ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

ショーケース・ティービーから「100人の社長を輩出」する(株式会社ショーケース・ティービー):p012018000002 | PARAFT [パラフト]

左:執行役員 人事本部長 福山敦士 氏、右:代表取締役社長 森雅弘 氏

JOB OFFERS

WORK STYLE ICON

働き方:早朝出勤 |  PARAFT [パラフト]

早朝出勤

働き方:深夜出勤 |  PARAFT [パラフト]

深夜出勤

働き方:リモート |  PARAFT [パラフト]

リモート

働き方:午後出勤 |  PARAFT [パラフト]

午後出勤

働き方:副業 |  PARAFT [パラフト]

副業

働き方:週休3日〜 |  PARAFT [パラフト]

週休3日〜

働き方:特別休暇 |  PARAFT [パラフト]

特別休暇

働き方:フレックス |  PARAFT [パラフト]

フレックス

働き方:時短勤務 |  PARAFT [パラフト]

時短勤務

働き方:服装自由 |  PARAFT [パラフト]

服装自由

働き方:海外勤務 |  PARAFT [パラフト]

海外勤務

働き方:土日のみ |  PARAFT [パラフト]

土日のみ

イントレプレナーを募集中

若手が経営を経験する意義

ショーケース・ティービーから「100人の社長を輩出」する

株式会社ショーケース・ティービー

このエントリーをはてなブックマークに追加
独自の特許技術を活用し、Webサイトの最適化やWebマーケティング支援のためのソフトウェアサービスを数多く提供する株式会社ショーケース・ティービー。人事本部長の福山 敦士さんは、自らが経営するレーザービーム社サービスを事業譲渡し、2018年に同社へ参画しました。執筆活動の他、大学院の講師を務めるなど、若手人材の採用と育成に定評のある福山さん。ショーケース・ティービーの成長を加速させるべく、「100人の社長を輩出」プロジェクトを立ち上げています。その詳細を伺いました。

株式会社ショーケース・ティービー

JOB OFFER
イントレプレナー
WORK PLACE
東京都港区赤坂3-21-13昭栄赤坂ビル4F
CORE TIME
10:00 〜 14:00  フレックス制(標準労働時間8時間)

WORK STYLE POINT

  • 起業へのロードマップが描ける
  • 失敗を歓迎
  • 本気で挑戦したい方をサポート

WORK STYLE ICON

働き方:早朝出勤(応相談) |  PARAFT [パラフト]

早朝出勤(応相談)

働き方:深夜出勤(応相談) |  PARAFT [パラフト]

深夜出勤(応相談)

働き方:リモートワーク(応相談) |  PARAFT [パラフト]

リモートワーク(応相談)

働き方:午後出勤(応相談) |  PARAFT [パラフト]

午後出勤(応相談)

働き方:副業 or 複業(応相談) |  PARAFT [パラフト]

副業 or 複業(応相談)

働き方:週休3日以上(応相談) |  PARAFT [パラフト]

週休3日以上(応相談)

働き方:特別休暇あり |  PARAFT [パラフト]

特別休暇あり

働き方:フレックスタイム(応相談) |  PARAFT [パラフト]

フレックスタイム(応相談)

働き方:時短勤務(応相談) |  PARAFT [パラフト]

時短勤務(応相談)

働き方:服装・髪型自由 |  PARAFT [パラフト]

服装・髪型自由

働き方:海外勤務(応相談) |  PARAFT [パラフト]

海外勤務(応相談)

働き方:土日・祝日のみ出勤(応相談) |  PARAFT [パラフト]

土日・祝日のみ出勤(応相談)

INTERVIEW

「ショーケース・ティービー×福山」のシナジー

ショーケース・ティービーへ参画した経緯を話す、福山氏

ショーケース・ティービーへ参画した経緯を話す、福山氏

――福山さんがショーケース・ティービーへ譲渡された事業とは、どんなサービスなのでしょうか。

福山:
neconote(ネコノテ)という経営者向けのクラウド秘書サービスです。スタートアップ企業の経営者って、プレイングマネージャーの方が多いんですね。そうした経営者が抱える、自分がやるのは非生産的だけど、誰にお願いしていいかわからないちょっとした業務って、けっこうあるものなんです。そんな業務を切り出して、対応してくださる方をマッチングするというサービスです。

クラウドソーシングのサービスとはいえ、実態は極めてアナログです。クライアントのタスクを整理して、どの作業をやる/やらないを一緒に決めた後に作業を請け負うサービスです。イベント企画・運営サポートや、オペレーション業務なんかを主にやります。「こんなサービスほしかった!」という声をいただくことも多く、手応えはありました。

――需要が多そうですね。どんな経緯から、ショーケース・ティービーへの譲渡・参画となったのでしょうか。

福山:
クラウド秘書サービスを展開するうちに、理想の事業規模に対するギャップを感じるようになりました。私が経営する会社では、ほかに学習コンテンツ制作事業も展開しています。そちらに注力したいという思いもありました。そこで、クラウドソーシング事業を一緒に育ててくれる会社を探していたんです。そんなときに、知人からショーケース・ティービーを紹介してもらいました。

私はもともと、人を集めることを強みとしています。セミナーや勉強会、SNSなどを活用して、若手のビジネスマンを中心とした人的ネットワークを構築してきました。縁あって繋がった方々に副業としての仕事を斡旋するなどして、クラウド秘書サービスを運営していたんです。

一方で、ショーケース・ティービーは、テクノロジーに強みを持っています。
特許技術をはじめとする最先端のテクノロジーと何かを掛け合わせて、新しい価値を生み出している会社です。

ショーケース・ティービーを知っていくうちに、「ショーケース・ティービー×福山」はきっと良いシナジーを生むだろう、そう確信したんです。

――「ショーケース・ティービー×福山」で、どんなシナジーが生まれるとお考えでしょうか。

福山:
テクノロジーを中心とした事業開発です。
ショーケース・ティービーは2015年にマザーズ、2016年には東証一部上場を果たしました。上場したことで、ショーケース・ティービーは「0→1」を終えました。いまは、「1→10」に移行する“踊り場”の段階です。良い人・良い技術・良いお客様を、ショーケース・ティービーは持っています。あとは、いかに「1→10」を伸ばし、それを仕組み化するかなんです。そこには、事業開発人材/経営人材の育成が急務です。

「1→10」を登り切る、事業や会社を成長させていくためには、挑戦が必要です。起業をはじめ、数々の挑戦を続けてきた福山が加わることで、ショーケース・ティービーを成長の軌道に確実に乗せていけると思っています。

組織として成熟してきたショーケース・ティービーには、今だからこそ、いい意味での破壊を起こす人材が必要です。健全な筋肉痛を起こすような。そうやってこの先3年くらいで、挑戦する文化を持った強い組織にしていきたいです。

「100人の社長を輩出」プロジェクトとは

「100人の社長を輩出」プロジェクトは始まったばかり。社内外の期待は大きい。

「100人の社長を輩出」プロジェクトは始まったばかり。社内外の期待は大きい。

――ショーケース・ティービーを挑戦へシフトさせるために、「100人の社長・輩出プロジェクト」に着手されたとか。どんな内容のプロジェクトなんでしょうか。

福山:
具体的には、3つの目的があります。

1つは、ベンチャー気質を失わないようにすることです。

”挑戦”の事例を社内から生み出します。
弊社は、短期間で2度の上場を果たしましたが、今、踊り場にいます。
守るものが増えて、社内から挑戦の事例が減りました。
創業期のショーケース・ティービーがそうだったように、失うものなど何もない気持ちで、新しいビジネスチャンスを自らの手で創り出す、そんな空気をつくろうと考えております。

2つ目は、社内のトップ人材を育成することです。

ショーケース・ティービーは社員の平均年齢が33歳ですが、経営陣の年齢は40-50代です。若手から中堅の社員が経営に関わっていないのが現状なんです。若手社員にもっとチャンスを与えて、経営を担ってもらう。そうすることで、社員みんなに経営の視点で物事を考えてもらいます。そして、実績を上げた社員にはその成果を還元していく仕組みを整えていきます。成果を出した人が報われる組織にして、トップ人材を留保するのが狙いです。

最後の3つ目は、成長できる環境を提供することです。

社会人になっても、大学院に通ったり、勉強会に行ったりして啓発に努める人は少なくありません。それでもやはり、実践することで得られる学びって、全く違うものだと思うんです。「来月からあなたが社長なので、がんばって会社を大きくしてください」と言われて、初めて見えてくることは多いんですね。人を雇うこととか、資金繰りとか。そうした環境、立場、役割を徹底的に提供していきたいなと。もちろん、困ったときにサポートする体制も用意しています。

――「100人の社長を輩出」プロジェクトとは、福山さんが発起人なんでしょうか。

福山:
私が考えていたことと、社長の森が3年ほど前から言っていたことが合致してスタートしました。3年前の経営資料に「100人の社長を輩出する」と書いてありました。でも3年の間、残念ながら社内からは一人も社長が生まれませんでした。挑戦を強化するためにも、社長人材を実際に輩出しようと、2018年の4月から取り組んでいます。

人材が成長できる環境とは

休憩スペースの和室で談笑する社員の方々

休憩スペースの和室で談笑する社員の方々

――「100人の社長を輩出」プロジェクトの3つ目、成長できる環境というのは、経営に携わりたい方にとって非常に魅力的だと思います。具体的にどんな環境を提供する予定なんでしょうか。

福山:
事業を自分でやってみるのは、早ければ早いほどいいんです。そこで、内定を出した段階で、まずは新規事業を一緒に考えます。入社したら、ある程度の予算を持ってもらって、実際に事業を興してもらいます。

やってみて上手くいかないようだったら、「新規事業の種」を営業の現場で見つけてきてもらいます。場合によっては、先に営業の現場に入ってもらって、種を見つけてから新規事業を立ち上げることもあります。

自分の頭だけで考えたビジネスで、本当に一億円の利益が作れるものはそうそうありません。現場でたくさんの声を集め、そこで見つけたニーズをビジネスとして育てていくのが基本なんです。「新規事業(新しいビジネス)の種」を見つけるというのは、何も経営者だけに必要な力ではありません。営業として生き抜く上でも絶対に必要な力なんですね。その訓練を、ビジネスのフィールドに立つ方には、ぜひ若いうちに積んでほしいと思っています。

――新規事業を立ち上げると言っても、成功するのはなかなか難しいのでしょうね。

福山:
成功の定義によりますが、ビジネスのアイディアというよりは、「やりたい」という気持ちが大事です。

成功と失敗を定義するのは難しいですが、失敗には2つの形があると思っています。

1つは、諦めること。この点については、本人が「やりたい」という気持ちと、何とかして成功させようという気持ちがあれば、クリアできると思っています。新規事業を「やらされて」うまくいく可能性は極めて低いので。

もう1つが、撤退すること。例えば、野球が好きだから野球を応援するビジネスをしたい、と挑戦したとしても、スポーツビジネスはただでさえ難易度が高いんですね。「やりたい」という気持ちが強かったとしても、ビジネスとして成長させられなければ、どこかで撤退しなくてはなりません。半年間で粗利何百万円を達成できなくなったら撤退とか、そうした撤退ルールを設けて、ルールの運用によって撤退を決めて、すぐに次の機会に挑戦することも大切だと思っています。挑戦の数だけ失敗の数も増えてしまいますので。

経営者、事業責任者として大成していくには、打席に立つ経験を積むことが何よりも大事です。ホームランを1本打てればいいんですから、打率は気にせず、早くたくさん失敗する環境を提供します。

人生の主導権を握るため、主役になるために。若いうちから経営者になれ!

若いうちに経営のフィールドに立つことについて話す、福山氏

若いうちに経営のフィールドに立つことについて話す、福山氏

――例えば20代など、若いうちから経営の視点を持つことに、どんなメリットがあるとお考えですか。

福山:
人生の主導権を握れる、ということなんだと思います。

学生の頃、野球部に所属していて学んだことなんですが、結局報われるのは試合に出ている人なんですね。スタンドで応援するのは、本当に辛いものです。ベンチ入りよりもスタメンです。1年生から試合に出ている人たちの中からキャプテンが選ばれる、というのは野球に限らずどんなスポーツも同じです。

経営を任されるというのは、試合に出られるというのと同じなんです。20代から試合に出れば、30代でもいいポジションにつきやすい、いい仕事にめぐりあえるというメリットがあるのかなと。

世の中にとっても、若い人が早くから活躍することで、社内や業界が活性します。下級生にスーパールーキーがいれば、上級生もがんばりますから。ボトムアップって、いまの社会が求めていることだと感じています。そんな事例を、ショーケース・ティービーで作って発信していきたいですね。

――「100人の社長を輩出」プロジェクトを実行する上で、どんな方に参画してほしいですか。

福山:
来てほしい人材として、2つの像をイメージしています。「0→1人材」と「1→10人材」です。

「0→1人材」は、いい意味で許可を取らずに、勝手にやっちゃう人です。「受注できちゃったんですけどいいですか」「事業を作ったらうまく行っちゃったんですけど、このまま進めていいですか」というような(笑)。事業は本来、そうやって作るべきなんです。新規事業の許可書を作成する時点でもうアウトなんですね。

とは言え、挑戦に失敗はつきものです。失敗したら勝手に何をやっているんだと言われるし、上手く行っても褒められるわけでもない。それでも突き進む、開拓者精神を持つ人材が必要です。わかりやすい挑戦をする人が。

一方の「1→10人材」は、もっとやる人ですね。こちらも挑戦をする人材です。例えば、お客様がショーケース・ティービーの既存サービスではカバーできない部分で困っている。「お客様の問題を解決したいから、もっと別のサービスを展開してもいいですか」とサービスの範囲をどんどん広げて、それが新しいビジネスに育つというような。こうしたことも十分に挑戦であり、そんなマインドを持つ方にも来てほしいですね。

出会えた人と、一緒に働きたい

オフィスエントランスにて

オフィスエントランスにて

――挑戦しようという方が、ショーケース・ティービーをその舞台に選ぶメリットは何でしょうか。

福山:
そうですね。「挑戦と安心をセットで提供できる」というのは大きなメリットではないでしょうか。

来月の売り上げが立つかどうかもわからない、という状態だと、新規事業をやってみるどころではないんですね。とにかく足元を固めることに注力しないといけません。会社に体力がなくて、経営が不安定だと、本質的な挑戦ができません。本質的な挑戦って、来月の売り上げを棚上げして、多少の赤字を覚悟しながら、しっかりしゃがんでジャンプすることなんですね。ショーケース・ティービーは本業でしっかり収益を上げている会社ですから、それができます。

あとは、ショーケース・ティービーの信用、顧客の層の厚さも大きなメリットですね。新しい事業を提案するにあたっても、過去の実績があるかないかでは話が進むスピードも労力も全く違います。

――社内でも、新規事業の立ち上げに向けて取り組みを進められていると伺いました。

福山:
挑戦するメンバーを外から迎え入れるだけでなく、内部からも挑戦する機運を高める取り組みをしています。具体的には、社内で新規事業のコンペをやっています。ただ、事業プランを出して、高い評価をもらって、賞金を受け取って終わりというのは違うよと。「本当に自分でその事業をやりたいのか、やるならば誰にいま抱えている仕事を引き継ぐのか、引き継ぐ人が社内にいなければその人材を採用しないといけない。現実的に社内から新規事業をつくるということは、そういうことです。その意味で、新しく入ってくる人の方がチャンスを掴むのは早いと思います。

――どんな方が挑戦できる人材だとお考えですか。

福山:
挑戦は、「挑戦しよう!」と号令をかけたらできる、というものでもないと思っています。どちらかといえば、気質によるのかなと。

どんな小さな規模でもいいんです。これまでの経験で、少しでも「勝手にやった経験」「もっとやった経験」ないか、ということを聞くようにしていますね。

それから、失敗経験を重視しています。挑戦をすれば失敗は必ずします。その失敗をどう捉えるかで差が出てきます。同じ失敗を繰り返す人がいる一方で、失敗を糧にして成果を出せる人がいます。それは、なぜ失敗したのかという原因をしっかり考えられるかどうか、なんですね。失敗を他責にするだけでなく、自分マターの原因を深堀り、改善する力を求めます。

――果たして自分が「挑戦できる人材」なのか、不安を覚えます……(笑)。

福山:
出会えた人とは一緒に働きたいと思っているんです。ですから、どんな形でもいいから「挑戦した経験」がなかったか、掘り下げて聞いています。絶対あるはずなんです。バイトの経験だって、部活の経験だって、家族の経験だっていいんです。何かしらの問題解決をしたことはあるはず。それを、今度はショーケース・ティービーで一緒にやろうよと。

出会った人に拒否反応を示されたら仕方ないんですが(笑)、「福山とショーケース・ティービーと、あなたを掛け算したらこんな未来が待っている」という方向性を探し、一緒に伴走していきたいなと思っています。伴走できるのも、まだ人が少ない今だけなので、ちょっとでも福山とビジネスしたいと思った方は今がチャンスです!(笑)。

求人情報の詳細

株式会社ショーケース・ティービー

求人カテゴリ 企画・マーケ・広報等>事業開発
募集職種 イントレプレナー
雇用形態 正社員
経験レベル 未経験者・経験者歓迎
仕事内容 社内新規事業の企画・実行、営業
必須スキル 諦めない力
歓迎スキル 目標設定スキル
想定年収

300 〜 1200万円 経験と成果を考慮します

勤務地 東京都港区赤坂3-21-13昭栄赤坂ビル4F
最寄り駅 赤坂見附駅(永田町駅)
利用可能な路線 銀座線
丸ノ内線
南北線
有楽町線
半蔵門線
就業時間

10:00 ~ 14:00  フレックス制(標準労働時間8時間)

休日・制度 完全週休2日制(土日)・祝日・有給休暇・年末年始休暇

<その他の休暇>

・夏季休暇 7月~9月で3日間(取得率99.6%)
・アニバーサリー休暇年3日(取得率82.5%)
・子の看護休暇(取得率48% )
※有給休暇取得率58% ※取得率は2014年度全社平均

・インセンティブ制度・親睦パーティ
・図書購入補助(月1冊 会社が購入費用を負担)
・クラブ活動・資格取得支援(合格お祝い金支給)
・定期健康診断
・インフルエンザ予防接種 など
選考プロセス ①書類
②人事部長
③社長
※②と③が同日になる可能性もあります

RECRUITMENT

若手が経営を経験する意義

RELATED POST

関連記事はありません

clear

株式会社ショーケース・ティービーの担当者に興味があることを伝えました!

企業側があなたの経歴に興味を持ったら
マイページに直接メッセージが届きます。

「興味がある」ボタンを押すと、あなたの経歴を企業側が閲覧できる状態になり、
企業側があなたの経歴に興味を持ったら、マイページに直接メッセージが届きます。

\ プロフィールを充実させよう! /

履歴書や職務経歴書を充実させることでメッセージを受け取る確率がUPします。
さっそく自分のプロフィールを更新しましょう!

clear

をクリックすると、どうなるの?

企業側があなたの登録している履
歴書・職務経歴書を閲覧できるよ
うになります!
あなたのプロフィールを見て企業
側も興味があった場合、直接あな
たへメッセージが届きます!

\ あなたのプロフィールを充実させよう! /

履歴書や職務経歴書を充実させることでメッセージを受け取る確率がUPします。
さっそく自分のプロフィールを更新しましょう!