ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

退職の記事

退職前のスムーズな引継ぎに欠かせない5つのポイント:r000016000166 | PARAFT [パラフト]

2016.04.26

退職の記事2016.04.26

最後の任務

退職前のスムーズな引継ぎに欠かせない5つのポイント

keyword: 退職 円満 転職 引継ぎ 準備

このエントリーをはてなブックマークに追加
めでたく転職が決定! 新しい日々に胸を踊らせる反面、現職での退職交渉や引き継ぎのことを考えると、少し後ろ向きな気持ちになる人もいるのでは? 現職を円満退職することこそ、新しい仕事への第一歩。最終出社日が過ぎてからも、バンバン携帯が鳴らないよう、しっかり引き継ぎをしておきたいですね。

2016.04.26 文章 / PARAFT編集部

退職日までに、具体的には何をすればよい?

転職活動中、希望の会社での面接にのぞむ前に、まず現職の会社の就業規則の確認を。その中には必ず「退職予定日の○日前までに意思表示をすること」という記載があるので、その日までには必ず直属の上長に報告しましょう。

そのとき人事部や同期の社員など、他の人に話してしまうのはタブー。上長が知る前に他の人から噂が漏れて、退職手続きがこじれるケースもあるようです。自己都合で退社するわけですから、真摯な態度を貫きたいものですね。

引き継ぎ資料の作成はもちろん、取引先&後任者の顔合わせも!

退職交渉がうまくいかない一因に、後任者が決まらないということが挙げられます。大きな人事異動があるのは期末や半期など限られた時期であることが多いため、イレギュラーな時期の退職の場合には、引き継ぎを受けてくれる人がいない……なんてケースもあるようです。

しかし、そんなときに「自分のせいで……」と思い悩む必要はありません。”仕事は組織に引き継ぐもの”と考え、いったん上長に引き継ぎましょう。特に取引先へ後任紹介の挨拶もなしに退職したような場合は、会社としての心証が悪くなってしまいます。

後任者にも気持ちよく仕事をしてもらえるよう、心遣いを忘れずに。業務の発生頻度や書類の作成方法、関連性の高い部署や担当者など多くの情報を記しておくとよいでしょう。

円満退社のために、やってはいけない3つのこと

最後に、円満退社を妨げるNG行動3つをご紹介します。

① 転職先企業に早めの入社予定日を伝えてしまうこと。就業規則や引き継ぎ期間などを考慮し、余裕を持った日程を伝えましょう。

② 有給消化やボーナスなどにこだわりすぎること。大切なのは、きちんと業務の引き継ぎを行うことです。自分本位になりすぎては、退職交渉に影響が出ることもあります。

③ 慰留条件に退職の意志がゆらぐこと。退職を申し出た後に年収アップや待遇アップを持ちかけてくるような会社では、将来のキャリアアップは望めません。

こんな記事も読まれています。

>> 退職を遅らせない!引き継ぎのポイント|転職活動のすべて

>> 転職・退職挨拶のスピーチ例「感謝の心」をきちんと伝えるには?

>> 退職願・退職届はこう出す!スマートな辞め方|転職活動のすべて

>> どうする有給休暇?退職申請時に申請できるか

>> 退職するまでに有給休暇を消化できないとどうなる?

>> 慎重に進めたい!入社日の確定と退職交渉のポイント

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

私自身も退職経験がありますが、どんなに努力したところで周りの人に迷惑がかかるのは避けられません。ですから退職者は誠意ある態度で引き継ぎにのぞむことが何より重要です。淡々と退職の意志を貫き、引き継ぎを完了させましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
退職前のスムーズな引継ぎに欠かせない5つのポイント:r000016000166 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

最後の任務

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]