ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ベンチャー企業の記事

働き方ニュースで振り返る2015年【6月編】成長戦略「未来への投資」とは:r000015000087 | PARAFT [パラフト]

2015.12.11

ベンチャー企業の記事2015.12.11

ベンチャーの追い風となるか?

働き方ニュースで振り返る2015年【6月編】成長戦略「未来への投資」とは

keyword: ベンチャー企業 スタートアップ 起業 雇用 日本

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年6月末、閣議決定された政府の成長戦略が発表されました。その名も「『日本再興戦略』改訂2015-未来への投資・生産性革命-」(※1)。この中で未来へ向けて成長を持続させるため、ベンチャー企業への支援策が打ち出されています。有望なIT(情報技術)技能を持つ個人への起業支援金を引き上げるなど、これから自分で事業を始めたい!と考えている人には追い風となりそうです。

2015.12.11 文章 / PARAFT編集部

「ベンチャー創造の好循環」を生めるか


出典Millennials Jam Workshop: Youth and ICTs beyond 2015 / itupictures


日本経済新聞によれば、ベンチャー企業支援として打ち出されたのは大きく分けて3つ。

① 起業支援金を現在の300万円程度から最大2000万円へ引上げ
② ストックオプション(株式購入権)での資金返済を許可
③ 小口資金を集める「クラウドファンディング」を普及させるための環境整備

これらによって優秀な学生や会社員などの起業を促し、経済の活性化につなげることが目的の今回の成長戦略。また政府が特に意識しているのは米国・シリコンバレー。「新技術と新たなビジネスモデルを融合したベンチャー企業が次々と生み出され、それがまた優れた人材と技術と資金を呼び込み、ついには新たな成長企業群を作り出す『ベンチャー創造の好循環』が確立(※2)」されたシリコンバレーの例を参考に、日本でもイノベーションを巻き起こす企業と投資家の関係を創出していく狙いです。

現在の日本におけるベンチャー企業への投資件数は、米国の10分の1以下。優れた技術を持っていても、資金不足のため成長が止まってしまうケースがままあるといいます。

ベンチャーが育てば国が育つ?


画像出典 https://pixabay.com


ベンチャー企業が増え、成長していくメリットとは何でしょう? 東洋経済オンラインで公開された記事ではベンチャー企業はその成長とともに「雇用とイノベーション」を創出するとしています(※3)。 国の東西を問わず、私たちの生活にイノベーションや発見をもたらしてきたのはベンチャー企業であり、今は大企業として誰もが知る企業もベンチャーからスタートしてきた歴史があります。そしてシリコンバレーのような経済拠点が世界各地に生まれ始めている昨今、やっと日本も環境整備に乗り出したというわけです。

そしてもう1点、重要な視点があるとすればそれは「教育」ではないでしょうか。政府は未来志向の成長戦略の中に大学教育の改革も含め「①大学間競争の活性化 ②グローバルに競う大学の重点強化」を掲げています。マンモス化した大学よりも、改革に順応しやすい規模の大学からイノベーション創出のための人材育成に手をつけていけば、今の学歴社会の形も変わってくるかもしれませんね。

【参考・出典】
※1 日本経済再生本部「『日本再興戦略』改訂2015-未来への投資・生産性革命-」
※3 東洋経済オンライン(2014年7月1日付)「なぜ国がスタートアップを支援するのか」
ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
働き方ニュースで振り返る2015年【6月編】成長戦略「未来への投資」とは:r000015000087 | PARAFT [パラフト]

TIME

ベンチャーの追い風となるか?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]