ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

働き方の記事

お父さんのワーク&ライフを高める「ふたつのやりがい」とは?:r000015000032 | PARAFT [パラフト]

2015.09.29

働き方の記事2015.09.29

平日会社員、休日コーチ!

お父さんのワーク&ライフを高める「ふたつのやりがい」とは?

keyword: 働き方 正社員 パラレル 休日 マネジメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の教え子が将来Jリーガーになったら?!そんな夢を心のどこかに抱きながら、小学生にサッカーを教えている「サラリーマンお父さんコーチ」が全国にはたくさんいます。平日は企業に勤め、休日は我が子が所属するスポーツチームでコーチとして活躍する、そんな「ふたつのやりがい」を持つ男性たちの生き方をご紹介します。

2015.09.29 文章 / 清水佳代

立派な組織!「スポーツ少年団」で鍛えるマネジメント力


全国各地に存在する「スポーツ少年団」、幼い頃に所属していたという方も多いのではないでしょうか? 野球やサッカー、バレーボール、アイスホッケーなどの様々なスポーツを通じて、健康で健全なスポーツ少年育成を目的に、コーチをはじめ役員、スタッフの父母を中心としたボランティアで構成されている団体のことです。

例えば、サッカーの「スポーツ少年団」。実は、各都道府県のサッカー連盟に加盟しており、2014年度の東京都加盟チーム数は799チーム、在籍選手数は39,530人にも上ります(東京都少年サッカー連盟調べ)。小学生の選手たちは、日本サッカー協会から「第4種」の選手証を与えられ、年間数十試合の公式戦を戦う"立派な選手たち"なのです。

たとえば、東京郊外で30年間活動を続けているTサッカー少年団には、小学校1年生から6年生まで総勢100人を超える選手たちが在籍しています。コーチや父母を含めると総勢300人以上の大所帯チームです。1年に1回、収支報告が行われる総会の風景は、さながら会社の株主総会の様相。チームの運営方針を決め、100人の選手たちを育成し、200人の保護者を取りまとめるチームの代表はまさに会社経営者。コーチや父母たちは経営陣、チームのメンバーは社員に相当しそうです。

出典 http://www.photo-ac.com


休日のお父さんコーチがJリーガーの生みの親!?


Tサッカー少年団では、学年単位で3、4人のボランティアで指導するお父さんコーチが所属しています。お父さん自身もサッカー経験者という方が多く、年齢は30代~50代と幅広く、職業も会社経営者や新聞記者、精密機器メーカー、小売業など大手企業の正社員、地方公務員、看護師、クリエイター、鳶職の方まで実に多彩です。

サッカー未経験のお父さんでも、子どもの入団をきっかけに、審判資格を取得して練習試合の審判をする方も。また、子どもたちの試合ごとの写真や動画を撮り続け、ホームページまで開設してしまった方もいます。平日仕事で多忙な父母たちが、何か自分にできることを探し、それぞれの役割を申し出る姿を見ていると、少年団とは地域における組織であり「休日の立派な仕事ではないか」とさえ思います。 東京だけで799あるサッカー少年団のコーチたちが、平日は会社員というだけでも驚きですが、このコーチたちの手ほどきによって、これまでにJリーガーや日本代表選手が誕生したこともあるというのですから、その仕事のスケールの大きさにワクワクしてきます。

(写真:ライター所蔵)

仕事に、やりがい。休日に、やりがい。


平日はIT企業の経営者という要職にありながら、週末にコーチをしている方がいます。コーチになった時、子どもたちと向き合うために自分に掲げたテーマは、「目先の勝利ではなく、高校、大学まで通用する選手を育てること」でした。

そのために、土日の練習メニュー資料をパワーポイントで作り、子どもたちに技術の基礎、連携などを徹底的に教えました。プロのコーチがいない少年団の中では画期的な指導法だったそうです。指導の結果、子どもたちは徐々に力をつけ、コーチ就任から2年後の6年生の地域ブロック大会では2連覇を成し遂げるほどに成長しました。

もともとは、自分の子どもが入団したために仕方なく引き受けた週末コーチでしたが、やってみると会社経営や日々の仕事と共通することが多いと感じたそうです。それは、

▼ 試合での勝利 = 企業の利益
▼ 長く通用する選手 = 長く勤めてくれる社員、人材
▼ チームプレー = 組織力
▼ チームコンセプト = 経営理念

大事な試合前には、仕事そっちのけで戦略を練ったとか。いつしか、少年サッカーのコーチという役割が、仕事と同様の生きがいになっていったと話してくれました。

コーチたちの中には、自分の子どもが卒業してもチームに残る方が多く、70代の現役コーチもいます。子どもに教える醍醐味にはまってしまったのでしょう。 趣味とはまた違う、仕事以外での「やりがい」「生きがい」を持つこと。その相乗効果が生むパワーは、想像以上に大きなものとなっているようです。男性として、また父親としても、充実した生き方のひとつと言えそうです。

(写真:ライター所蔵)

WRITER

コピーライター

清水佳代

ライターからのヒトコト

何を隠そう、私も少年サッカーを10年間追いかけたひとりです。雨の日も灼熱の日も、週末はグラウンドで応援に励んできました。少年団で役員をした時は、「これは、ダブルワークだ!」と思うほどの忙しさでしたが、本業の仕事以上に(?!)夢中になって取り組んでいました。 ( 文/清水佳代)

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
お父さんのワーク&ライフを高める「ふたつのやりがい」とは?:r000015000032 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

平日会社員、休日コーチ!

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]