clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

08.12

fri
WORK & TIME
KEY
WORD

時短勤務の記事

2016.08.12

時短勤務の記事2016.08.12

時短勤務がしやすい業界

女性が活躍できる社会のため!時短勤務ワーカーが多い業界とは?

keyword: 時短勤務 転職 求人 子育て 働くママ

このエントリーをはてなブックマークに追加
時短勤務の導入例の多い職場は女性の多い職場が多いようです。女性が戦力の職場こそ、子育てと仕事の両立できる女性を求めていると言っても過言ではないでしょう。また、子育ての経験がある人の方が歓迎されるお仕事もあります。時短勤務の先陣たちは皆フルタイム並の成果を出すべく粉骨砕身しています。

2016.08.12文章 / PARAFT編集部

時短勤務が多い職種は手に職系の女性ならではの職場が中心

正社員で時短勤務の仕事を転職によって勝ち取るのは至難の道のりと感じる人も多いのではないでしょうか?それならば、妊娠前から産後の時短勤務の実態のある企業に転職しておく方がお勧めです。多くの時短勤務で頑張っている働くママは産前からお仕事でその職場で実績を積み上げていることが多いので、時短勤務という働き方そのものに関しては職場から否定的な見方をされにくいようです。
特に、産後の時短勤務しやすい業種というのは資格職で技術力が仕事に現れる美容師やエスティシャンなど技術力とサービス力の合わせ技で顧客の心をつかんで離さない腕があれば時短勤務でありながらも成果を出して行かれるので働き続け易いです。
また、慢性的な人手不足の現場である介護・医療の現場で活躍する介護士や看護師なども時短勤務によって人材難を解消しようと取り組んでいる事業所も数多くあるため、時短勤務の勤務先を他の業種よりも見つけやすいと言えます。更に子供が小さければ時短勤務制度の他に、施設内に託児所があるなど安心して子育てできる環境に恵まれている事業所もあります。

時短勤務の準備は妊娠前に済ませましょう!

時短勤務も実績がある企業に転職するなら、妊娠前というのがポイントになります。妊娠後や出産後の育児が大変な時に仕事を続けながら転職活動するのは妊娠前に比べれば負担感は多いことは否めません。
企業研究は入念にする必要がありますが、転職の面接の際にあまり育児休暇や時短勤務の話ばかり突っ込んで聞くと「この人はうちをなんだと思っているんだろう?」と思われてしまいます。どんなに福利厚生が充実していて、それが自慢の企業でも、そればかりに関心があるという態度では求人する側にとって魅力的な人物には見えません。是非、仕事のやりがいや自分が好きになれそうな仕事かも考えに入れて転職活動しましょう。
しかし、確実に時短勤務するのなら今の会社で、堂々と子供が3歳未満までは会社に時短勤務を請求してみましょう。法律的には3歳未満の子がいれば勤務時間は6時間以内で残業も基本的に免除しなければならないことになっています。
今までの仕事の延長線上の資格を取るなど日ごろから自分磨きしておいて、企業から是非いて欲しいと言われる人になれば社内で1人目の時短勤務者となることだって夢ではありません。

時短勤務になるだけなら非正規雇用に転職すればよい

エステティシャンや美容師も本来の仕事なら土日などが最も忙しいので、その日を休むためにはパートや契約社員など非正規雇用のポジションになりがちです。資生堂ショックという現象が2015年に話題になりました。時短勤務を認めていた女性に優しい会社で有名だった資生堂が美容部員の時短勤務を認めないという決断をしたからです。時短勤務該当者の増加に組織が悲鳴を上げた形となりました。
安定した正社員が時短勤務をするのはかなりハードルが高いのが現代です。比較的時短勤務が多いお仕事のうち、データ入力やコールセンターなどは、非正規雇用の比率が多い職場です。派遣社員なら、自分の条件とマッチするお仕事を探すことも不可能ではないでしょう。ただし、子供の急な病気・ケガに対応し辛いのがこの働き方の短所でもあります。あまり休みが続くと契約を更新して貰えなかったりしがちです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

時短勤務で他の社員が働いている最中に退社するのは、時短勤務する側も送り出す側も気持ちの良いものではありません。そこを上手にコントロールするのは日ごろのあなたの仕事に対する誠実さがポイントになります。出産後も続けたい仕事なら是非、妊娠前から仕事は積極的に取り組み「いなくては困る人」になっておきましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“WORK & TIME”

時短勤務がしやすい業界

RELATED POST