ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

キャリアの記事

『トリレンマ』世代、これからのライフスタイルを考える:r000016000263 | PARAFT [パラフト]

2016.05.19

キャリアの記事2016.05.19

3つの悩みを抱える世代?

『トリレンマ』世代、これからのライフスタイルを考える

keyword: キャリア トルマリン 家族 収入 働き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
同時に受け入れられない2つのものが現れる事象を「ジレンマ」と言いますが、その事象が3つになることを「トリレンマ」ということをご存じでしょうか? 団塊ジュニア世代とこの「トリレンマ」、実は、非常に密接なつながりがあるのです

2016.05.19 文章 / 吉次茜

「晩婚」「晩産」「少子高齢化」… 変わりゆく日本のライフスタイル

「初婚の晩婚化」やそれに伴う「晩産化」、「ミドルエイジの離婚」「一生未婚者の増加」など、ここ数年よく話題になるのは各世代のライフスタイルに関わるもの。既婚者でも「一生子供は作らない(ほしいと思わない)」という世帯も増加傾向にあり、1家族あたりの子供の人数も、経済状態や自分たちの老後を考慮するためか、「一人で構わないです(というより、一人以上は難しいです…)」という意見がより一般化しています。また、こういった流れとあいまって少子高齢化もより切実な問題となっています。

ここで一つ、厚生労働省のある統計を例にとり、(※1「母の年齢(5歳階級)・ 出生順位別にみた出生数」晩産化と少子化の傾向を参照してみます。母親の平均出産年齢では、30年前の1985年(26.7歳)から、2012年(30.3歳)ではそれほど大きな違いは見受けられませんが、『新生児の母親が35歳以上だった比率』では、85年の7.1%が、2012年には25.9%と、この30年で3倍以上、現在ではおよそ4分の1以上の世帯が、35歳以上での出産経験あり、という結果が出ています。

つまり、現在の団塊ジュニア世代と呼ばれる30〜40代は、次のような年代だと言えそうです。

① 一般的な退職年代である60歳時点で、
② 就学中の子供を持っている可能性が高く、
③ またその時点で両親は介護が必要な年齢に到達している。

30代~40代に増加する『トリレンマ世代』とは?

1970年代に生まれた、いわゆる「団塊ジュニア世代」(もしくはそれよし少し下)のことを、最近では総称して『トリレンマ(Trilemma)世代』と呼んでいます。『トリレンマ』というのは、フィデリティ退職・投資教育研究所が命名したもので『ジレンマ(Dilemma)』が2つの選択肢/前提が受け入れられない状況を指すのに対して、『トリレンマ』は一度に解決できない選択肢や課題を3つ抱える状態を指しています。そして上述の世代は、①子供の教育 ②自分(と配偶者)の退職 ③親の介護という3つの課題=トリレンマに一時期に直面し、その問題を解決できない可能性を抱えた世代として定義されています。

従来は、「サンドイッチ世代」と言う、現役世代のうちに子供の教育と親の介護という2つの負担に挟まれた世代を称するワードの方が、特に海外のメディアでは有名で頻出していたのでそちらをご存じの方は多いのではないでしょうか。

昨今では、中国やシンガポールといったアジア諸国でもこの現象は指摘されていますが、それ以上の深刻な世代間問題として最近の日本では、自分の退職も重なる「トリレンマ世代」へとさらに移行していると言われています。

『トリレンマ世代』における 未来の“課題”

ちなみに、母親が35歳以上の新生児は、毎年およそ26万人誕生していると言われています。つまり、こうしている間にも「トリレンマ世代」となり得る世帯が数十万世帯新しくできており、その数は決して少なくありません。

これから結婚・出産を考えている20代の中にも、のちのち「トリレンマ世帯」のような形をとるケースも多くいることを考えると、これからはどの属性・年代でも、子供の教育と家族の介護、また自分のワークスタイルに関して、対策を考えておく必要があります。

実際に、私の友人でもこの『トリレンマ』世帯は非常に多いのですが、その典型的な形は「夫婦共働きで30代後半。子供は30代前半と後半でそれぞれ1人ずつ出産し、両親(60代)はまだ健在で就労していたりもする」というもの。

この場合、彼らが現在の一般的でいうところの、「退職」を60歳で迎えた時点でも、子供たちはまだ大学などに在学中、修士課程まで就学するとなればさらに教育費がかかることになります。あわせて、そのころ80代になっている両親の存在も気になるところ……。こういった家族の問題はどの世代・国でも起こることですが、トリレンマ世代に関しては、それらが同じ時期に集中してくるところと、その絶対数が多い、というところが喫緊の問題と言えます。

WRITER

ライター

吉次茜

かくいう私も、年代でいうとこの『トリレンマ世代』 にあたります。今までは比較的、家族の健康や経済状態で大きな問題がなかった…とはいえ、両親や兄弟、また自分のこれからを考えると、全く自分ごとのテーマだと感じています。次回はさらに、このトリレンマ世代がこれからの課題にどう自分たちのライフスタイルを対応させていくべきなのか、というところを掘り下げてみたいと思います。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
『トリレンマ』世代、これからのライフスタイルを考える:r000016000263 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

3つの悩みを抱える世代?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]