ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

転職の記事

転職を断念させる「嫁ブロック」とは?:r000016000022 | PARAFT [パラフト]

2016.02.01

転職の記事2016.02.01

敵は身近なところに

転職を断念させる「嫁ブロック」とは?

keyword: 転職 お金 キャリア 家計 収入

このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚し家庭を持つと、キャリアチェンジへのフットワークは重くなりがち。それに加え、業界騒然の「嫁ブロック」に直面したら……あなたはどうしますか? 今回は「嫁ブロック」への基本的な対処法もあわせてご紹介します。

2016.02.01 文章 / 八木彩香

転職を断念させる「嫁ブロック」とは?



出典 http://www.photo-ac.com


数年前に比べ増加傾向にある転職希望者数。おそらく自身のキャリアについて考える機会も、これからもっと増えていくでしょう。そんな中、「嫁ブロック」というキーワードの認知度が高まっているようです。

「嫁ブロック」とは、もともと企業の採用担当者が使っていた業界用語。これは転職する本人(夫)が内定に前向きな返事をしたとしても、「妻が反対している」という理由で数日後に「やっぱり、内定を辞退させてください」と転職を断念することを指します。

20歳代と30歳代の既婚ビジネスマン約1800人を対象に、転職クチコミサイトが行った調査によると、妻の意見によって転職をやめた人は3割以上という結果に! 妻が反対する理由としては、「肩書きやステータスが気になる」「年収が下がる」「ベンチャー企業は心配」「勤務地が変わるのが嫌」などが挙げられています。

このように、独身のときは自分の判断で自身のキャリアについて考え行動にまで移すことができますが、結婚するとそうはいきません。特に子どもがいる場合は、キャリアチェンジへのフットワークが重くなりがち……。もし「嫁ブロック」に直面したら、あなたはどうしますか?

嫁はなぜ反対するか?「真の背景」を見極める



出典 https://pixabay.com


「嫁ブロック」の基本的な対処法として、まずは「しっかりと話し合い」ましょう。妻に反対されたとしても勢いに負けず、離婚を突きつけるくらいの覚悟を持ちましょう。「肩書きやステータスが気になる」など、表面的な理由以上に掘り下げて聞いてみることで、転職に反対する『真の背景』を見極めることが大切なのです。今まで何となく過ごしていた二人の結婚生活を見直すきっかけにもなります。

例えば、収入が減ることを理由に転職に反対している場合は、家計が男性の収入に依存している現状を浮き彫りにします。お互いの収入に依存しない関係が夫婦円満の法則とも言われているので、改めて家族と将来のお金に関することについて、話し合ってみてもいいかもしれません。

また、世間体を理由に反対する場合は、お互いにとってどんなパートナーであることが望ましいかを考え直す、いい機会です。夫が多少のリスクを承知の上で、新しい環境で挑戦したいと思っているのにもかかわらず、やみくもにチャレンジを阻害することは、夫婦として望ましい関係なのでしょうか? これからの家族のあり方も含め、話し合ってみるべきでしょう。

パートナーにとって最善のキャリアを”共に”考える



出典 https://pixabay.com


「嫁ブロック」という名称ではありますが、もちろん妻が夫に転職を阻害される逆のケースもあります。近年は共働きの夫婦も増え、家計に女性の収入が大きく影響することも珍しくありません。現在の勤務先にネームバリューがあればあるほど、転職に反対されるケースがやはり多いようです。

しかし転職を希望する側も、パートナーの声に耳を傾けることが大切であることを覚えておきましょう。チャレンジすることばかり考えていると、周りが見えなくなってしまうこともあります。今まで連れ添ってきた相手だからこそ、冷静に客観的な意見をくれることもあるはずだからです。

転職を切り出す側も切り出される側も、話し合いをする上で大切なのは「相手のためを思ったアドバイスなのかという本質を見極める」こと。独身のときは自身のキャリアだけを考えればよいものですが、家庭を持ってからはパートナーにとっての理想のキャリアについて、共に考えてみることが重要でしょう。

WRITER

ライター・エディター

八木彩香

転職希望者数がどんどん増える中で、より一層キャリアについて考えることが求められそうです。もし誰かがキャリアに悩んでいるとき、広い視野を持ってアドバイスしたいものですよね。相手の考えに反対するだけではなく、選択肢を増やしてあげられるように、普段から情報収集を心がけましょう!

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
転職を断念させる「嫁ブロック」とは?:r000016000022 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

敵は身近なところに

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]