ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

働き方の記事

【イベント後記】「地域仕掛け人市」で見つけた”新たな働き方”の選択肢:r000015000026 | PARAFT [パラフト]

2015.09.15

働き方の記事2015.09.15

地域×働き方で日本を変える

【イベント後記】「地域仕掛け人市」で見つけた”新たな働き方”の選択肢

keyword: 働き方 キャリア 在宅勤務 収入 リモートワーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!PATAFT編集部、味志(あじし)です。 9月12日、東京ビッグサイトにて開かれた【日本仕掛け人市】に、PARAFTがイベント初出展いたしました! 「今、地域がおもしろい!」を伝えるべく、全国各地から約50の団体と仕掛け人たちが集結した今回のイベントは、転職や移住を考える『仲間』に出会える大きなチャンス。PARAFTブースと主催ワークショップなど、大盛況に終わった当日の様子をお伝えします。

2015.09.15 文章 / 味志佳那子

初めまして! PARAFT初のイベント出展



当日は、PARAFTもブースを構え、“求人メディア"という少し違った切り口で、イベントを盛り上げるお手伝いをさせていただきました。何を隠そう、私たちPARAFTはイベント初参加! 弊社メディアの紹介はもちろん、「週三社員・在宅勤務」といった新しい働き方の認知度を上げ、一人でも多くの方に関心を持ってほしいという思いでのブース出展でした。同時に「キャリア相談」も受付けながら、多くの方とお話しする機会を得ることができました。

PARAFTワークショップ「未来の職業考えよう!」開催!



また、ブース出展と併せて、パネルディスカッションとワークショップも同時開催! パネルディスカッションでは、PARAFTを通じ実際に採用を行っていただいた株式会社Casterの本林早苗様と、株式会社ヒトカラメディアの高井淳一郎様をお呼びし、これからの働き方についてお話をうかがいました。



「これからはハード面よりもソフト面を重視した働き方が中心になっていくだろう」と話す高井さんは、自社においてもリモートワークの導入、そして長野と徳島でのサテライトオフィス開設を進めるなど、まさに"新しい働き方"に挑戦するパイオニア的存在。「これからの時代は、大企業という形が少なくなっていくだろうと予想しています。3~50名程度の規模の、元気な会社がたくさんあるような、そんなイメージです」とも話してくれました。

また、本林さんは、"Casterにはオフィスがないんです"と笑いながらも、生き方と働き方、双方の関係性の変化は免れないと言います。「場所に捉われない働き方、というのはすでに"全社員リモートワーク"という形でCasterが実践している通り。おかげさまで事業も好調ですし、特に女性にとって、ライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことは、これから当たり前のことになっていくと思っています。」



続いては、来場者も巻き込んだワークショップ! 「未来の職業考えよう!」をテーマに、15年後の2030年にどんな『ハタラキカタ』が生まれているか、グループに分かれて未来への想像を膨らませます。インフラが発達し、都市部と地方の往来がぐっと楽になり、街中ではロボットによるサービスが当たり前。宇宙旅行にも50万円程度で行ける…… そんな世の中になったら、皆さんはどんな生き方を選びますか? 初めは少し堅い様子だったワークショップ参加者の皆さんも、次第に打ち解け、積極的にディスカッションに取り組んでくださいました。Casterの本林さん、ヒトカラメディアの高井さんも参加者に交じり議論に花を咲かせます。



中でも印象的だったのが、Casterの本林さんのグループ。家庭用ロボットの使い道と人間の働き方について、こう話してくれました。「家庭用ロボットに家事などを代行してもらうのはもちろん、人工知能に自分の意思を反映させ、ロボットにコピーしてみてはどうか? そうすれば体はひとつでも2倍働くことができて、2倍の収入を得ることができる。」 他にも各グループから様々な意見が発表され、私自身も“なるほどなぁ"と、良い気づきを得られた時間となりました。



当日ご提案いただいた『未来の職業』は、PARAFTをご覧の皆さんにもご紹介する予定でおりますので、楽しみにお待ち下さい!

ますます加速する「地域×働く」のおもしろさ


とても印象的だったのは、来場者の方々が腕につけていた、3色のリストバンド。「移住に対するモチベーション」が、色ごとに一目で分かる仕組みになっているのです。1年以内に移住を考えている人もいれば、移住に関心を持ち始めたばかりの人も……中には、就職活動中の学生さんの姿もありました。ライフスタイルを変えることは容易ではありませんが、参加者のどんなに小さな一歩でも応援してくれる、「地域仕掛け人市」からのメッセージがよく表れた光景だったのではないでしょうか。

最後に、今回のイベントでは、『自分らしい働き方・人生』を模索する人が、近年確実に増えてきていることを実感しました。それは、来場者の方々だけではなく、私たちPARAFTスタッフも含め、仕掛け人として参加された方々も皆、自分に合う働き方を探している一人に過ぎないということ。都心部を離れた地域にも、驚くほどたくさんの魅力的な仕事や生き方があることを知り、またひとつ選択肢を広げられた良い機会となりました。

【お知らせ】 今回、イベントにご協力いただいた株式会社Caster、株式会社ヒトカラメディアでは現在採用を行っています。関心のある方はぜひ、ホームページを覗いてみてください!
▼ 株式会社Caster 全社員がリモートワーク! 女性の「WORK & LIFE」の両立が、さらなる充実につながる働き方へ → https://paraft.jp/report/46

WRITER

編集者・ライター

味志佳那子

当日、PARAFTブースやワークショップにお越しいただいた皆さま、誠にありがとうございました。今後はイベント出展やワークショップの開催も増やしていく予定です。その際には、PARAFTホームページにてお知らせいたしますので、今回お越しいただけなかった方もぜひ奮ってご参加ください。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
【イベント後記】「地域仕掛け人市」で見つけた”新たな働き方”の選択肢:r000015000026 | PARAFT [パラフト]

EVENTS

地域×働き方で日本を変える

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]