ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

海外の記事

高い失業率と危機感がもたらしたスペインの新しい働き方?:r000016000053 | PARAFT [パラフト]

2016.03.16

海外の記事2016.03.16

スペインの自発的自営業者って?

高い失業率と危機感がもたらしたスペインの新しい働き方?

keyword: 海外 個人事業 失業率 独立 働き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
失業率が高く、経済も安定しないスペインで、フリーランスとして活動する人達が増えています。停滞する経済状況の中で、スペイン人が自力で稼ぐことを選んだ強い意思とは?その理由とはなんだったのでしょうか。

2016.03.16 文章 / 浦川俊平

スペイン国内の失業率が生んだ新しい働き方「必然的自営業者」とは?


出典 http://www.flickr.com/


2015年時点でのスペイン国内の失業率は20%超( 世界経済のネタ帳「失業率の推移」)。経済状況の悪化が要因で、その中でも25歳未満の若者の失業率は50%以上と驚くべき数字が発表されています。そんな困難な状況の中で彼らが選んだ働き方は「自らの力で仕事を作る」という選択肢でした。その中でフリーランスや自営業者として働く人が増えてきているのです。

スペイン第2位の発行部数を誇る『エル・ムンド紙』に掲載された記事「 Una España de 'freelances': las tendencias globales nos enseñan nuestro futuro laboral」によると、スペイン国内に現在約300万人いる自営業者は主に2つのタイプに分けられます。1つ目はスキルをもとに自らの意向で始めた人、さらに興味深いのは2つ目の「必然的自営業者」と呼ばれるタイプ。失業という絶望的な状況の中で自分自身で事業を起こさざるをえなかったケースが増えてきているそうなのです。

事実、スペイン国内でコワーキングスペースの数が増加中!


出典 http://www.flickr.com/


ここ数年で日本でもよく見かけるようになった、Co-working space(コワーキングスペース)をご存知でしょうか。コワーキングスペースとは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースを共有しながら、それぞれ独立した仕事を行う人達が「共同で働く(コワークス)」ための場所のことです。起業家やフリーランサーがよく利用しています。

実は自営業者とフリーランサーが増えているスペインでも、コワーキングスペース数が増加傾向にあります。2013年のグローバルコワーキングの国勢調査によるとスペインのコワーキングスペース数はアメリカとドイツに次ぐ世界第3位、国内に199件の施設がありました。

3年前にはすでに世界第3位だったスペイン、なんと現在はさらにその数を増やし、マドリードやバルセロナを中心に400件以上まで増加しているそうです。(スペイン第1位の日刊紙『エル・パイス紙』掲載「Un año más de filosofía coworkingより)ちなみに日本は2014年時点で約300件ですから、スペインでのコワーキングスペース人気がうかがえます。

スペインのコワーキングスペース利用料金は月々約50~250ユーロ(日本円で約6,000~30,000円)、料金を支払えばインターネット接続はもちろんコーヒー飲み放題、さらには会議室まで使うことが出来るようです。また同じような仕事をする人達に囲まれていると、自宅で作業する時よりも生産性が向上し、気晴らしや退屈削減に繋がりますよね。

自らの力で稼ぐこと選び始めたスペインの人達


出典 http://www.flickr.com/


スペインの若者は政治経済に非常に関心を持っています。いつまで経っても解決されない雇用問題にスペイン人の若者はこう言います。

「スペイン国内に仕事がないため、私たちは国外に出て仕事をするか自国で自分達の力で仕事を作るしかない」と。実際に、優秀なスペイン人の若者は国内や国外で自由な働き方を実践しています。企業に属さない考え方がスペイン人の働き方を変えつつあるのです。

厳しい経済状況と新しい働き方の誕生により、企業側にも次第に動きが出始めています。大企業や中小企業は外部へ発注する業務委託の仕事を増やし、スペイン国内に増える自営業者やフリーランサーの受け入れを計画しているようです。(参考:「Infojobs Freelance2014」)

WRITER

ブロガー・フリーライター

浦川俊平

日本も同じように「自らの力で稼ぐこと」を選ぶ人達が若い世代を中心に広がっています。しかしまだこのような働き方が受け入れられない側面は現実的にあると思います。危機的状況の中から自分の働き方を見つめ直したスペイン人のように、私達日本人も働き方を見つめ直してみるのも良いのではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
高い失業率と危機感がもたらしたスペインの新しい働き方?:r000016000053 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

スペインの自発的自営業者って?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]