ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

36協定の記事

例外もある?会社員なら必ず知るべき36(サブロク)協定のこと:r000016000266 | PARAFT [パラフト]

2016.05.23

36協定の記事2016.05.23

労働時間にまつわる法律

例外もある?会社員なら必ず知るべき36(サブロク)協定のこと

keyword: 36協定 労働時間 労働基準法 残業時間 資格取得支援制度

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年特に深刻化している、ハードワークに関する問題。労働者の視点からでは「毎日毎日残業続きで、もうイヤだ!」「こんなに残業時間が長いのは、労働基準法に違反しているのでは?」と感じられることもあるでしょう。しかし、ひょっとするとあなたの会社の長すぎる残業時間は、国に許可を得て認められているものかもしれません。残業とのかかわりが深い「36(サブロク)協定」についてご説明いたします。

2016.05.23 文章 / PARAFT編集部

「36(サブロク)協定」とはいったい?

36協定とは、法定労働時間を超えて延長させてもよいことにする協定のこと。36という数字は、労働基準法第36条(時間外及び休日の労働)が由来となっています。第36条の内容は”あらかじめ協定を組んでおけば、1日8時間・1週40時間という定められた時間を超えて労働させていいですよ”というもの。つまり、あなたの会社が36協定を結んでいる場合、法定労働時間外の労働は公的に認められていることになるのです。しかし36協定を結んでいるからと言って、残業にまつわる問題がすべてクリアになるわけではありません。

36協定の見落としがちな重要ポイント

36協定は、あくまで「長時間の労働を認める」ためだけの協定です。給与に関する免除はありませんので、企業側は法定労働時間外の労働に対して残業代を支払う義務を負います。

また、延長時間には限度があり、原則「1か月45時間、1年間360時間」を超える延長は認められません(一部例外あり)。また、36協定を結んでいても「18歳未満の労働者」「妊産婦」「育児、介護を行う労働者」には時間外・休日労働をさせることができません。36協定の例外についても、事前に確認しておきましょう!

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

労働基準法にまつわる常識は、当事者である労働者こそ理解しておきたいものです。知らずにいると、損をしてしまうかもしれません。残業が公的に認められてしまう36協定においても、一部例外や細かな規定が存在していますので「知らなかったから」と規定外の条件をのまないように注意が必要です。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
例外もある?会社員なら必ず知るべき36(サブロク)協定のこと:r000016000266 | PARAFT [パラフト]

TIME

労働時間にまつわる法律

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]