ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

住民税の記事

103万円の壁に「交通費」は含まれる?:r000016000205 | PARAFT [パラフト]

2018.10.30

住民税の記事2018.10.30

扶養内で働くなら知っておきたい

103万円の壁に「交通費」は含まれる?

keyword: 住民税 扶養 交通費 103万円 控除

このエントリーをはてなブックマークに追加
扶養控除を受けながら、パート・アルバイトで働く場合に注意しなければならない非課税対象額のボーダー……「103万円の壁」。大きな金額に思えても、年間を通すと気付けば超えてしまいそう、なんてこともあるかもしれません。年収を計算していくとき、特に、時給や日給とは別に支給される「交通費」の扱いに困ってはいませんか?

2018.10.30 文章 / PARAFT編集部

扶養内で働きたい人の「103万円の壁」とは?

▼ そもそも「103万円の壁」ってなに?
家族の扶養に入りながらパート・アルバイトで収入を得る場合には、年間の収入を103万円以内に抑えなければなりません。これは、所得税・住民税の非課税金額のボーダー。103万円を超えてしまうと扶養控除を受けることができなくなり、自身も税金を払わなければならなくなります。

さらに、扶養家族がいなくなることにより、家族の所得税・住民税も高くなります。こうした制度を誤認していると、働いた分だけ税金を払い、結果として損をしてしまうかもしれません。

「103万円の壁」に交通費を含めると損!

▼ 103万円+交通費になるよう給与を受け取りましょう
「交通費」は税法上、所得に含まれないため扶養控除の年収上限の範囲外となります。
103万円の壁を超えないようにするためには「収入(時給など)」と「交通費」の関係性を正しく認識することが大切です。

【OK:時給1,000円+交通費200円別途支給の場合】
交通費が給与とは別に支払われているため、年収上限には含まれません。
時給の合計のみで103万円、交通費が加わると103万円を超えたとしても、扶養控除の範囲内となります。

【NG:交通費込みで時給1,200円の場合】
この場合、交通費も「給与」にあたるため、額面で103万円を超えた時点で扶養控除の範囲外となります。

後者の場合、交通費としてもらっている200円分も一括で「給与」として扱われるため、課税の対象となります。一方前者の場合、給与はあくまで「1000円×時間」。交通費は非課税対象となるのです。
時給1,200円の方が、一見お得に見えるかもしれませんが、年収上限ギリギリまで働きたい場合、不利になってしまうので注意しましょう。

「103万円の壁」と交通費の関係以外に知りたい扶養控除のこと

出典:amana inc.

「103万円の壁」と交通費の関係以外にも、扶養控除に関する様々な決まりがあります。
共働き世帯の場合、配偶者の企業規模、年収、子どもの有無などによって、扶養控除の適用範囲が変わることも。
「PARAFT」の他の記事で詳しく説明していますので、合わせて読んでみてください。

扶養を外れたとき、だいたい年収いくらなら得をするのでしょうか?
>> 年収いくらなら扶養を外れてもお得になる?

「扶養家族」になるメリット、デメリットをはっきりつかんでおきましょう。
>> 「扶養家族」の定義とは?メリット、デメリットについても紹介

扶養控除と税金の関係もおさえておかないとマズいですね。
>> 扶養控除と税金の関係をおさらい!

履歴書の扶養家族欄はかなりチェックされています!
>> 履歴書の通勤時間・扶養家族欄はここが見られている!

「130万円の壁」を超えたら、いくら以上で損をしなくなるのでしょうか!?
>> 社会保険130万円の壁を越えたら「◯万円以上」でなくちゃ損!

壁はこのまま崩れていくのでしょうか?
>> 配偶者控除廃止、社会保険適用拡大、主婦を取り巻く変化に迫る

もし退職後すぐに旦那さんの扶養へ入る手続きを行うとき、失業保険はちゃんと受給できるのでしょうか?
>> 扶養に入りながら「失業保険」を受給できるのか?

扶養家族がいる場合は、家族手当が出る会社も多いです。一般的にはどれくらいもらっているのでしょうか?
>> 会社によって異なる「家族手当」その支給制度、支給額は?

「源泉徴収」と「年末調整」についても、おさらいしておきましょう!
>> 知らなきゃマズい「年末調整」と「源泉徴収」はなぜ必要?

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

扶養内で働いている人にとって、非課税の上限となる103万円の壁は非常にシビアなものです。時給内に交通費が含まれていたことで、ほんの少し上回って、支払う税金が一気に増えた……となってしまっては悲しいもの。ボーダーギリギリとなる月8万円近くの収入がある人ならば、一見損に感じられても交通費は別途受け取ることをおすすめします。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
103万円の壁に「交通費」は含まれる?:r000016000205 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

扶養内で働くなら知っておきたい

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]