ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

正社員の記事

正社員もフリーランスも「働いている人がすべきこと」って?:r000015000101 | PARAFT [パラフト]

2015.12.14

正社員の記事2015.12.14

今さら聞けないマイナンバー制度!

正社員もフリーランスも「働いている人がすべきこと」って?

keyword: 正社員 フリーランス 仕事 雇用 形態

このエントリーをはてなブックマークに追加
連日話題の「マイナンバー制度」。そろそろ通知カードの配達も終わりにさしかかり、それぞれのマイナンバーを確認した人も増えてきたのでは? さて今回ご紹介するのは、マイナンバーと「仕事」の関係。実際に働いている人にはどのような関係があるのでしょうか? 雇用形態によっても対応すべきことが変わってくるようなので、自分のワークスタイルに合わせてしっかりと把握しておきましょう。

2015.12.14 文章 / 八木彩香

今さら聞けない!マイナンバーで世の中はどう変わる?


出典 https://www.pakutaso.com


住民票を有する全ての国民に1人1つの番号が割り当てられる新しい制度「マイナンバー制度」。やっと手元に通知カードが届いたよ!なんて方も多いのでは? このマイナンバー制度導入によって期待される効果は3つ。改めて確認しておきましょう。

まず1つ目、所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなること。不正受給を防止し、本当に困っている人へ細やかな支援がされる公平・公正な社会の実現へ寄与するわけです。

2つ目は行政手続きがシンプルになること。12桁の個人番号に各自の情報を紐付けることで、行政機関が持っている情報を本人が確認しやすくなります。その結果、添付書類が削減され個人の負担が減ることになるのです。

そして最後は、行政機関や地方公共団体の業務効率がアップすること。個人の情報を1つの番号に集約することでこれまでの作業のムダが見直され、生産性が大幅に上がることが期待されています。 それでは実際に働く私たちには、どのような関係があるのでしょうか? 雇用形態によっても対応すべきことが変わってくるようなので、自分のワークスタイルに合わせてしっかりと把握しておきましょう。

フルタイムで働く人は、再配達期間の期限に注意!


マイナンバー制度は2016年1月から利用が開始されます。正社員はもちろん、派遣社員、アルバイトなども含めて雇用関係にある全ての人は、企業へ個人番号を提示しなければなりません。

まずは、2015年10月5日から配布されているマイナンバー通知カードを受け取りましょう。 通知カードは簡易書留で届くため受取りにはサインや印鑑が必要。不在の場合は再配達の手続きをおこなってください。

出典 C'è posta per te - A letter for you / raselased


さてここで注意したいのは、再配達期間の期限。

不在通知が投函されてから7日間が過ぎると、マイナンバー通知カードは郵便局から市区町村の役所へ返送されてしまいます。役所に行って手続きをおこなえば受け取ることができますが、原則「窓口受取」のため基本的には平日の営業時間内のみ。フルタイムで働く人にとっては、かなりの手間になりそうです。

役所での保管期限(3ヶ月)を過ぎてしまった! アナタヘ

出典 OMG / danorth1


こうなってしまうとさあ大変。通知カードの再発行にあたっては手数料500円がかかるということですから、これはなんとしても初回の通知カードをきちんと受け取っておきたいものです(※参考1)。会社から「マイナンバー教えて」と言われたのに分からない……なんてことにならないよう、早めに対処しましょう。

雇用関係を結んでいないフリーランスはどうすればいいの?


出典 https://pixabay.com


フリーランスは特定の企業と雇用関係を結んでいないため受け取る必要がないのかと思いきや、そんなことはありません。マイナンバー通知カードの取得は住民票に登録されている人であれば、全員必須です。なぜなら企業が発行する支払調書には、個人番号を記載しなくてはならないからです。つまり、雇用関係がなくても取引先には番号を開示する必要があります。

個人番号の記載が義務付けられるのは平成29年(再来年)の確定申告に使う支払調書からですが、取引先によっては管理の都合上、早い段階での開示を求めてくる場合もあるので依頼があったらすぐに出せるようにしておくのがベター。

また、従業員を雇っているフリーランス(個人事業主)は、従業員の個人番号を管理しなくてはなりません。雇っている人だけではなく、その扶養親族の個人番号も把握する必要があるので、制度を正しく理解しておきましょう。いざ必要になったときにバタバタしないように、早めの準備を!

【参考】
▼1 荒川区ホームページより
※荒川区では再発行手数料についての記述がありましたが、他地域での対応については各自治体にお問い合わせください。

WRITER

ライター・エディター

八木彩香

連日耳にするマイナンバー制度。なんとなくわかっているつもりになっていても、意外と知らないことがたくさんあるものですよね。今の時点で自分の個人番号がわからない人は、とりあえずお問い合わせしてみることをおすすめします!

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
正社員もフリーランスも「働いている人がすべきこと」って?:r000015000101 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

今さら聞けないマイナンバー制度!

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]