ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

主夫の記事

子育て奮闘の主夫と今ドキ女性の働き方:r000016000128 | PARAFT [パラフト]

2016.04.07

主夫の記事2016.04.07

大黒柱は

子育て奮闘の主夫と今ドキ女性の働き方

keyword: 主夫 キャリアウーマン 海外 外資 家族

このエントリーをはてなブックマークに追加
海外に出るとさまざまなタイプのワークスタイル、特に女性に関しては、面白い!と思う人たちがたくさんいます。今回はそんな知人の一人で、奥様が大黒柱×主夫にいそしむ旦那様、というイマドキ二人三脚ご夫婦をご紹介します。

2016.04.07 文章 / 吉次茜

シンガポールからインドネシアへ。嫁の転職を応援する旦那は専業主夫に転身

以前もどこかの記事でお伝えしましたが、ここインドネシアは、ビジネスチャンスの多さや人口ボーナス(若年層が大多数)、また東南アジアという立地的なところで、仕事の形態や個人のワークスタイルは非常にアグレッシブな国です。そういう土地柄だからこそ、日本人でも駐在という形態以外で、意欲的に進出を試みる人も多く、女性も年齢や家族構成にこだわりなく働いている人が多くいます。

そんな中、イマドキはこういう夫婦の在り方と働き方もあるんだ!と面白く感じたのが、旦那様と2人の子供と暮らす知人A子の話。30代半ばの彼女は、以前はご主人の仕事でシンガポール駐在暮らし。そこで出産・子育て、その合間に大学進学&MBAを取得……という経歴の持ち主で、非常に前向きな才女です。「せっかく海外にいて時間があるから、ちょっと大学に行ってみようかと思って」とはA子談。ご主人もそれを前向きに応援し家事もサポートしていたのだとか。

キャリア、家事、家族、夫婦……自分たちに一番合う形を探す

もともとご主人の仕事の都合でシンガポールにやってきたA子家族ですが、A子が子育てとMBA取得を同時並行する中で転職活動を行い、採用先が海外(インドネシア)に決まったとき、旦那様はいともたやすく(ではなかったかもしれませんが、A子が思うよりあっさりと)「僕が仕事を辞めて家事をするから、君は君の仕事を頑張ってほしい」と言ったとか。なんて潔い!!

聞いた話では、旦那様も大手の金融系企業で相当のキャリアを持っていたようなのですが、自分たちの家族の在り方を考えた結果「嫁が大黒柱で、自分が家事全般を行う」ことを選ぶことへの躊躇いはあまりなかったそうです。

そんなこんなでA子は現在、外資系のコンサル企業でバリバリと勤務、夜は接待にも繰り出すそう。旦那様は家事全般を担当し、インターナショナルスクールに通う子供たちの送り迎えもこなす生活を送っています。目下の悩みは、子供たちがもはや日本語より英語の方が達者なこと。実家のご両親との会話がちょっと怪しい……という点だとか。「基本的に子供にも、自分のことは自分で選ぶように言ってるからこうなっちゃったのかしら~」と豪快に笑うA子の姿が印象的でした。

これからの女性の働き方を考える

既婚女性が仕事をしていく中で、仕事と家庭のバランスを取っていくためには、やはり、家族(特に伴侶)の理解と二人が“共有できる ”働き方の価値観を持っているかが問われます。

家族として、どういう形が望ましいと考えるか、10年20年先の未来にどうありたいか、それぞれがどういう風に生きていきたいか……そういう家族と未来の話をきちんとしておくことが、二人のワークスタイルの方向性自体を決めていくもののではないでしょうか。

今回のケースを「海外だからあり得る話」で終わらせるのは簡単です。たしかに海外では、ワークスタイルの多様性や女性が働くことのチャンスの多さ、夫婦や家族の在り方の価値観に幅があります。でも大切なのは、それ以外の側面、つまり『働き方をフレキシブルに考えていくこと=パートナーとの可能性と関係性を広げていくこと』であることではないでしょうか。“働く”を考えることは、人生を考えることでもあるのです。

WRITER

ライター

吉次茜

今回のA子、見た目は特にアグレッシブなタイプではなく「気が付いたらこんな形の家族になっていたの」と柔らかく微笑む女性です。新しい働き方は新しい家族の在り方を考えること。フラットに仕事に向き合っていけるには、パートナーとの相互理解が非常に大切なのだなということを、A子家族を見ていて今回非常に深く実感しました。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
子育て奮闘の主夫と今ドキ女性の働き方:r000016000128 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

大黒柱は

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]