、高学歴の大学院生の就職支援を行うベンチャー企業を立ち上げて、学生たちのキャリア構築のサポートをしてきたのですが、そこで感じたのは若者と社会のつながりが弱いのではないかということ。少子高齢化が進む日本で、未来を創る力を持つ若者を刺激し、成長の機会を増やすため、IPACを立ち上げました。

現状で、たとえ高学歴でも就職活動に苦戦する理系大学院生が多いのは、社会に出て何がしたいかを考える機会がなかったり、在学中に刺激を受ける経験が少ないことが原因です。そもそも、学校教育と産業界の”接点”がとても少ないがために、大学での研究が社会とどう結びつくのか、自分の知識や能力を社会にどう還元できるのかを知る機会を持てないでいることは大きな問題です。

だから私たちは、大学の授業を通じて学生と企業をつなぐ機会を増やしたい。こうした活動をしている団体や企業は今のところIPAC以外にないと思います。

−−ベンチャー企業と社団法人の立ち上げと、アクティブな長井さんの原動力は何でしょうか?

長井:
私が好きな言葉に糸井重里さんの「おもつらい」というものがあります。こういった活動をしていると苦労もうまくいかないこともたくさんあって、”つらい”場面がたくさん出てきます。でも、精力的にやり込んだ中にこそ”おもしろさ”は産み出されるもの。今がまさに「おもつらい」状況ですが、自分がやったことすべてダイレクトに返ってくることに、とてもやりがいを感じます。仕事を通じて「おもつらい」を感じたい、そんな思いが私の原動力なのだと思います。

理系出身、子育てママさん大歓迎!

−−今回募集する「授業コーディネーター」の仕事内容について教えて下さい。

長井:
私たちの事業の核となる、企業と大学をマッチングする営業担当を「授業コーディネーター」と呼んでいます。マッチングさせる営業のお仕事で「授業コーディネーター」と呼んでいます。アプローチ先は2つあって、ひとつは授業の枠を提供してもらう大学、もうひとつは授業を担当してもらう企業です。

流れとしては、まず大学側へ働きかけることから始まります。教授の方々を訪問し、用意したヒアリングシートに沿って質問をしながら雑談を交えお話を伺うのですが、慣れるまでは私たちが同行してサポートします。その後、企業側へはメールと電話でアプローチするのですが、予想以上に良い反応をいただいています。それだけ社会的ニーズが高いということ。設立から1年が経ち、運営のノウハウが貯まってきたので、今後人員を増やしてさらに力を入れていきたいと考えています。

−−この仕事に合うのはどんな方でしょうか?

長井:
大学教授や企業の方々と直接お会いすることが多いので、理系の専門的な話題にも対応できる方だと、業務をより楽しめると思います。例えばメーカーや情報・IT系企業での就業経験があって、子育てや介護などの事情でキャリアを離れた方にはピッタリなのではないでしょうか。

それから、未来を創る「教育」にまつわる仕事ですから、大学や教育そのものに関心の高い方が良いですね。若者や子どもたちへの教育は、未来に繋がる”資産”です。より良い未来の実現に貢献していきたいと思える方とぜひご一緒したいです。

フルリモート勤務だから自分の裁量で働ける

−−どんな働き方を導入していますか?

長井:
自宅やカフェなど自分が働きやすい場所で、1日数時間を使ってメール対応をしてもらいます。アポイントがある日は、私たちと一緒にヒアリングのため大学へ向かいます。また特徴的なのは、日当+1件成約につきお支払いする成果報酬を設けているところ。実績を出した分だけ形になって返ってきますし、案件によっては時給換算1万円以上のものもありますから頑張りがいがあると思います。

「社団法人」というのは、株式として利益の分配をしないルールなのであって、利益を追求しないわけではないのです。利益を追求し、自分たちの活動資金を稼ぐことも重要だと考えています。

関係者みんなで、若者の機会創出のインフラ作りを

−−団体の未来の姿について教えてください。

長井:
大学生、大学院生が世の中の企業人とつながり、いきいきと学びながら成長もできるようなインフラを作っていきたいです。私たちの活動を通じて、企業の人たちと学生が日常的に接点を持ち、企業の人が研究室へ見学へ行くようになったり、学生が技術力を要するアルバイトやインターンシップをさせてもらったり。そういうつながりを増やしていけたらいいですね。

最近、新卒一括採用を廃止する企業が出てきているところを見ると、年齢を問わず日頃から社会と接点を持とうという流れが主流になってきているのかなと思います。だからこそ「企業人が授業の中に入る」のは最も良いやり方なのではないかと。近い将来、こうしたつながりを日本全国を広げる仕組みを作っていきたいです。

求人情報の詳細

一般社団法人 知的人材連携センター

求人カテゴリ 営業>新規開発営業
募集職種 授業コーディネーター
雇用形態 業務委託
経験レベル 未経験者・経験者歓迎
仕事内容 大学の授業枠の開拓、授業への企業招聘アレンジ
必須スキル ・基本的なPC操作ができる
歓迎スキル ・工学系、理系の用語が理解できる
・大学に関連した業界にいたことがある
・理工系大学院出身
・教育業界にいたことがある
・就職支援業界で働いたことがある
・メーカーで技術職だったことがある
・大学教員とのネットワークがある
・学会に所属していたことがある
想定年収

100 〜 300万円 出来高制

勤務地 東京都杉並区阿佐谷北1-46-13
最寄り駅 阿佐ケ谷駅
利用可能な路線 中央本線
就業時間

09:00 ~ 17:00  柔軟に対応可能

休日・制度 ※業務委託であることから、ご自身で自由に判断ください
※適宜、懇談会有り
選考プロセス 書類選考→業務説明兼、面談→採用
※スタッフの都合上、面談は2回となる場合があります

“RECRUITMENT”

若者に刺激と気づきを与える

RELATED POST

clear

一般社団法人 知的人材連携センターの担当者に興味があることを伝えました!

企業側があなたの経歴に興味を持ったら
マイページに直接メッセージが届きます。

「興味がある」ボタンを押すと、あなたの経歴を企業側が閲覧できる状態になり、
企業側があなたの経歴に興味を持ったら、マイページに直接メッセージが届きます。

\ プロフィールを充実させよう! /

履歴書や職務経歴書を充実させることでメッセージを受け取る確率がUPします。
さっそく自分のプロフィールを更新しましょう!

clear

をクリックすると、どうなるの?

企業側があなたの登録している履
歴書・職務経歴書を閲覧できるよ
うになります!
あなたのプロフィールを見て企業
側も興味があった場合、直接あな
たへメッセージが届きます!

\ あなたのプロフィールを充実させよう! /

履歴書や職務経歴書を充実させることでメッセージを受け取る確率がUPします。
さっそく自分のプロフィールを更新しましょう!