採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

07.24

sun
RULES
KEY
WORD

休暇の記事

2016.07.24

休暇の記事2016.07.24

皆が気になる休暇制度

ユニークな休暇日を設ける会社と、海外の休暇制度事情について

keyword: 休暇 制度 ユニーク 世界 日本

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業によって休暇制度も様々。最近は会社のお給料だけでなく、福利厚生の面も重視した就職・転職活動が活発になっています。働きやすさやリフレッシュしやすさは1日の長い時間を過ごす会社での生活の質の向上が求められていると言えます。それに応えるように様々な取り組みが各企業で行われています。

2016.07.24文章 / PARAFT編集部

国内企業のユニーク休暇のあれこれ

国内企業の多くは有給消化率が100%に達しません。一方で社員の定着率の向上や仕事のパフォーマンス向上を図って、ユニークな休暇制度を設置している企業が続出しています。

高島屋は、様々な休暇制度を積極的に導入している企業の1つです。自分の子供の運動会や授業参観などの行事参加のための、スクールイベント休暇やボランティア休暇などが有給休暇とは別にあります。

リクルートキャリアではアニバーサリー休暇という制度があります。何の記念日であってもよく、「自分にご褒美」という理由でもOKです。連続して年1回連続4日以上の有給休暇を取得すると、アニバーサリー手当金6万円が支給されます。

どちらの制度も、有給休暇の消化率を上げたり、社員のやる気向上のための企業努力にほかなりません。企業も社員がワークライフバランスを取れるようにすることを、重要な施策と考えているのです。

ヨーロッパ諸国では有給休暇は当然の権利!

例えばドイツでは有給休暇は新入社員でも26日の有給休暇が貰えます。その後は企業や勤続年数などによって異なりますが30日前後の休暇が貰えてほぼ100%消化しています。しかも、体調不良で休んだ場合は、医師の診断書が必要にはなりますが、有給休暇から差し引かれないのです。それは「意図的に病気・ケガする訳ではないので本人のせいではない」という理由からです。ドイツだけでなく、同様の制度はスイスやフランスにもあります。そしてこれらの国では夏休みを数週間単位で取ることも可能です。

日本人から見たらうらやましいと思いますが、その分日本は国民の祝日が多く設定されており、強制的に休みを取れるような仕組みになっています。

アメリカは事情が日本より深刻!社畜の本場はアメリカ?

アメリカは、有給休暇制度というものが国の法律として定められていません。そのため、多くの企業で有給休暇自体が存在しません。祝日分の休みさえ給料から差し引かれるという企業もあるくらいです。一方で、シリコンバレーなどにあるベンチャー企業の中には社員に休暇を取得させるのに積極的な企業もあります。

Twitter社やGoogle社の無制限休暇制度!
特にGoogle社は有給休暇のみならず福利厚生が「これでもか!」というほどの充実ぶりです。社員の創造性を引き出し最高のパフォーマンスという果実を得るためにこのような方針でいるのだそうです。

Netflix社の育児休暇が1年間まで!
日本と異なり、政府が育児休暇制度を定めていないので、企業が個別に育児休暇制度を導入しています。有給の育児休暇制度があるのは10%強と決して多くはありません。日本は育児休暇自体は基本的に無給ですが、雇用保険からお金が給付されます。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

ユニークな有給休暇は海外よりも日本に多数存在しています。2016年4月から、労働基準法等の一部が改正され、最低でも有給休暇を5日は取得させないといけないという内容に変更になりました。こんな施策を取る国はそうはないでしょう。有給休暇であろうとユニーク休暇であろうと、「取りやすい環境」がないと取得できません。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“RULES”

皆が気になる休暇制度

RELATED POST