ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

キャリアアップの記事

「ランチ」に見るオフィスワーカーの仕事ぶりとは?:r000015000069 | PARAFT [パラフト]

2015.11.27

キャリアアップの記事2015.11.27

腹が減っては仕事はできぬ!

「ランチ」に見るオフィスワーカーの仕事ぶりとは?

keyword: キャリアアップ 仕事 ワーキングマザー コミュニケーション 社員

このエントリーをはてなブックマークに追加
さて皆さん、今日のランチは何を食べましたか? 取引先の方と会食? 多忙だからデスクランチ、それとも社員食堂で仲間とワイワイと? 愛妻弁当の方もいらっしゃれば、家族のお弁当づくりが日課のワーキングマザーもいらっしゃるでしょう。当たり前のことですが、私たちの身体は日々の食べもので作られています。実は仕事のパフォーマンスに大きく影響する「ランチ」、あなたは気を配って食べていますか?

2015.11.27 文章 / 清水佳代

ランチを見れば、仕事ぶりも見える!


出典 https://pixabay.com


深夜帯にNHKで放送される「サラメシ(毎週月曜日夜NHK10時55分)」という番組をご存知ですか? 全国津々浦々で働くサラリーマンのランチをクローズアップしている番組です。放映5年目で300社以上の会社を訪問sしたこの人気番組の面白さは、「ランチ」という切り口から見えるサラリーマンたちの働きぶりが垣間見えるところでしょう。

とあるスペシャル企画ではあるホテルで働く人々の「サラメシ」を特集し、細かい気配りが必要とされる客室担当係の方、総支配人、レストランのシェフが出演されていました。その中でも印象的な言葉を紹介しましょう。

毎日やってくる”3時”のチェックイン時間までに業務を終えなければならない客室担当係の方は「社員食堂のランチは、メンタルケア」と仰い、ホテルのレストランでランチをとるという総支配人は「自分でお金を払って食べることで、お客様の気持ちが解ります」と、ランチの時間にもお客様目線を忘れません。また、レストランのシェフは「スタッフみんなでお昼を食べながらゆっくりすると、お客様にもやさしく接することができます」と、ランチの過ごし方が仕事に与える影響について言及していました。

また別の特集では、スーパーなどに食材を卸している食品メーカーの営業マンのこんな「サラメシ」も。新人時代、自分が卸した鶏肉を使った「鶏のから揚げ弁当250円」をほぼ毎日、営業後の車の中で食べていたと言います。その数なんと、約800食!自分の仕事の完成したカタチを知りたいという思いが表れた数値ですよね。

人と人をつなぐ、様々なランチのカタチ。


出典 http://www.flickr.com


長い会社員生活を送った筆者にも、思い出の「ランチ」がたくさんあります。 オリエンテーションが長引いたあとの夕方、誰もいない社員食堂で食べたランチ。アクシデント続きの中、同僚たちと愚痴りながら食べたランチ。そして、「今日は忙しくなるぞ」という日にも、あえて時間を取って仕事に備えたパワーランチ。「ランチ」という時間を通して落ち込んだ気持ちを吐きだしたり、リフレッシュしたりして日々の仕事を乗り切ったのだと思います。

中でも印象に残るランチは、仕事で著名人への撮影・取材の特集を担当していたころ、スタッフ全員で食べた「ロケ弁」です。大抵は取材後にほっとした雰囲気で食べるのですが、ある高名な映画監督さんと女優さんご夫妻のときは、お昼を食べてからの撮影・取材でした。

スタジオに現れただけでピーンと現場が張り詰めるほどの、お二人の放つ”オーラ”。そんな方々と一緒に食事をするというのは、恐ろしく緊張するものです。これから行う取材のことで頭がいっぱいで、お弁当は喉を通らず、何をお話したのかもよく覚えていません。でも、スタッフ全員でお弁当を食べて会話のウォーミングアップをしたことで、その後の取材も撮影も無事成功! 全員大緊張の時間を過ごしましたが、食事というのは初対面の人と人をつなげる効果もあることを、この仕事を通じて学びました。

「ランチ」の記録が会社員人生を変えた!?


出典 https://images.unsplash.com


前出の「サラメシ」に出演したことがきっかけで、サラリーマン作家になってしまった方もいます。

なんと、ランチの記録を22年間(放映当時)大学ノートに書きためたという篠田直樹さん。きっかけは単身赴任時代、健康管理のために記録を付けたことだったそうです。写真は撮らず、目と舌で記憶した食事を水彩ペンと文章で綴っています。この放映を見た編集者が本を企画し、2013年「シノダ課長のご飯絵日記(ポプラ社)」として出版されました。さらに、現在では、地元の新聞に連載も持ち、ランチブログもはじめられたとか。筆者も偶然見ていましたが、水彩ペンで描くご飯の美味しそうなこと!「ランチ」から始まった、人生の転換。たかが「ランチ」されど「ランチ」ですね。

あなたにとってランチとは?という質問に、皆さんならどのように答えますか? 仕事に追われて昼飯どころじゃない、食べる時間すらないよという人から、一日の至福のひととき、仕事に行く楽しみと答える人まで様々ではないでしょうか。ランチは、忙しい仕事の合間のパワーの素であり、コミュニケーションであり、健康管理ではないかと思います。そして、いい仕事をしている人はみなさんきちんと良く食べる! というのが筆者の持論です。それでは、来週からも美味しく「ランチ」を食べて仕事を乗り切りましょう!

WRITER

コピーライター

清水佳代

この記事を書きながら良く通ったお店や社員食堂での会話などが思い出されました。私が仕事を始めた20代のころに「忙しい時ほどきちんと食べろ」と言われたことがあり、その思いは今も変わりません。お腹が空きすぎると集中力がなくなり、いいアイデアが生まれないものですから。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
「ランチ」に見るオフィスワーカーの仕事ぶりとは?:r000015000069 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

腹が減っては仕事はできぬ!

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]