ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
明るい時間から子育てや趣味を充実させるために「ゆう活」を!:r000016000734 | PARAFT [パラフト]

出典:ぱくたそ

ゆう活の記事

明るい時間から子育てや趣味を充実させるために「ゆう活」を!:r000016000734 | PARAFT [パラフト]

2016.07.22

ゆう活の記事2016.07.22

政府も推奨のゆう活とは?

明るい時間から子育てや趣味を充実させるために「ゆう活」を!

keyword: ゆう活 ワークライフバランス 副業 趣味 子育て

このエントリーをはてなブックマークに追加
政府は2015年から「ゆう活」という新しい取り組みを導入しました。これは、日照時間が長い夏に、朝早くから仕事を始め、その分早く仕事を終えることで、夕方の時間を有効に活用しようというものです。昨年の取り組み効果からは賛否両論がありましたが、明るい時間から子育てや趣味などのプライベートを充実させるという観点からも有効な取り組みであると考えられます。今回は「ゆう活」のポジティブな影響をおさらいします。

2016.07.22 文章 / PARAFT編集部

朝を有効活用・夕方からは自分の時間を実現するのが「ゆう活」

出典:ぱくたそ

「ゆう活」は、政府が推奨する「夏の生活スタイル変革」のことを指します。政府は仕事を始める時間を早め、その分早く終業し、夕方からは家族や友人との時間を楽しんだり、趣味の時間を充実させるなど、国民のワークライフバランスの実現を目指して導入しました。これまでにも検討されてきた「夏時間(サマータイム)」に近いものです。

夏の間は日中の温度上昇が激しく、涼しい早朝の方が仕事の効率が上がりやすいため、残業を減らす効果を期待しています。そして、長時間労働の解消につながり、プライベートの時間がとりやすくなります。まだ導入企業が少ないこともあり、出勤時間がバラバラになるので通勤ラッシュの解消と言うメリットも。

一方で、「逆に労働強化にならないか。結局退社時間が普段通りになってしまって朝残業した気分」、「朝活慣れしている人はいいが、そうでない人はかえって体調を崩す」などの意見もあります。

2015年にゆう活実施してみてどうだった?

出典:ぱくたそ

2015年に導入したゆう活ですが、初年度には40社以上の企業がゆう活を導入しました。導入方法も企業の業種や既存の福利厚生なども活用しながら、さまざまな方法で各企業とも工夫をしています。取り組み事例は 政府広報のサイトで紹介しています。

ゆう活の事例としては、始業時間と就業時間を早めるだけではなく、ノー残業デーの設定や早めの退社を促すアナウンスを流すなど、デメリットとしてあがっていた労働強化や労働時間の長時間化にならないよう、取り組み方においてもさまざまな工夫がされています。このサイトで紹介されている企業はゆう活だけでなく、ワーク・ライフ・バランスにつながる新しい働き方を模索しながら取り組んでいます。そういう意味ではゆう活は、これからの働き方改革につながるきっかけになるかもしれません。

ゆう活をきっかけにワークライフバランスの実現に一歩前進?

出典:ぱくたそ

ゆう活をきっかけに残業時間の削減や、多様な働き方が実現できれば、これまで時間がなくて取り組めなかった新しい趣味や習い事、友人との飲み会、お子さんがいる方なら早く保育所に迎えに行ってあげることができるなど、自由に使える時間が増えます。副業に取り組むことも可能かもしれませんね。

また、企業もゆう活導入をきっかけに、事例に取り上げられている企業のように、フレックス制度などの新しい制度を導入したり、既存の福利厚生が従業員に上手く活用してもらえるような工夫をしたりなどワークライフバランスの実現につながる取り組みへとすそ野を広げていくこともあるでしょう。

ゆう活導入で「労働強化につながるのではないか」など疑ってしまいそうになりますが、ひとつの取り組みをきっかけに会社が変わることもあるのかもしれません。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

政府は2016年もゆう活を実施します。これからも導入企業が増えていくかもしれません。少しの早起きで、充実したライフスタイルを実現できるかもと思うと少しワクワクしませんか。ゆう活だけではなくさらにそこから広がりが生まれるような活動になることを期待したいですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
明るい時間から子育てや趣味を充実させるために「ゆう活」を!:r000016000734 | PARAFT [パラフト]

TIME

政府も推奨のゆう活とは?

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]