ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

海外移住の記事

海外移住の際、住民票を日本に残すメリット・デメリット:r000016000159 | PARAFT [パラフト]

2016.04.20

海外移住の記事2016.04.20

海外移住手続きどうする?

海外移住の際、住民票を日本に残すメリット・デメリット

keyword: 海外移住 住民票 健康保険 手続き 転勤

このエントリーをはてなブックマークに追加
社命で外国への転勤を言い渡されたり、一念発起して海外移住を決めたりしたら、細かな届け出や手続きが必要ですね。その中で、どうしようかと悩むのが住民票の手続きです。実は、出国の手続きと住民票の手続きはリンクしていないため、人によって対応の仕方に差がある様子。そこで今回は、住民票を日本に置いたままにすることの、メリットとデメリットについてご紹介いたします。

2016.04.20 文章 / PARAFT編集部

本当はどちらがお得なの?住民票を日本におくかおかないか

私は海外赴任になった夫の帯同家族として中国に住んだことがありますが、その際は、それが当たり前だと思い、住んでいた自治体から住民票を抜きました(海外転出)。これは私たち家族が日本に住んでいない=非居住者となることを表します。しかし、実際に赴任地に出向いてみると、「実家に住民票を置いてきた」「持家の住所に住んでいることになっている」という声もちらほら。本当は、どちらが良かったんでしょうか?

住民票を日本においておくことのメリットとは?

日本に住民票を置いてきたという人に理由を聞いてみると「日本での生活に必要だから」という回答が多数。具体的には、印鑑証明をそのまま残しておきたい、帯同しなかった別居家族が賃貸や就職をする際に住民票の提出を求められる時に使いたい、といった目的があるようです。

確かに海外転出すると印鑑証明は抹消されてしまうので、帰国後に登録しなおさなければならず、ちょっと面倒だなと思いましたね。あと住民票を日本に置いておけば、日本の銀行口座やクレジットカードを新たに作るのも簡単です。さらに国民年金や国民健康保険をそのまま継続しておけるというのもメリットですね。

住民票を日本においておくことのデメリットとは?

日本に住民票を置いておくということは、住んでいるのと同等の扱いになりますので、お金の支払いが続きます。たとえ国内にいなくても住民税の支払い義務が生じてしまうのが最大のデメリットでしょう。

住民税は1月1日時点で在住する住民に対して課税されるため、前年の12月31日までに住民票を抜いておけば(海外転出)、翌年の住民税は0円となりますよ。また、国民年金や国民健康保険料の支払いも続くので、口座引き落としなどにしておくと便利ですね。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

住民票は、海外に住むのならきちんと抜くのが正しい手続きです。住民票を抜いておけば、年金を払わなくてもカラ期間として申請できたり、確定申告の猶予期間が5年ももらえたり。運転免許失効後の特例措置もありますが、出国の手続きと住民票はリンクしていないのが実情です。特に、不正受給にあたることだけは控えましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
海外移住の際、住民票を日本に残すメリット・デメリット:r000016000159 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

海外移住手続きどうする?

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]