ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

働き方の記事

「求める人物像」に消耗しない働き方:r000015000083 | PARAFT [パラフト]

2015.12.04

働き方の記事2015.12.04

それって正解

「求める人物像」に消耗しない働き方

keyword: 働き方 多様化 雇用 転職 コミュニケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
働き方の多様化が迫られる現代、今の企業は一体何を求めているのだろう? と気になり思いついたのは、各企業が掲げる「求める人物像」の比較をすること。各企業が趣向を凝らして編み出した「求める人材像」は言葉であったり図であったり、はたまた写真であったりして、まさに十社十様といったところ。しかし一方で、私は意外なあることに気づいてしまいました。それは「求める人物像語り(がたり)」時代の終わりでした。

2015.12.04 文章 / 味志佳那子

「企業力ランキング」から見えてきたもの


出典 Lines / frosch50


「弊社の求める人材像はですね……」、数年前に就活をしていたころに幾度となく聞いたこの台詞。ふむふむ、この企業はグローバルで自主性を持ち、コミュニケーション能力を持った人材を求めていると。分からないなりにもノートに書き溜め、ES作成や面接準備に取り組んでいたことを昨日のように思い出します。

さて今回、日本を牽引する勢いのある企業の「求める人材像」を比較するため、今年3月に東洋経済オンラインで掲載された「新・企業力ランキング」を参考に、上位5社をピックアップすることにしました。各社が運営するWebサイトに設けられた採用情報や会社概要から比較をしてみます。

「求める人物像」に合わせてしまってませんか?


画像出典 Diversity Mask / spivaartworkers


まず5社すべてのWebサイトにアクセスしてみると、そのうち2社は「求める人物像」という名称のコンテンツがあり、1社は「求める人材像」という名称ではないものの読みこめば記述があり、残りの2社は「求める人物像」という記述は見当たりませんでした。

さて、「求める人物像」として紹介されていたのは以下のようなもの。

▼ 多様性のなかで自らの「個性」を発揮し、周りの人の「個性」を活かす人材(ダイキン)
▼「捉える力」「考える力」「乗り越える力」を発揮できる人(富士重工業)
▼ 人材像のキーワードは、「チャレンジ」「創造性」「個性・長所」そして、「あきらめない」(大塚製薬)

これらの言葉を見て、まさか「自分との答え合わせ」なんてしていないですよね? 一社で勤め上げることが当たり前だった数十年前までは、即戦力としてのレベルはゼロに近い新卒採用者たちを、入社後30~40年をかけて“会社員”としても“人”としても育てていく責任を担っていました。しかし、もはや終身雇用神話が崩れ去った今となっては、ある特定の企業の「求める人物像」に寄せていくことの意味さえ疑わしくなってくるのです。

企業の決める「枠」に合わせたら、その「枠」は超えられない


出典 Hire Me: Teen Secrets for Getting the Job / cpls


企業の採用担当者が採用活動を始めるにあたり、まず「求める人物像」の設定はマストだとされています。果たして本当にそうでしょうか? 新卒一括採用に絞って言えば、大企業ともなれば何千、何万人から採用する人材を絞り込まなければならないためにやむを得ない部分もあるかと思います。

しかし、今の日本では求職者にとって「求める人物像」は「答案」とイコールです。企業が提示した人物像に自分を可能な限り寄せていき、それをアピールする。でもそれって本当に「アナタ自身」ですか? 求職者も企業もハッピーになれない負のスパイラルに陥っている気がしてなりません。

また、ひょんなことからいいアイディアが生まれるように、課題や問題を解決するのは意外な人物だったりするものです。「求める人物像」は必ずしも正解ではありません。企業の人格をコピーすることをゴールとせず、「あなたならどうしたいか?」という視点を持ち、企業が見つめる未来を共に創造できる人こそが、真の求められる人材なのではと思うのです。
ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
「求める人物像」に消耗しない働き方:r000015000083 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

それって正解

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]