ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

休日の記事

女性ホルモンの働きを整えて、オンもオフもいきいき過ごそう♪:r000015000001 | PARAFT [パラフト]

2015.08.18

休日の記事2015.08.18

カギを握るのはホルモンバランス

女性ホルモンの働きを整えて、オンもオフもいきいき過ごそう♪

keyword: 休日 バランス 時間 仕事 変化

このエントリーをはてなブックマークに追加
健康に自信がない……そんな女性は「ホルモンバランス」が乱れているのかも? 頭痛や便秘、肌荒れ、そして生理痛。 病院に行くほどではないけど……と思いつつ、日常的な不調にモヤモヤしている女性は多いのではないでしょうか? 特に、社会人になってから体調が悪いことが増えという方は要注意。不規則な生活や偏った食事、そしてストレスのせいで「ホルモンバランス」が乱れているのかもしれませんよ。

2015.08.18 文章 / キクチアスカ

そもそも「女性ホルモン」って、どういうもの?


女性の不調を引き起こす「ホルモンバランスの乱れ」とは、女性ホルモンの分泌が正常に行われなくなってしまっている状態のこと。女性ホルモンには、
  1. 女性らしい体をつくる、「エストロゲン」
  2. 妊娠しやすいよう子宮の働きを整える、「プロゲステロン」
この2種類があり、それぞれの分泌量が生理周期に合わせて増減します。「エストロゲン」は美肌ホルモンとも言われ、肌や髪にツヤを与えてくれる働きも。エストロゲンの分泌量が増える生理後に、「なんだか私、いつもより美人?」と感じたことがあるかもしれません。

一方「プロゲステロン」の分泌が増えすぎてしまうと、皮脂の分泌も増え、ニキビや吹出物の原因に。生理前のイライラにも、このプロゲステロンが大きく関わっています。だからと言って、「エストロゲンを増やして、プロゲステロンを減らそう!」ということではなく、両方とも女性の健康には欠かせないもの。どちらの分泌が多すぎても少なすぎても、身体の不調を引き起こします。バランスよく、毎月の生理周期に添って、正常に分泌されていることが大切なんです。

「不規則な生活」で乱れたホルモンバランスを整えるには


働く女性の毎日には、ホルモンバランスが乱れてしまう原因がいっぱい。 まず第一の原因として「不規則な生活」があります。次の日に憂鬱な仕事があるときほど夜更かししてしまったり、常に睡眠不足だったりしませんか? 生活リズムが乱れると自律神経が乱れ、同時にホルモンバランスも乱れます。また、休日に「寝だめ」をしてしまう人も要注意。ここで大切なのは、生活の「リズム」を整えること。仕事の日も休日もできるだけ同じ時間に眠り、同じ時間に起きることにチャレンジしてみてください。きっと、体調の変化を実感できるはずですよ。

出典 https://www.pakutaso.com


栄養バランスを整えて女性ホルモンの働きを活性化


それから、食事にも注意が必要です。 ついつい忙しくて、ファストフードやコンビニで買ったごはんばかり食べていませんか? 栄養バランスの偏った食事は不規則な生活と同じく、自律神経とホルモンバランスを乱れさせます。大切なのは、炭水化物(米・パン・麺類)・脂質(油分)・タンパク質(肉・魚・大豆食品)・ビタミン(野菜・果物)をバランスよく食べること。

毎日実践するのは難しくても「昨日はお肉ばかりだったから、今日は野菜を多めに摂ろう」と意識するだけでもかなり違います。 女性ホルモンの働きを助けてくれる食材としては、イソフラボンが豊富な納豆などの大豆食品や、ビタミンB6を多く含むカツオやサンマ、マグロなどもオススメ。 毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

出典 http://www.ashinari.com


1日たった5分の心がけで女性ホルモンの乱れは改善できる


実は、ホルモンバランスが乱れる原因として一番多いとされているのが、精神的なストレス。子宮に「女性ホルモンを分泌せよ」と指令を出す、脳の視床下部や下垂体はとてもデリケート。精神的ストレスの影響を特に受けやすい部位なんです。つまり、ストレスは女性ホルモンの大敵。あなたが感じているストレスの原因そのものを取り除ければ一番いいのですが、それが難しいという場合もありますよね。

そういうときには、意識的に「何も考えずにリラックスする時間」を設けることが大切です。1日に5分だけでもいいので、心からリラックスできる時間をつくってみてください。入浴や読書、音楽鑑賞、テレビを見て思いっきり笑うのもいいかもしれません。

あなたが好きなこと、苦にならずにできることなら何でもいいんです。1日5分のリラックスタイム、「こんなことだけで?」と思うかもしれませんが、その効果は絶大。「意識的にリラックスする」ことは、慣れないうちは難しいかもしれませんが、だんだんコツが掴めてくるはずです。

出典 href="http://www.ashinari.com/2012/08/19-367319.php">http://www.ashinari.com

WRITER

フリーライター・エディター

キクチアスカ

健康は、良く働き、良く遊び、そして良く生きるための財産。 女性ならではの不調のメカニズムとその改善法を知っていれば、今よりももっと、自分の身体と付き合いやすくなるはず。「病院に行くほどではないけど……」な、モヤモヤした不調に悩んでいる女性は、今回ご紹介したホルモンバランス改善法をぜひ試してみてくださいね。すっきりクリアな心と身体で、オンもオフもいきいき過ごしましょう!

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
女性ホルモンの働きを整えて、オンもオフもいきいき過ごそう♪:r000015000001 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

カギを握るのはホルモンバランス

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]