ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

36協定の記事

残業と深い関わり「36(サブロク)協定」をわかりやすく解説!:r000016000227 | PARAFT [パラフト]

2016.05.04

36協定の記事2016.05.04

36協定結んでいる?

残業と深い関わり「36(サブロク)協定」をわかりやすく解説!

keyword: 36協定 労働時間 会社 時間 労働基準法

このエントリーをはてなブックマークに追加
「毎日こんな時間まで残業するなんて、聞いていない!」「労働基準法の違反なのでは?」と嘆きたくなったあなたには、”ある協定”について知ってもらいたいものです。これまで会社に勤めている中で、「36協定(サブロク協定)」という言葉を聞いたことがありますか? あなたの残業が許されてしまう制度、ここで一度おさらいしておきましょう。

2016.05.04 文章 / PARAFT編集部

まずはチェック「36協定(サブロク協定)」って何?

36協定(サブロク協定)とは、労働時間を延長させる労使協定のことです。

「36」という数字は労働基準法第36条に由来しており、その36条で定められているのは「協定を結べば労働時間の延長や、休日労働をさせることができる」という内容。通常は1日8時間、1週40時間という法定労働時間を超えて労働させたり、休日に労働させると労働基準法違反となり、「6ヵ月以下の懲役又は30万円以下の罰金」に処されます。

しかしこの協定を結ぶことで、労働基準法の時間を超えていても罰せられることはなくなるのです。つまり社員が「こんなに長い時間働くなんておかしい! 労働基準法に違反している! 訴えてやる!」と立ち上がっても、会社がこの協定を結んでいれば訴えることができないのです。

36協定を結んでいる場合でも、ここだけはチェック!

しかし、36協定を結んだからと言ってどれだけ長い時間でも社員を働かせることができるわけではありません。

例えば、労働時間を延長できる時間は「1週間でプラス15時間」、「1ヵ月でプラス45時間」などの上限が定められています。上限を超えた労働は、やはり労働基準法に違反します。ですが一部、建築事業やトラックの運転などの職種においては、延長限度がありません。

また、どれほど労働時間を延長しても、残業代が免除されることはありません。延長した分の労働時間は、時間外労働手当を払う義務があります。

【こんな記事も読まれています】
ヤマトがついに値上げ!物流・運送会社にも働き方改革が

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

長時間労働に関する問題は、社会的にも関心が高まっています。36協定は、あくまで労働時間の延長を「許可」するものですので、労働時間の延長によって心理的・肉体的に苦痛が生じた場合には改めて相談すべきでしょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
残業と深い関わり「36(サブロク)協定」をわかりやすく解説!:r000016000227 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

36協定結んでいる?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]