ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

職業の記事

小学生に聞く!「将来の夢・なりたい職業」の今と昔:r000016000856 | PARAFT [パラフト]

2016.08.13

職業の記事2016.08.13

将来なりたい職業とは?

小学生に聞く!「将来の夢・なりたい職業」の今と昔

keyword: 職業 仕事 小学生 将来の夢 日本

このエントリーをはてなブックマークに追加
子供の将来の夢というのは、親としても大変気になるもの。一方で世相や社会的な背景も反映されるので、それぞれの時代ごとに比較してみると変遷を感じられるポイントでもあります。実際に経済成長期で活気があった昭和の1970年代と不景気と言われる平成の2010年代の子どもでは、将来の夢はどのように移り変わっているのでしょうか。

2016.08.13 文章 / PARAFT編集部

男の子の将来の夢はゲームクリエイターが上位に

まず男の子から見ていくと、ベスト5は以下のようになります。

1970年
1位:エンジニア 
2位:プロ野球選手 
3位:サラリーマン 
4位:パイロット 
5位:電気技師

2015年
1位:スポーツ選手 
2位:研究者 
3位:医師 
4位:ゲームクリエイター 
5位:エンジニア

エンジニアやスポーツ選手の人気はいずれの時代でも高く、また電気技師や研究者など理系の職業を志す男の子も多くいます。一方でサラリーマンの人気が低くなり、ゲームクリエイターという職種が上位にランクインしているのが特徴となっています。1970年代には、まだゲームクリエイターという職業はありませんでしたが、現在では子供の生活にも密接しているものだけに、スポーツ選手と同様にあこがれの対象となっているのでしょう。男の子の中でもスポーツ選手となって世界で活躍していきたい子と、機械いじりやコツコツとした研究など、学問に取り組んでその力を仕事にも活かしていきたい男の子に分かれるのは昔も今も変わらないといえます。野球選手からスポーツ選手と変わっているのも1970年代はプロ野球の巨人が王長島のONコンビを中心に圧倒的な強さを誇っていた時代ですが、今では色々なスポーツに好みが分散しているのでしょう。

※1970年の調査は、朝日新聞の1970年紙面の『現代っ子の「なりたい職業」は・・』、2015年の調査はクラレ 小学6年生の「将来就きたい職業」、親の「将来就かせたい職業」

女の子の夢はより現実的に

女の子の夢をまとめると次のようになります。

1970年
1位:スチュワーデス 
2位:デザイナー 
3位:先生 
4位:看護婦 
5位:タレント

2015年
1位:教員 
2位:医師 
3位:ケーキ屋・パン屋 
4位:看護師 
5位:漫画家

2つの年代ともに入っているものは先生(教員)、看護婦(看護師)となっています。誰かをお世話をすたり、助けたりする職業に就きたいというのは女の子の世代を超えた願いであることが伺えますが、あこがれの職業の1位であったスチュワーデスが消え、教員や医師、看護師といった国家資格職が上位に来ているのが気になるところでしょう。タレントやデザイナーといった華やかな職業がランク外になり、比較的堅実な夢を見る女の子が増えているのかもしれません。アイドルは昔とくらべて身近な存在になったとも考えられますが、意外と芸能人は別世界の人間と冷静に見定める女の子も多いのでしょう。

現実的になった女の子、大きな夢を持つ男の子

1970年というと高度経済成長期のまっただ中であり、日本が毎年大きく経済成長を遂げていた年です。また21世紀は夢の時代と言われていた頃であり、技術大国の日本には大きな可能性を見ている子どもたちも多かったのでしょう。パイロットやスチュワーデスといった職業はそんな時代の世相を反映しています。一方で、現代では雇用の不安や将来の年金問題、少子化による人口減少など日本は色々な問題に直面しています。女の子が資格職に憧れるようになったのは、女性の自立とともに確実に稼げる職業に就きたいという、早くから現実的な側面を見据えているのかもしれません。その一方で、男の子は先進的な職業であるゲームクリエイターやエンジニアなどの職業に対するあこがれは今の時代でもあり、未知の世界で自分を成長させたい、物を生み出していきたいという男の子らしい大きな夢も持っているようです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

男の子、女の子とも今と昔で共通する点、変わってきた点がそれぞれありましたが、親世代としては子どもたちが伸び伸びと自分の目指す道を進めるように支援すること、そして困ったときに助けの手や、別の選択肢を提示してあげることも重要かもしれませんね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
小学生に聞く!「将来の夢・なりたい職業」の今と昔:r000016000856 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

将来なりたい職業とは?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]