採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

04.25

mon
RULES
KEY
WORD

失業保険の記事

2016.04.25

失業保険の記事2016.04.25

黙っていてはもらえないかも?

失業給付をもらうまでの「雇用保険完全マニュアル」

keyword: 失業保険 手続き 金額 書類 会社

このエントリーをはてなブックマークに追加
退職後、うまい具合に次の転職先が決まっていれば収入面での問題はありませんが、実際そううまくはいかないもの。収入が途絶えた際に生活に困ることのないよう、求職者のために用意されているのが「失業給付」です。ですが、注意したいのは失業したその日から自動でもらえるものではないということ。必要な手続きは事前にしっかりチェックしておきましょう!

2016.04.25文章 / PARAFT編集部

会社を退職してから失業給付をもらうまで

まず用意したいのは、会社を退職した際にもらえる「離職票」。会社によっては希望制の場合がありますので、要注意! そして、居住地の管轄のハローワークで記入する「求職申込み」とあわせて、離職票も提出します。

書類の提出後すぐに給付が始まる、わけではありません。7日の待機期間を経て、会社都合退職の場合は失業給付の判定期間が開始されます。ただし、自己都合退職の場合はさらに3ヶ月の給付制限期間が設けられています。

また欠かせないのは、指定された受給説明会に必ず参加し、「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を受け取ること。

判定期間開始の約1ヶ月後に失業認定が降りるので、その間に1回以上の求職活動の実績があれば、いよいよ給付開始です。

ただし、自己都合退職の場合の3ヶ月の給付制限期間は支給されません。また、この間に3回以上の求職活動も求められます。

初めての給付を受けた、その後は?

雇用保険の給付金額は、退職前6ヶ月間の給料を日割りにして、待機期間から認定期間、もしくは前の認定期間と今回の認定期間までの日数をかけた額の約5割から8割に相当する額となります。賃金の高い人は約5割、低い人は約8割となります。

また最初の給付を受けた後は、認定期間中に2回以上の求職活動実績が必要となります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

雇用保険の基本手当は「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」人のためにあります。求職活動をしておらず、病気等で仕事ができる状態ではない人には原則的に支給されないものなのですね。正しく知っておいて損はなさそうです。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“RULES”

黙っていてはもらえないかも?

RELATED POST