ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

移住の記事

都会在住者が移住先選びに注意したい3つのポイントとは?:r000016000775 | PARAFT [パラフト]

2016.08.05

移住の記事2016.08.05

移住先探しちょっと待った!

都会在住者が移住先選びに注意したい3つのポイントとは?

keyword: 移住 仕事 働き方 地域 地方

このエントリーをはてなブックマークに追加
都会で仕事をしたいとか、地方で仕事をしたいという思いに駆られている人のために、移住先を決める3つのポイントをご紹介します。熱い思いだけではつまづくことがあるかもしれませんが、思いだけでなく冷静に調べ上げることで、憧れが現実となる可能性が高まります。

2016.08.05 文章 / PARAFT編集部

新たに仕事を探すのか、今の仕事を続けるのか

会社に勤めている人は、新たに仕事先を見つけなければいけません。東京・大阪のような大都市であれば、やりたい仕事かどうかは別として、仕事は見つけやすいでしょう。

逆に地方に行くと、仕事を見つけられる可能性は低くなります。大都市よりも人口が少ないのですから、働き先も少ないのは当然です。地方に移住してフリーランスの仕事をしたいと考えている場合は、フリーランスとして生活できるように、移住前から準備を始めておく方が良いでしょう。

では、職人やフリーランスのように今の仕事を移住先でも続けていこうと考える場合は、問題ないかと言えば、そうでもありません。今のお客様から引き続きお仕事をいただけるのかどうか、移住先に仕事のニーズはあるのかどうかなど、いくつか問題が出てきます。それらを確認しておかないと、後でとんでもないことになるかもしれません。

通信技術の発達した現在では、どこにいても同じと思うかもしれませんが、直接の打ち合わせを大事にするケースも多々ありますから、打ち合わせのために都心に出向く必要もあることは覚悟しておきましょう。そして、新たなお客様の獲得方法等が確立できている必要もあります。

地域の経済感覚を理解しておく重要性

東京を中心とする関東圏や大阪を中心とする関西圏でも、それぞれの圏内でさえ経済感覚はかなり異なります。さらに大都市と地方都市では、経済感覚が違うので注意すべきです。

例えば、カップラーメン1個の値段。カップラーメンは大都市の方が安く手に入ることをご存知ですか? 地方ではほぼ希望販売価格ですが、大都市では大型ディスカウントショップ等の安く手に入る方法がいろいろあるからです。

また、地方では移動手段の中心が車ということになりますが、大都市圏では電車・地下鉄が主な移動手段です。ガソリン代や車の維持費等の有無も異なってきます。ただし、住む家が賃貸ということならば、地方の方が圧倒的に安くなります。東京の駐車場代の方が、地方でアパート1部屋を借りるより高いことは十分あり得ます。何にどのくらいの費用が必要になるかという感覚を養うべく、インターネット等でも情報収集しておきましょう。

地域としての移住者サポート体制の有無

大都市ではほとんど期待できない「移住者のための優遇制度」が、地方都市では用意されていることも。家を安く貸し出してくれたり、一定期間住み続けると土地・家を無償譲渡されるというケースもあるのです。起業に対しての助成金であったり、子育てのための助成金制度等もあります。これらを、移住前にチェックしておきましょう。

熱心な地域では、仕事の紹介や移住ツアー・生活体験等を催したりしていますから、積極的に参加し、移住先を検討する情報を得ることをお薦めします。このような移住者サポート体制を続けている地域は、既に移住された方々が、新規の移住者の相談相手になってくれるところもあります。

とにかく直接情報を集めて、不安を解消していくことです。「地域おこし協力隊」のように、第一次産業を中心に国が支援する制度もあります。年間報酬最大で200万円、活動費150万円の支給が受けられます。

移住先について何も知らない移住者がいきなり来ても、なかなか地域に打ち解けられないとうことも実際にあるようですから、移住計画を成功させるためにも、その移住先地域をよく知ることと地域に馴染む努力が必要です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

地方に移住を希望する人の中には、都会の人付き合いに疲れ、田舎でのんびりと働いて暮らしたいと考える人もいるようですが、田舎の方が近所付き合い等が多く、より密度が濃くなる場合も。逆にその付き合いを楽しむ心構えが必要です。また、移住する目的をしっかり意識しないと、理想と現実は違ったということを招きかねません。一大決心をして臨むことですから、時間をかけて段取りを組み、計画的に実行しましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
都会在住者が移住先選びに注意したい3つのポイントとは?:r000016000775 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

移住先探しちょっと待った!

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]