clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

12.05

sat
RULES
KEY
WORD

出典

労働時間の記事

2015.12.05

労働時間の記事2015.12.05

生産性に改革を!

働き方ニュースで振り返る2015年【2月編】日本の労働時間の見直し

keyword: 労働時間 働き方改革 長時間労働 バランス 労働基準法

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.05文章 / PARAFT編集部

長時間の割に成果の出ない、日本の働き方


出典 Brazil nut processing / cifor


今年2月日本経済新聞に掲載された記事によれば、厚生労働省の審議会が発表した働き方改革は「労働生産性の向上」を目指すものであるといいます。日本人は「長く働く割に成果を出していない」ということですね。厚労省はその原因となっているのが、ずばり「長時間労働」だとしたわけです。

現代の日本で基準となっている”8時間労働”。これは終戦後の1947年、製造業を中心とした当時の社会情勢を考慮して施行された労働基準法に端を発し、その後、時の移り変わりとともに日本の主産業であった製造業は、サービス業などにその地位を取って代わられたわけです。ひたすらモノを生産することが求められていた時代が終わり、仕事のやり方が変化していくことは、ごく自然のことのように思われます。

「業務の”見える化”」を目指すポータルサイト?


出典 Newtons 1st law of motion / tisvet


「働き方・休み方改善ポータルサイト」 というサイトをご存知でしょうか? 厚労省で行われている働き方改革は、「長時間労働削減推進本部」と呼ばれる厚労省下に設けられたチームで進められていますが、労働生産性の向上を目指し開設されたのが前出のサイトなのです。

ここでは、現在の自分・企業の働き方において、労働時間と休む時間のバランスがうまく保たれているかどうかを見直すことができます。また業務の中で見直すべきポイントや、考え方を変える必要があるポイントについては診断書が発行されるということですので、ぜひ皆さんも1度やってみては? 編集部でも一度トライしてみたいと思います。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“RULES”

生産性に改革を!

RELATED POST