ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

働き方の記事

移住者支援で418島から選べる「離島での働き方」:r000015000043 | PARAFT [パラフト]

2015.10.16

働き方の記事2015.10.16

ブラジルから問い合わせも!

移住者支援で418島から選べる「離島での働き方」

keyword: 働き方 日本 多様化 フリーランス 漁師

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在、日本の離島の中には、移住者を呼び込むための促進活動を行っているところがあることをご存知ですか? その土地ならではの産業や観光情報発信はもちろん、探してみると興味深い仕事がたくさんあるんです。そんなとき、頼りになるのは「移住者支援」! どんなものがあるか、見てみましょう。

2015.10.16 文章 / 八木彩香

418の島々から選べる!? 離島への移住を成功させるには


出典 http://www.photo-ac.com


皆さんご存知の通り、島国・日本は周りを海に囲まれています。本土とされる5島の周りには小さな島々がありますが、その数はなんと6,847島! (総務省統計局調べ「日本統計年鑑」) 

さらに、国土交通省の資料によると、有人島だけでも418島にも上るそうです。この数字を見ると、本土から出たことがない、ましてや生まれた都道府県から出たことがない人は、とても狭い世界で生きてきたような気がするのでは……? 実は今、そんな離島の中には移住者を呼び込むための促進活動を行っているところがあります。「年収が減って生活が苦しくなる」と、不安を抱く人も少なくないようですが、明確なイメージを持ってから引っ越せば、失敗するケースはあまり多くないようです。

離島への移住を成功させるには、まずは住みたい土地に何度か足を運ぶことが重要。以前は現地へ行かずに物件を探すのは困難でしたが、今はインターネットで簡単に探すことができます。事前にある程度の物件候補を決めたら、安価なホテルやウィークリーマンションに連泊しつつ、まとめて見学に行ってみましょう。加えて大切なのは、その土地には「仕事があるか」。生活するための「仕事」、こちらも合わせて探していく必要があります。

屋久島で「トビウオ漁師」! 観光情報発信も


出典 http://www.photo-ac.com


離島での仕事とは、主にどのようなものがあるのでしょうか? おそらく多くの人がイメージしている通り、基本的には農業や漁業などの第一次産業がメインになる島が多いです。しかし、ひとくくりに第一次産業と言っても働く内容は様々。屋久島ではトビウオ漁師、トカラ列島ではジューシーな南国フルーツの栽培など、その土地ならではの特色を感じる仕事になるはずです。

その他にも、島によっては意外と知られていない少しユニークなものもあります。例えば「島おこし協力隊員」。業務内容は、「住民とともに地域の課題を考えること」。そして地域力の維持・強化に向けて、地域と一体となった活動を行います。その土地の魅力や観光情報発信し、イベントの企画・運営・実行など、業務内容は多岐にわたります。都心部に住む人ならではの、トレンドを考慮したアドバイスやアイディアが活かせる仕事かもしれません。

ブラジルから問い合わせがきた移住者支援って?

出典 http://www.photo-ac.com


離島によっては、一定の条件を満たせば行政などから支援を受けることができます。最近の例を挙げると、鹿児島県の3つの島(竹島、硫黄島、黒島)から成る三島村では、「世帯の代表者が55歳以下」「同村に移住して農業・水産業等の自立または自営の目的をもって、村の活性化に寄与しようとする意欲があること」などの条件をクリアすれば、

・ 子牛1頭または50万円支給
・ 3DKの1戸建て住宅に家賃1万5000円~2万3000円で住むことができる
・ 引っ越し費用などを10万円まで支給

といった、これらの支援を受けられます。なんと、この手厚すぎる支援を聞きつけて、ブラジルやクロアチア、セルビアなどの国から問い合わせが殺到! 予想以上の反響で、島は受付けを一時中止する事態にまでなりました。

他にも、沖縄県の奄美大島をフリーランスの島にするという計画が進んでいる例もあります。2020年までに200名のフリーランスを島内で育成、そして50名以上の移住者を呼び込むことを目指すそうです。 離島への移住やワークスタイルは、さらに多様化すると予想されています。あなたの視野を少し広げるだけでも、選択肢が大幅に増える環境が整ってきているのかもしれません。

WRITER

ライター・エディター

八木彩香

離島での生活は以前よりも情報を集めやすくなったことから、全体的にハードルが下がってきていると思います。筆者の友人は東京から屋久島に移住し、今は屋久杉のツアーガイドの仕事をしています。久しぶりに会ったとき、とてもたくましくなっていて驚き! 「やりがいのある仕事は人を生き生きさせるんだなぁ」と実感した瞬間でした。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
移住者支援で418島から選べる「離島での働き方」:r000015000043 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

ブラジルから問い合わせも!

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]