ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

コミュニケーションの記事

ビジネスパーソン必見!「雑談力」を高める3つのコツ:r000015000021 | PARAFT [パラフト]

2015.09.11

コミュニケーションの記事2015.09.11

会話が続かなくて困るアナタへ

ビジネスパーソン必見!「雑談力」を高める3つのコツ

keyword: コミュニケーション 仕事 会社 職場 企業

このエントリーをはてなブックマークに追加
初対面でも大丈夫。ちょっとしたコツで「会話が続かない」悩みは解決できる! 社会人なら避けては通れない「雑談」の場面。社内でも社外でも、仕事に関する会話以外は一切しない、というわけにはいきませんよね。楽しい雑談は、職場の人間関係を円滑にするだけでなく、初対面のビジネスの相手と良好な関係を築くのにも有効な手段です。今回は、「会話がすぐに途切れてしまって続かない」「話題が思いつかない」と悩んでいる方に、「雑談力」を高められる、ちょっとした3つのコツをお伝えしたいと思います。

2015.09.11 文章 / キクチアスカ

雑談力アップのコツ① 相手に興味を持とう


すべてのコミュニケーションは、「相手に興味を持つ」ところからはじまります。例えば、取引先の社長に初めて会う場合。前もってその会社のホームページをチェックしておきましょう。特に、経営者ブログのような社長の人となりが分かるコンテンツがあれば、よりパーソナルな話題につなげることができるのでオススメです。

そのブログに趣味についての情報があれば、会ったときに「はじめて何年くらいなんですか?」などと質問してみましょう。その話題だけで、十分楽しい会話ができるはずです。 事前に人となりが分かる情報を入手するのが難しい場合でも、「相手に興味を持つ」という基本の姿勢があれば大丈夫。相手の表情や服装、持ち物などをよく観察し、「素敵なネクタイですね(=まずは褒める)」「そのブランドの手帳、私も愛用しています(=自分と相手の共通点を探す)」といった一言から、会話をはじめてみましょう。

出典 https://www.pakutaso.com


雑談力アップのコツ②「話し上手」より「聞き上手」に!


雑談力が高い人と言うと、「上手に話ができる人」のことだと思ってしまっていませんか? ですが、実はそうではありません。雑談において大切なのは、上手に話すことよりも、相手の話をよく聞くこと、そして、上手に「質問する」ことなんです。

質問のタイプには、「クローズド・クエスチョン」と「オープン・クエスチョン」の2種類があります。「クローズド・クエスチョン」とは、YesかNoかで答えられる限定的な質問のこと。「オープン・クエスチョン」は、「なぜ」「いつ」「どこで」「どうやって」などの5W1Hを用いた、相手から幅広い答えを引き出せる質問のことです。

会話をはじめるきっかけとしては「映画はお好きですか?」といった「クローズド・クエスチョン」がオススメ。答えやすい質問をして会話のテンポをつくってから「どんな映画が好きなんですか?」などの「オープン・クエスチョン」をして、内容を広げていきましょう。

出典 http://www.photo-ac.com


雑談力アップのコツ③ 沈黙を恐れるべからず!


雑談が苦手だと言う人には、「会話が途切れたときの沈黙を恐れている」という特徴があります。会話が途切れたときの空気を「気まずい」と感じ、しどろもどろになってしまったり、必要以上にしゃべり過ぎたりしてしまうのです。 こちらから質問をして、相手の返答が遅い場合でも、恐れる必要はありません。口数が少ない人には慎重なタイプが多く、どういう返答をすべきか、じっくり考えるために黙っているだけであって、あなたを無視しているわけではないのです。

こういうときには、矢継ぎ早に話しかけて相手の思考を邪魔したりせず、相手の発言のペースに合わせ、ゆったりとした会話を楽しみましょう。 また、あなたが何か質問されたときにも、「すぐに気の利いた返答をしなくては」などと焦る必要はありません。特に、ビジネスについてあなたの考え方を尋ねるような質問をされた場合には、すぐに返答するより、じっくり考えてから返答した方が信頼を得られやすいと言われています。

出典 http://www.ashinari.com

WRITER

フリーライター・エディター

キクチアスカ

会話とは、双方のキャッチボールでつくりあげていくもの。「自分が盛り上げなくては」と変に肩に力を入れたりせず、まずは相手に興味を持ち、それを態度や言葉で示しましょう。そうすれば、相手もあなたに興味を持ってくれて、自然と会話が続いていくはずですよ。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
ビジネスパーソン必見!「雑談力」を高める3つのコツ:r000015000021 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

会話が続かなくて困るアナタへ

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]