clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

07.25

mon
SKILLS
KEY
WORD

花火の記事

2016.07.25

花火の記事2016.07.25

花火師になるには?

夏の夜空を彩る職人「花火師」になるためにはどうすればいい?

keyword: 花火 職業 職人 日本 複業 仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の伝統的な文化、花火。江戸時代から続く夏の風物詩として、世代を問わず親しみを覚え、誰もが大好きな存在です。そんな花火を「職業」にしたいと考えたことはありますか? 伝統を受け継ぐため、「仕事」として花火を扱ってみるのもいいかもしれませんね。花火職人すなわち「花火師」になるためにはどうすればいいのでしょうか? その方法をご紹介いたします。

2016.07.25文章 / PARAFT編集部

花火師の仕事とは、具体的にどんなもの?

花火師と一口に言っても、様々な職種の人が関わります。”日本の花火文化を支える”公益社団法人「日本煙火協会」によると、花火ができるまでのフローに沿って4つに分類されています。

① 花火を作る(製造作業)
② 花火大会の為の準備作業(花火・打揚筒等各種機材を現場へ搬入し、設置作業をおこなう)
③ 花火を打ち揚げる
④ 花火大会後の片付け作業(各種機材の撤収・搬出、落下物の点検、回収・処理玉殻等ゴミの収集)


メインとなる「花火を作る」仕事のほか、花火大会の準備や運営も行うようですね。夏場がもっとも繁忙期になりますが、もちろんそれ以外の季節にも地道な作業を繰り返して、花火大会当日を華やかに迎えるために美しい花火を開発していきます。

花火は、まさしく”職人の世界”です。一人前になるには最低でも10年かかると言われていて、真球形の花火を作るために欠かせない「玉貼り」という工程で一人前になるだけでも3年かかり、花火が光る部分である『星』を作る「星かけ」ができるまでにはさらに5年かかるのだそう。

こうして、一つのパーツを作るにも確固とした技術とノウハウ、経験が不可欠なのですから、花火全体をひとりで完成させようと思えば、10年かかると言われるのも納得できるでしょう。長い年月の中で、身体でノウハウを覚えなければならず、根気と忍耐力が欠かせない、専門性の非常に高い仕事です。

花火製造に必要な資格とは? 就職状況は?

花火師になるために、特別な学歴や免許は必要ありませんが、特に【① 花火を作る(製造作業)】に携わりたいという場合には、”火薬類取締法”に基づく知識を身につけ、免許を取得しなければなりません。

▼Point▼
火薬類取締法に定める甲種・乙種又は丙種火薬類製造保安責任者免状
→ “火薬類取締法”に基づく花火の製造作業の指揮・監督者になるには、上記免許を取得する必要があります。しかし取得したからといって安心はできません。引き続き関連知識の習得に努め、かつ「実地の経験を積まなければ製造工場の製造保安責任者として選任されません。」(日本煙火協会より)というのだから、達人への道は遠そうです。

また、就職口の少なさも特徴です。世襲制の小規模会社が多い花火業界は、定期的な採用はもちろん、いつごろ採用が出るかも不確定。「採用情報が公開されたら、応募してみよう」と考えていると、なかなかそのタイミングがやってこないこともありますから、繁忙期となる7〜8月に臨時作業員として現場に携われる機会を見つけ、そこから本格的な花火師への道を切り開くというのも一つの手。はじめはアルバイトやお手伝いとして現場に立ったあと、熱心な姿勢で技術向上に励むことで、就職の枠を勝ち取れるかも? しかし、そのためには何年もかけて熱心に向き合う必要があり、簡単に叶えられるものではありません。

花火師は「趣味」や「副業」としてできる仕事!?

「花火会社に就職し、本業の花火師として活躍していくことは難しいんだ……」そう言って、諦めてしまうのはまだ早い! なんと、普段は別の仕事をしながら、繁忙期を中心に花火大会の準備・運営・花火の設置などを行っている人も少なくありません。

花火師の仕事は花火を作ることだけでなく、花火大会の運営なども含まれます。花火をセッティングしたり、周囲の安全確認を行ったり……単発のお仕事でも、タスクが多いので人手が足りなくなってしまうのです。夏場の一時のみ、アルバイトや副業という感覚でも花火の現場に触れてみるのもいいかもしれませんね。花火師に憧れのある人は、繁忙期に花火会社に連絡するなどしてアルバイトの機会からぜひ探してみてください。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

いかがでしたか?花火師と聞くと、普段の生活とはかけ離れた、敷居の高い業界と思う人がほとんどではないでしょうか。実際、就職するのは難しいものですが、アルバイトや副業としてなら、驚くほどスムーズに体験できてしまうかもしれません!

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“SKILLS”

花火師になるには?

RELATED POST