ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

履歴書の記事

中途採用の明暗を分ける「志望動機」の書き方:r000016000114 | PARAFT [パラフト]

2016.04.06

履歴書の記事2016.04.06

中途採用どう伝える?

中途採用の明暗を分ける「志望動機」の書き方

keyword: 履歴書 志望動機 面接 会社 求人

このエントリーをはてなブックマークに追加
採用担当者が応募者のことを最初に知る、履歴書。その内容でもとりわけ採用担当者が重視し、書き方ひとつで印象が決まってしまうのが「志望動機」です。中でも中途採用者の求人となれば、これまでの社会経験も加味した、地に足の着いた志望動機が必要です。今回は志望動機を書くならやっておきたいこと、そして最終的に「どうやって」伝えたらいいのかをご紹介します。

2016.04.06 文章 / PARAFT編集部

採用担当者は志望動機と職務経歴を同等に重視する

中途採用を行う際、採用担当者が応募書類の中で重視する項目はどれでしょうか?

職務経歴はもちろんのことですが、それと同等に重視するのが「志望動機」。採用担当者は「多くの会社の中からなぜ当社を選んだのか?」「この応募者は当社の採用ニーズにマッチした人材なのか?」という問いを軸に、まずは応募書類を通して見極めようとします。すなわち、履歴書の志望動機欄にはそれらの疑問に対する応募者なりの答えが要求されます。

逆に言えば、この部分があいまいだと熱意を疑われることさえあるということ。あなたが多くの求人の中からその会社を選んだのはなぜですか? 志望動機を書く前に今一度突き詰めて考えてみる必要があります。

まずは応募企業をよく研究すること

応募企業が憧れの会社だったにせよ、ハローワーク等で紹介された会社だったにせよ、まずはその業界や企業について知ることが大切です。会社について調べれば調べるほど志望動機は書きやすくなります。

最初に求人情報を熟読してみてください。求人情報は会社の理念や求める人材像などの大切な情報が書かれています。そして、あなたと会社の方向性は合っているのか? その業界や会社の事業内容について正しく理解できているか? というポイントで自問してみてください。

また可能であれば、ライバル企業の事業内容も調べてみましょう。ライバル企業と応募企業との違いに気づくことができれば、それは応募企業の「強み」を見つけたということ。その強みを志望動機に盛り込むことができれば、応募の説得力が上がります。そして実際に書き始めるときには「明日ここで働く自分」をイメージして書いてみましょう。

未経験分野へのチャレンジなら「プラスアルファ」のポイントを

前職と異なる業界・業種での応募であっても、上記のポイントは同じく言うことができます。そう、背伸びする必要はありません。異なる業界や業種であればこそ、挑戦してみたいという熱意を素直に伝えることができればいいのです。

また、前職で得意だったことを異業種で活かせる場合もあります。自分の得意なことを見つけ、自己アピールを兼ねて履歴書に書くとよいでしょう。そして足りないところはゼロから素直に学ぶ意志を伝えてください。そこをきちんと書くことができれば、採用担当者にもその熱意は伝わります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

志望動機の文章例などはインターネットでもよく見かけますが、あくまで参考程度にしておきましょう。履歴書でいくらテクニックを駆使しても、採用担当者に「熱意のある・なし」はすぐに伝わってしまいます。また応募企業について調べる過程で自分の想像と違うことがわかれば応募をやめることもできます。応募する仕事への熱意を確認し、働く自分をイメージしてください。その後の面接にもきっと生きてきますよ。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
中途採用の明暗を分ける「志望動機」の書き方:r000016000114 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

中途採用どう伝える?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]