ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

トリレンマの記事

『トリレンマ』世代、これからのライフスタイルを考える|第2弾:r000016000327 | PARAFT [パラフト]

2016.05.23

トリレンマの記事2016.05.23

キーワードは自助努力

『トリレンマ』世代、これからのライフスタイルを考える|第2弾

keyword: トリレンマ キャリアアップ 介護 子育て 貯金

このエントリーをはてなブックマークに追加
前回のコラムでご紹介したトリレンマ世代。この世代が60代で直面するであろう退職、子供の教育費、親の介護という3つの課題について、今回は、これからのライフスタイルをどう考えるかという側面からも考えてみます。

2016.05.23 文章 / 吉次茜

『トリレンマ世代』が考える、老後と資産のイメージ

晩婚化などで女性の出産年齢が上昇することなどを背景に、60代で退職、子供の教育、親の介護に直面する「トリレンマ世代」。この世代の課題はさまざまありますが、これからのライフスタイルをできる限り快適にするためには、まず何よりも資産運用について早い段階で考えておくことが必要です。

ある調査(※)によると、このトリレンマ世代は年齢的には35歳ごろを境に、退職後のライフスタイルを具体的に考えたり、投資などで資産運用を明確化するなどの行動が顕著になると言われています。もっとも変化をもたらす行動の中には、結婚も含まれます。

具体的に見てみると以下のような結果が出ているのだとか。
① 女性の退職後イメージが現実的になる
② 投資に対する明るいイメージが後退するなど。

また、結婚という大きなイベントを経て、次のような変化が現れるそうです。
① 男性の退職後生活へのイメージが明るくなる
② 退職後必要資金の総額が増える
③ 退職金・企業年金への依存度が上がる

一方で30歳代は<退職後の生活資金の準備が0>という属性が50%を超えているという、驚きの結果もあります。老後に必要な資金は一般的に、3,000万円が一つの指針と言われていますが、30代でまだこの状態だと、「公的年金以外に必要な退職後の生活費」を用意することは、非常に困難と言わざるをえません。

(※)フィデリティ退職・投資教育研究所レポート、2011年2月発行

これからの資産運用と負担軽減の対策とは?

このような属性が60代になり”トリレンマ”が顕在化した場合には、本人たちだけでは負担を抱えきれず、社会全体でその大きな負担を請け負う事態も想定されています。

上述の調査では、「退職後の生活に関する認識とその準備の状況を探る」というテーマで、サラリーマン1万人にアンケートを実施しました。そこから約3,000名の30歳代のトリレンマ世代に、退職に対するイメージやその準備に対する考え方を聞いたものですが、退職後の生活に対するイメージは「のんびり・マイペース」という回答が、男性女性とも過半数以を締め、自分たちのペースで過ごしたいという意向が見て取れます。ここから、実際の資産の有無に限らず、自分たちの老後とそれに必要な施策に関しては、多くのトリレンマ世代が前向きな意見を持っているようです。

そうとはいえイメージを具体化していくための施策として資産運用を考えると、まず子供の教育費は奨学金や学費ローンなどを活用することを考えましょう。海外では自分の学費は自分で稼いでいく、という考え方が一般的です。まずは費用負担を、家族の一員である子供にも求めていくことも、考え方の一つとしてあります。

“できる人ができることを” 親・自分・子供 ― それぞれの自助努力

また、税制支援も大いに活用できます。2013年から始まった、祖父母による孫世代への教育費負担が1,500万円まで非課税になる制度や、検討が進む少額投資非課税の「NISA」の子供版の創設など、効果的な制度についてはキャッチアップしておきましょう。月々の貯蓄は少なくとも、時間をかけて必要な金額を用意することが可能になってくるからです。もちろん、頼れるならば、親世代に教育費を協力してもらうことも有効でしょう。いずれにしても、子供がいる場合は、できるだけ早い段階で教育費を準備することが重要です。

親世代は、まだ年金が潤沢とまでは言わないにしても現役世代よりは多く、資産も持っている年代です。万一介護が必要になった場合でも、なるべく自分たちで資産をまかなえるように、これも早めに家族で話し合っておきたいところです。

自分の老後資金も早めに準備をする必要があります。これには貯蓄プラス投資などを活用して、時間をかけて大きな金額に育てていくことを考えましょう。他にも、生活費の抜本的な見直しとして、生活基盤を変える、たとえば、地方都市への移住なども検討できるかもしれません。

これからの社会は、それぞれの世代がそれぞれの立場で、できることをやっていくことが求められます。まず “自助努力”。トリレンマ世代が、自分たちが望むライフスタイルを実現するために、まずはこれが必要不可欠なキーワードと言えるでしょう。

WRITER

ライター

吉次茜

不透明な社会情勢や年金など既存制度が持つ問題点など、自分のこれからは、何よりも自分で何とかしないと、いうのは、昔からの私の持論です。今回のテーマをまとめる中で、さらにこの考えを深めました。皆さんもぜひ、これからの自分のライフスタイルをどうしておきたいか、ご家族で今一度しっかりと話し合ってみてはいかがでしょうか。必要な貯蓄や投資活動などを活発化させておくことは、自分の未来を動かす一つの手段になるかも

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
『トリレンマ』世代、これからのライフスタイルを考える|第2弾:r000016000327 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

キーワードは自助努力

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]