採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

08.19

fri
WORK & TIME
KEY
WORD

時短勤務の記事

2016.08.19

時短勤務の記事2016.08.19

時短勤務はチームで成功させる

時短勤務ワーカーの1日から見えてくるメリットと成功のコツは?

keyword: 時短勤務 転職 求人 子育て 働くママ

このエントリーをはてなブックマークに追加
近ごろ増えてきたのは、フレックスタイム制や時短勤務等の働く時間を柔軟にする制度の数々。求人などを見ていると「時短勤務対応できます!」という文言が書いてある会社も増えてきましたね。今回は、時短勤務制度を活用するママワーカーの1日の様子と働き方について紹介します。

2016.08.19文章 / PARAFT編集部

時短勤務ワーカーはどんな働き方?

働く時間を柔軟にしてくれる制度は時短勤務の他にも、フレックスタイム制、短時間勤務の制度化、就業時間の繰り上げと繰り下げ、託児施設などの便宜の供与、時間外勤務の撤廃などがあります。特に時短勤務は、企業側に制度の運用が義務づけられているので、会社に務めるすべての人が利用できる制度です。

通常の勤務時間で働く人が【仕事:家庭=7:3】なら、時短勤務ワーカーの中には【仕事:家庭=5:5】程度になるという人も。公私を両立させている人が多いようです。

特に子育て中の人にとっては、時間を柔軟に使えることはメリットが大きい物。子どもが急に熱を出したなどと保育園から連絡があったら仕事を切り上げて迎えに行かなければなりません。時短勤務ワーカーでありながらきっちり業務をこなす働くパパ・ママが増えてきています。

時短勤務ワーカーの1日を覗いてみよう!

時短勤務ワーカーの多くは働くママです。実際に時短で働く知人は、彼女たちの朝はとても早く始まります。朝起きてまず朝食を用意し、ご主人に持たせるお弁当を作ります。それから家族を送り出し、子供を保育園に連れて行き、息をつく暇もないまま職場へ向かいます。時短勤務ワーカーは出勤時間が通常の社員よりも1時間程度遅いのが一般的だそう。

出勤するとほかの社員と同じように日常業務をこなします。時短勤務ワーカーの定時は社内の就業規則よりも1時間早く退社します。たくさんの業務に追われながらも何とか1時間早く切り上げ、すぐさま保育園へ子供のお迎えに向かいます。

その帰りに夕食の買い物のためにスーパーに行き、帰宅してすぐに夕食の準備に取り掛かります。続々と帰ってくる家族と一緒に夕食をとり、子供を寝かしつけて家事を片付けます。

これでようやく働くママの1日は終わりを迎えるのです。とってもハードですね。

メリットを享受するためには、周囲への感謝が欠かせない

時短勤務のメリットは何と言っても、仕事以外に割く時間を有効活用できること。働いているとどうしても家庭や育児がおろそかになってしまい、それを後悔しているお母さんも少なくはありません。そうならないためにも、子どもが小さい間はなるべく子どもと関わって生活したいと願う人も多いのではないでしょうか。そういった人にとって、短勤務制度は非常に有用な制度なのです。

このとき、短勤務を円滑に進めるために欠かせないのが上司や同僚との関係性です。周囲から育児や時短勤務に対する理解が得られないと非常に使いにくい制度になってしまいます。普段から職場の人間関係を良好に保ち、時短勤務で穴を開けてしまう際にはきちんと感謝の気持ちを伝えながら接することが非常に大切です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

時短勤務制度は子どもが3歳になるまでの期間のみ有効な制度です。自分の職場がどのような制度を整えているのか確認してみましょう。また、転職する際にはそういった制度がきちんと整備されているかどうか確認するのも良いでしょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“WORK & TIME”

時短勤務はチームで成功させる

RELATED POST