採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

05.10

tue
SKILLS

ビジネススキルの記事

2016.05.10

ビジネススキルの記事2016.05.10

製品のライフスタイルとは?

注目のマーケティング用語!「ライフサイクル」とは?

keyword: ビジネススキル マーケティング 会社 ライフサイクル 仕事術

このエントリーをはてなブックマークに追加
事業を軌道に乗せるため、さらなる展開を考えるため……マーケターにとっての鉄板用語である「ライフサイクル」という言葉を知っていますか? 会社の今後の戦略を考える上で、新たな目線を持つきっかけになるかもしれません。マーケターでない人であっても、ビジネススキルの一環として覚えておきたいライフサイクルについて、ご説明いたします。

2016.05.10文章 / PARAFT編集部

「ライフサイクル」とは、どういう意味?

どんな製品もサービスも、まずは生まれるところからはじまり、いつか衰退していくものです。この流れを製品の人生のように捉えた言葉が「製品ライフサイクル」。

ライフサイクルは売上や事業規模などの観点から、4つのライフステージを持っています。一つの製品を見る上でも、「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」というそれぞれのステージに合わせて、マーケティングの手法を変えていかなければなりません。自社製品の売上を伸ばすためには、まずピックアップする製品が、どのステージにいるかを考えましょう。

「製品ライフサイクル」の4つのステージとは?

まず、市場に登場したばかりの時期を「導入期」と呼びます。売上は低い状態ですが、競合他社もほとんどいないものです。消費者に対して製品を知らしめる活動を広く行っていきます。

次が「成長期」。導入期での広報活動が実を結び売上が伸びてくる時期です。すると、競合他社も参入してきます。この時期では、自社製品の価値を高めシェアを獲得することが大切です。

その後に「成熟期」が訪れます。需要・売上がピークに達し、一見良好な状態ですが、いかにして生き残るかを考えなければならないシビアな時期でもあります。

そして最後は「衰退期」。利益が低迷した中でも、支出を抑えつつ顧客を離さないように努めましょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

盛者必衰という言葉が語るように、好景気や成長はどこまでも続くものではありません。しかし、状況に合わせたマーケティングによって、キープすることもできるのです。製品の新たな戦略を考える際には、製品がライフサイクルのどの位置に属しているかも加味しましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“SKILLS”

製品のライフスタイルとは?

RELATED POST