ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

海外の記事

日本の外側から「はたらく」を考える〜前編〜:r000015000056 | PARAFT [パラフト]

2015.11.10

海外の記事2015.11.10

インドネシアの働き方

日本の外側から「はたらく」を考える〜前編〜

keyword: 海外 アジア 働き方 仕事 多様化

このエントリーをはてなブックマークに追加
さまざまな分野でグローバル化の著しい昨今。働き方の多様化を考える時、海外に目を向けると見えてくる「何か」もあります。今回は「日本の外側から“はたらく”を考えてみる」をテーマに、アジア注目マーケットの1つ、インドネシアのワークスタイルについて連載企画でご紹介します。

2015.11.10 文章 / 吉次茜

停電=業務終了!? とあるオフィスの1コマ


出典 http://www.flickr.com


いきなりですが、質問を一つ。 あなたは今、オフィスで仕事をしています。ようやくやる気にエンジンのかかってきた14時過ぎ、突然停電が発生! オフィスは真っ暗、PCなどのネットワーク機器も使用不可に。復旧までには1~2時間ほどかかるとのこと。急を要する仕事はないものの、とはいえやるべきことは目白押し……。こんな時、あなただったらどうしますか?

このハプニング、インフラの安定しないジャカルタでは実際に起こる現象の1つなんです。そんなときの日本人スタッフとインドネシア人スタッフの反応の違いが面白い、とさまざまな会社の人が話しているのを耳にしたことがあります。

いわく、日本人に「帰る」という選択肢はほぼないそうです。「復旧までPCを使わない仕事をする」「復旧後に残業する」、あってもせいぜい「仕事を持ち帰る」など。一方のインドネシア人は「いても仕方がないから帰ります!」という人が、8割がたを占めるのだとか。むしろ、仕事そっちのけで遊び始めるスタッフまでいるそうで(←実際に見たことがあります 笑)。さすがジャカルタ、南国らしい強気(?)なDNAを感じる1シーンです。

世界最大のムスリム国に見る「働く時間」の概念とは?

出典 https://pixabay.com


赤道直下、大小およそ13,500の島々からなる世界最多の島嶼国(とうしょこく)にして、約300の民族が共存する多民族国家・インドネシア。この首都ジャカルタで、縁あって私は生活しています。南国特有ののんびりとした環境と文化で暮らす中で特におもしろいと感じられるのは、このオフィスの様子にも見られるような「働くことに対するインドネシア人の考え方」です。

その中で、日本人との違いを感じるものとして真っ先に挙げられるのが『働く時間』に対する意識です。多くの日本人は目標の達成やスキルの研鑽、会社への貢献という意図で、残業なども含め自分の時間を仕事に割り当てる幅が大きいのですが、インドネシア人の多くは、業務時間外は完全なプライベートタイム。もちろん、業種・職種や個人の志向があるので一概には言えませんが、「残業してまで成果を求める」よりは家族や友人との付き合いなど、プライベートを重視する傾向があります。

この背景には、イスラム教を信仰する『ムスリム』が国民の88.1%(参考1 他キリスト教、ヒンドゥー教など)を占めること、また生活が常に宗教と共にある土地柄ということが、大きく関係していると言われています。

ムスリムの"時間軸"は、時に仕事を超える


出典 http://www.flickr.com


まず、日常的に業務に影響するのが、1日5回行う「礼拝(サラーテ)」。これも個人のレベル感は様々ですが、たとえミーティングや至急案件などの対応中であっても、“ビジネスマン"ではなく“ムスリムである自分"を優先するシーンは多く見られます。

たとえば、ITコンサルティング会社を経営しているA氏の会社に勤めていたインドネシア人・エンジニアのC君。1時間後に障害の修正を完了しないといけないという切迫した状況で、「お祈りの時間が取れないんだったら辞めます!」と、その場で辞表を叩きつけたとか……。これはさすがにあまり見かけないケースですが、「信仰」が仕事におけるさまざまな価値観を上回ることは、この国では珍しくありません。

これ以外にも、ムスリムにとって重要な義務の一つ「ラマダン(日中断食を行う)」を行う月になると、企業の多くは昼食や終業時間の取り方から業務のタイムスケジュール、プロジェクトの進め方など、仕事に関するほぼ全てのことを、この「ラマダン」の時間軸に合わせ、その中で効率化を図っていく施策を講じます。

宗教教示が基本的な人権として捉えられているインドネシア。この国でビジネスに関わる以上、ワークタイムの捉え方やスタイルをこの国の土台=宗教に合わせていくことは、必要不可欠なのです。

WRITER

ライター

吉次茜

ビジネスパーソンとして、何よりも仕事を優先してしがちな日本のような場所がある一方で、インドネシアのように、「ワークタイムでも仕事より優先すべきものがある」という価値観の国では、働き方や仕事に求めるものに、自ずと違いが生まれます。 【後編】では、このようなインドネシア人の仕事に対するマインドや姿勢を掘り下げる中で、“働くこと“に対する考え方の多様性について考察していきます。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
日本の外側から「はたらく」を考える〜前編〜:r000015000056 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

インドネシアの働き方

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]