ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
台風18号で交通機関がマヒ!埼玉から東京まで通勤時間”往復3時間以上”を節約!:r000015000025 | PARAFT [パラフト]

出典:(編集部所蔵)

働き方の記事

台風18号で交通機関がマヒ!埼玉から東京まで通勤時間”往復3時間以上”を節約!:r000015000025 | PARAFT [パラフト]

2015.09.10

働き方の記事2015.09.10

出社しないで働いてみた

台風18号で交通機関がマヒ!埼玉から東京まで通勤時間”往復3時間以上”を節約!

keyword: 働き方 通勤時間 出社 リモートワーク フレキシブル

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!パラフト編集部の味志(あじし)です。 台風の影響により昨日から降り続く雨、雨、雨…。50年に1度とも言われる大雨の最中でも、会社に行かなければならないのが、社会人の務め。でもそれって、本当に必要なのでしょうか? 今回は、銀行勤めだったところから、PARAFTで編集者に転向した私が見た【台風 × リモートワーク】について、本日の現場の声を交えてお伝えします。

2015.09.10 文章 / 味志佳那子

栃木県と茨城県に『大雨特別警報』!


太平洋側から日本海側へと縦断し、東海や関東地方に甚大な被害をもたらしている今回の台風18号。本日10日(木)の11時現在、栃木県と茨城県に「大雨特別警報」が発令されるなど、事態の深刻さを増しています。この聞き慣れない『特別警報』という言葉は、「警報の発表基準をはるかに超える豪雨等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合 (出典1)」に発令されるものだそう。該当地域にお住まいの皆さんは、自治体の指示に従って、安全な場所に移動するようにしてくださいね。

運休・見合わせにより交通機関は大混乱


私の住む埼玉県南東部を走る東武スカイツリーラインは、10日朝早くから北越谷駅以北の運転見合わせを発表しました。振替輸送を利用するにも、2路線以上が通るのは同路線では北千住、新越谷、春日部の3駅。北越谷駅〜春日部駅までの交通手段を断たれたことを考えると、駅の大混乱を予想するのはそう難しいことではありませんので、私は少し早めに家を出て、始発駅である北越谷駅へと向かいます。しかし… 駅にたどり着けない! なめていました台風を。

すでに身動きのとれない車による渋滞でごった返す駅周辺。やっとの思いで駅に到着しても、ホームに向かうものすごい数の人、人、人……。この駅の改札を通るのに、これだけの時間を待って並び続けたのは初めてのことです。電車は遅延が重なり30分に1本程度の運行、電車を待つホームには人が入りきらず、階段に座り込む人の姿も見受けられました。



近くにいた、携帯を片手に電車を待つ20代OLの女性に話を聞くと、「これから都内にある会社まで出勤したいんですが、来る電車はどれも満員で乗ることができないんです」と話してくださいました。会社にも電話をしたが、"休んでいいよ" とは、やはり言ってもらえなかったそう……。

「出勤するにしても、"できるだけ早く行く努力をした" という姿勢を会社に見せないといけないから、無理にでも満員電車には乗らなくちゃいけない…これって意味あるんですかね。」と、困った表情で話し、緊急の場合に役立つ twitter で交通機関の乱れなどの情報を眺めながら、電車を待つ列に戻って行きました。


そうだ!電源のあるカフェで仕事したらいい!


電車に乗るのをあきらめ、改札横にあるカフェへと向かった私。 パラフト編集部で現在私が担当している業務は、主に原稿をチェックしたり構成をまとめ、文章を読みやすく修正したり、取材のアポイントメントを取ったり、まさに『リモートワーク』が可能なもの。 そのため、インターネットが繋がる環境さえあれば、どこでも仕事を進めることができるのです。



常に持ち歩いているのは、ノートPC、PC電源、筆記用具とメモ帳 (実は手を動かして書く方が好き)、そしてiPhone。今や、iPhoneがwifiルーターにもなる時代。無料のwifiを探して彷徨うことも少なくなりました。まずは他のメンバーと連絡を取り合い、出社が難しいことを伝えます。そうして、出勤時刻である10時ごろには、今日作業する予定だった編集作業に取り掛かることができました。

店員が語る、カフェの客足は「通常の"約3倍"」

カフェの様子を眺めていると、忙しそうな店員さんが目に入ってきました。それもそのはず、店内は混み合い、レジに並ぶ人の列もなかなか減りません。お会計のついでに話を伺うと、「いつもはこの時間だと半分も席は埋まっていないんですが、今日はすでに満席です。二人掛けの席では相席もお願いしているような状況ですね。」とのこと。「いつもの約2〜3倍くらいの客足でしょうか。でも、こんな台風の日には、みなさん満員電車に乗り込む長蛇の列で大変でしょうし、少しでもここで気持ちを休めてもらえれば。」とも話してくださいました。

パラフトでも実践中!『リモートワーク』の良し悪しとは?


出典 https://pixabay.com


『働き方をもっと自由に!』を掲げる弊社では、社員自らが各々の『新しいハタラキカタ』を実践しています。それは第一に、「それぞれがパフォーマンスを最大化できる環境で仕事をすることが、結果的に良いものを生み出すことにつながる」と考える会社だからです。オフィスに行くことで作業がはかどる人もいれば、そうでない人もいます。子どもを持つ人であれば、家で一緒に過ごしながら働くことがモチベーションの向上につながる場合もあるでしょう。実際にパラフト編集部には、10時〜15時で時短勤務する育児ママさんも在籍していますし、月曜の午後〜金曜の午前中までを会社に出て働き、週末は地元の茅ヶ崎へ戻るような「2拠点生活」をしている人もいます。

もちろんメリットばかりではありません。多様な働き方を実践するにあたって、"困難な点" も正直なところたくさんあります。コミュニケーションが取りづらい状況で、どうしたら最善の結果を出すことができるのか、緊急を要する場合の対応はどうするのか、業務の引き継ぎは? など、試行錯誤を繰り返しながら日々の業務改善を行っています。ですが、やはり今日のような突発的に起きる台風や電車の運休などの際には、"毎日決められた時間に決められた場所に行く"ことの必要性に疑問を投げかけたくなり、同時に、リモートワークのありがたみを改めて感じたりします。

『働き方をもっと自由に!』

満員電車にひたすら耐えながら頑張って出社したにも関わらず、なぜか消えない罪悪感。タイムカードを重視して「来い!」と呼ぶ会社よりも、成果にコミットした形で、時間をより有効活用させてくれる会社のほうが、気分も落ち着いてシンプルな行動ができるものだと改めて感じます。 今日のような大混乱の中でも、会社に"行かなければならない"。そんな風に何かを「強いられている」状況は、誰にとっても辛いものです。私は、パラフト編集部に入り、リモートワークやフレキシブルな時間調整ができるようになったことで、仕事に対するモチベーションはより向上したように思います。

出典 https://pixabay.com


皆さんにとって最善の『働く』が見つかる方法を、これからも私たちは探していきます。ご期待ください! 出典1 気象庁

WRITER

編集者・ライター

味志佳那子

このあともまだ雨は降り続くそうです。警報が出ている地域の方も、そうでない方も、外出の際にはくれぐれも注意してくださいね。ちなみに、私と同時に家をでた弟からは、普段1時間弱あれば会社に着くところ、「2時間経ってもまだ電車の中にいる」との連絡がありました。今夜帰って来たら、ビールでもごちそうしてあげようかなと思うお姉ちゃんなのでした。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
台風18号で交通機関がマヒ!埼玉から東京まで通勤時間”往復3時間以上”を節約!:r000015000025 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

出社しないで働いてみた

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]