採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

08.20

sat
WORK & TIME
KEY
WORD

時短勤務の記事

2016.08.20

時短勤務の記事2016.08.20

家族とつくるキャリアのあり方

時短勤務を希望する男性が増えている?その理由とは

keyword: 時短勤務 子育て 趣味 ワークライフバランス 副業

このエントリーをはてなブックマークに追加
「改正育児休業法・介護休業法」に制定されている時短勤務制度は、女性だけでなく男女問わず利用できるもの。近年、男性の育児参加も進み、男性が時短勤務を利用するケースが増加傾向にあります。また、企業独自で時短勤務制度を導入するところも増え、育児や介護以外の理由でも男性が時短勤務を選択することも。男性と時短勤務の現状を調査します。

2016.08.20文章 / PARAFT編集部

時短勤務制度についておさらいしてみよう

時短勤務制度には、改正育児休業法・介護休業法で制定されている時短勤務制度と、企業が独自に導入している時短勤務制度があります。法定時短勤務制度を利用する場合、以下の要件に該当する必要があります。

・3歳までの子どもを子育て中の男女会社員
・1日6時間以上勤務

これらに該当する社員は、1日6時間の短縮勤務が可能になります。ただし、就業規則に関する規定がないので、ほとんどの会社では給与が減額になります。

企業が独自に導入する時短勤務制度は、企業の子育てや社員のワークライフバランスに対する考え方によってさまざまです。また、職種にもよりますが時短勤務以外にもフレックス勤務や早朝勤務などを導入し、社員のライフスタイルに合わせた勤務が可能なところもあります。

これからは「夫婦で時短」がお得かも?

男性の育児参加が促進されてきた中、保育園や幼稚園の送り迎えにお父さんが来る姿をよく見かけるようになりました。父母共に利用できる時短勤務制度は、時代の流れに合った制度ともいえます。

実はこの制度、男女共に利用できるという点をうまく利用すれば、大きなメリットがあります。大和総研制度調査部が調査したレポートに、同じ世帯年収の夫婦を比較した場合、夫週50時間勤務&妻専業主婦の夫婦と、夫婦ともに週30時間勤務の夫婦では、後者の方が所得税や住民税が少なくなる分、手取り収入が多くなるという結果が紹介されています。

育児を中心にプライベートを充実させることも可能に

夫婦で時短勤務制度を利用すると、長い目で見て有利であるといえます。男性側も一馬力でがむしゃらに働くよりも、子育てや趣味、副業も楽しみながらプライベートを充実させたいと考える人が多くなっています。夫婦で時短勤務を利用すれば、夫婦で仕事も、子育ても、趣味も楽しむことがワークライフバランスの実現につながると考えられます。

法定の時短勤務制度は子どもが3歳になるまでの利用しかできませんが、企業により「小学校入学まで」「10歳までOK」など利用の幅を広げているところも増えてきました。産休や育休とともに、その後のキャリアのあり方を家族と一緒に検討してみてくださいね。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

男性の時短勤務希望には、自分の趣味の時間の充実を希望する人は少なくないはず。でもそれ以外に、夫婦そろってのワークライフバランスの実現や、妻の今後のワークライフを視野に入れて希望する人、妻が専業主婦になるよりお得という考え方から希望している人も少なくないでしょう。早く帰ってくるお父さんを笑顔で迎えるお子さんたちがたくさん増えるといいですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“WORK & TIME”

家族とつくるキャリアのあり方

RELATED POST