ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

社風の記事

会社選びに重要な概念!転職活動でよく聞く「社風」とは?:r000016000860 | PARAFT [パラフト]

2016.08.14

社風の記事2016.08.14

会社選びに大切な社風とは

会社選びに重要な概念!転職活動でよく聞く「社風」とは?

keyword: 社風 大企業 ベンチャー 転職 人間関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
転職活動をしていく中で、よく出てくる言葉に「社風」というのがあります。「社風が気に入って入社を希望しました」「社風が合わなかったから前の会社を辞めました」など使い方はそれぞれですが、何しろ、自分の好みに合わないとしっくりこないのが「社風」のようです。少しあいまいに感じるけど毎日を過ごす上でとっても重要な「社風」について探ってみましょう。

2016.08.14 文章 / PARAFT編集部

実際に企業の社風を感じられるのはどんな時?

まず国語辞典を引いてみると、社風とは「その会社に特有の気風」とあります。つまり、「会社の持っている雰囲気」とでもいうべきもの。それぞれの企業は意思決定の方法や伝達のしかた、上司と部下の関係性などについて独特の特徴を持っています。社風とは、そうした企業の「目に見えない文化」を総称した言葉だと言えます。

社風を知るには、実際にその企業の人と会ってみるのが1番。転職活動の際、その企業の社風を肌で感じることができるのは、面接の時です。面接官とのやりとりの中で社風について質問してみるのも1つの方法ですが、社風を感じるには、電話での応対から受付での印象、面接するための部屋に通してもらうその瞬間、オフィスで働く人たちの表情など、さまざまなところで感じることができます。また、企業のホームページを見ても、古くからある伝統的な社風なのか、若い人が多く自由な雰囲気の会社なのかなど、その雰囲気は伝わってきます。

実はとても重要になってくる社風との相性

「社風」というとなんとなくふんわりとした、曖昧な印象を受けますが、実は転職活動においてとても重要なポイントになってきます。なぜなら、その社風が自分の好みや性格にあうかあわないかによって、職場での人間関係や働きやすさに大きな差が生まれてしまうからです。

例えば、転職を希望する会社が冗談のひとことも言えないようなお堅い雰囲気である、残業するのが美徳だととらえられている、というような会社と、逆に入社年次に関係なく意見を言いやすいとか、若い人でもどんどん抜擢してもらえる風土の会社とでは入社してからの仕事のスタイルが全く違います。

このように、転職先企業の「社風」が自分にあっているかどうかを見極めることは、すごく重要なこと。入社後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、その企業の「社風」を五感で感じてほしいと思います。

人の評判は関係なし。自分にマッチした社風を探して

一般的に良い社風、悪い社風というものがあるのではなく、自分自身がその会社の社風にあうかあわないかをしっかり見極める力が大切になってきます。例えば、上司の指導が厳しく、きつそうな社風だと言われている会社があるとします。しかし、きちんと指導してもらい、いち早く成長したいと思っている人には、そうした社風は利点となります。自分の資質や性格、雰囲気にマッチした社風かどうかを考えるのは、ちょうど異性とつきあうかどうかを考える思考回路に似ています。お互いの価値観が合う、フィーリングが合うなど、とても感覚的なものなのですが、自分にとって居心地が良いか悪いかという本能的なアンテナを全開にして、社風を感じることが重要です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

自分にはちょっと敷居が高いかも…そんな思いを抱きながらも、大企業や有名ベンチャー企業から内定をもらったら、無理をしてでも入社しようと思うかもしれません。でも少しずつ無理をして毎日を過ごすのは、相当なストレスとなって返ってきます。転職活動においては、自分と相性の良い社風の企業と相思相愛になれるとベストですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
会社選びに重要な概念!転職活動でよく聞く「社風」とは?:r000016000860 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

会社選びに大切な社風とは

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]