clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

08.02

tue
WORK & LOCATION
KEY
WORD

地方創生の記事

2016.08.02

地方創生の記事2016.08.02

今日から始める地方創生

身近なところから!地方移住しなくてもできる「地方創生」とは

keyword: 地方創生 地方 移住 仕事 働き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
今、日本各地で地方での働き方を見直す取り組みがされています。自分が生まれ育った街や、親しんできた場所を大切にしたいという思いを持った人は、決して少なくないでしょう。しかし「地方創生」と聞くと重要なプロジェクトのように感じ「自分にできることがあるだろうか?」と感じてしまうのでは。大切な場所のため、私たちが出来ることとは一体何があるのでしょうか?

2016.08.02文章 / PARAFT編集部

まずは知っておきたい「地方創生」とは?

まず、近年よく耳にするようになった「地方創生」という言葉の意味について、改めて考えてみましょう。

地方創生とは、都市部に集中しがちな人口を分散させ、あらゆる地方が発展するための取り組みを指します。何をもって地方の成長を図るのか、さらにどのような行いが地方創生につながるのか等、明確な定義は難しいものですが、最も効果的なのは地方に移住し地域に根付いた仕事を行うことです。

実際に生活を営むことで地域の商店が潤い、食料品が消費されることで農家などの作り手が潤い、またあなた自身の仕事が地域の人々のためになります。さらに地方で結婚しその土地で家庭を築けば、次の世代にバトンを渡すこともできるでしょう。

現在の生活を変えないまま、地方に貢献できる?

しかし、現在の仕事や生活がある人にとって、今すぐ生活スタイルを変えて地方に移住することは簡単なことではありません。

ですが、遠く離れた場所にいてもできることが。現在の生活を続けながら地方に貢献する方法として「地方の特産物や工芸品などを購入する」という方法です。例えばスーパーマーケットでは「○○県の▲▲さんが育てた野菜」というように産地が細かく明記されているものをよく見かけますよね。同じ野菜を購入するときにも、産地にこだわることで地方の発展につながるのです。

スーパーでは手に入りにくい食品、さらには工芸品の部類も、インターネットを利用すれば直接購入できます。地方のお気に入りの味をお取り寄せすることも、地方産業の発展につながるのです。

「ふるさと納税」を利用し、移住せずに納税を!

地方創生に効果的なのは、やはり地方に住み納税を行うこと。難しい場合には「ふるさと納税」を利用しましょう。ふるさと納税とは、現在住民税を納めている土地以外に、納める寄付金のことです。

2,000円を超える寄付を行うと、住民税の約2割が還付・控除されます。さらにお礼の品として地方の特産物や工芸品などお礼の品を受け取ることができたり、税金の使い方を納める立場から指定できたり……などの特典が話題を集めています。自分の生まれ故郷しか納税できない、というルールもなく、応援したい地方に、応援したい金額だけ納めることが可能です。

今すぐ移住し税金を納めることが難しい……という場合でも、現在の生活を崩さないまま気持ちの分だけ納めることができるのです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

地方創生という言葉から、大きな取り組みばかりをイメージしていると「自分に出来ることは……」とついつい悩んでしまうかもしれません。実際には、住む場所に関わらず貢献できることがあるはずです。身近なところから、地方創生をはじめてみませんか?

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“WORK & LOCATION”

今日から始める地方創生

RELATED POST