clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

06.27

mon
PROFESSIONS
KEY
WORD

エンジニアの記事

2016.06.27

エンジニアの記事2016.06.27

ニーズ急騰中の職業

ITエンジニアになるには?

keyword: エンジニア 言語 初心者 アルバイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在はIT企業も多く、エンジニアが活躍できるシーンは広がりを見せています。ただ名前だけの「エンジニア」ではなくある程度知識とスキルを持って活躍するためには、目標を立ててそれを達成するための努力をしていくことも大切です。そのためには数あるプログラミング言語の中から覚えるべき言語を選択し、また本・バイト・講座などでスキルアップすることが必要となります。

2016.06.27文章 / PARAFT編集部

多くの企業で使われるものでなく、将来のことを考えて言語を選択する

エンジニアになるためにまず考えておくことは、覚えるべき言語の選択と将来設定です。現在多くの企業で使われている言語は「Java」と「PHP」なので、これを活用できるように知識とスキルを身に付ける必要があります。ただ目標としている企業がこれらを使わないところであれば、将来を考えて使用する言語をしっかり覚えることが大切です。その一例はゲーム業界で使われる「C#」。もしもゲーム業界で活躍するエンジニアになりたいのなら、「Java」「PHP」よりも「C#」を覚えるのが良いでしょう。

本・ネット・講座などで基礎を覚え、その後企業でバイトなどを行う

エンジニアとして幅広く活躍するためには「Java」「PHP」といった言語を覚えると良いでしょう。その習得過程は人の性質や状況によって異なると思います。まずは本やネット、初心者用の講座などでしっかりと基本を学習していきます。ある程度基礎が身に付いて来たら、エンジニアを募集している企業でバイトとして働いて仕事で使えるスキルを磨きましょう。そして課題や目標が見つかったら、課題克服や目標達成のための講座を受けてさらにスキルアップ。その後はもっとエンジニアとしてスキルアップできる職場に転職をするという流れになると思います。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

IT企業も多く、エンジニアを重宝することも多くなった現在においてはエンジニアを志す人も多くなってきています。ただ誰もがすぐにエンジニアとして活躍できる訳ではないため、将来設計をしっかりと行って着実にステップアップしていくことが大切です。そのためには自分が使う言語を選択し、自分にあった方法でスキルアップしていくことが重要ではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“PROFESSIONS”

ニーズ急騰中の職業

RELATED POST