clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

08.21

sun
WORK & LOCATION
KEY
WORD

地方公務員の記事

2016.08.21

地方公務員の記事2016.08.21

先行きの見通しが建てやすい?

民間企業から地方公務員への転職、そのメリットとは?

keyword: 地方公務員 地方 公務員 地域 転職

このエントリーをはてなブックマークに追加
地方公務員のイメージとして多くの人が抱いているのは「安定」だと思います。不景気が続く現代を象徴するように、不安定な民間企業よりも安定した地方公務員の人気が異常なほどに高まっています。民間企業で働くことに不安を感じ、地方公務員へ転職を希望する人も珍しくありません。今回はそんな地方公務員になることのメリットについてご紹介します。

2016.08.21文章 / PARAFT編集部

収入の安定によりライフプランが立てやすい

公務員のメリットとしてまず挙げられるのが安定した収入です。その収入が多いか少ないかに関しては人それぞれ感じ方が違うと思いますが、生活に困るほど収入が少ないということはないでしょう。毎月一定額の収入が保障されますし、民間企業のボーナスに相当する期末・勤勉手当もそれなりの金額が支給されることになります。景気に左右されて倒産するというリスクも考え難く、余程のことがない限りクビになることもありません。

地方公務員の場合は所属の自治体で働くことになるので、県外への転勤も基本的にはないでしょう。決まった地域で安定した収入を将来的にも保障されていることから、ライフプランが非常に立てやすいのも特徴です。遠方への転勤がなく、収入も安定してローンも組みやすいことから、マイホームの購入などへも積極的に動くことができるでしょう。

競争原理がないのでノルマもない

公務員には競争原理がほとんど存在せず、民間企業と違いノルマがないのも特徴です。目標は存在しますが民間企業のノルマとは全く違うもので、ストレスの度合いは雲泥の差でしょう。

民間の企業ではストレスが原因による精神疾患を患ったり、ノルマを達成できないことが多いと半強制的に退職へ追い込まれてしまうようなケースも決して珍しいことではありません。そのような劣悪な労働環境と比べると、非常に少ないストレスで毎日を過ごすことが可能です。

首都圏から離れた地方で公務員として働けば、のんびりとマイペースな私生活を送ることもでき、精神的にも非常に安定した人生にすることが可能でしょう。競争原理が少ないことから比較的穏やかな人間性の人が多く、職場の人間関係での悩みも少ないと考えられます。

福利厚生の充実で女性には最適な環境

公務員といえば福利厚生の充実も大きな特徴です。通常の休暇はしっかり取れますし、出産や育児休暇も取得しやすいので女性には非常に働きやすい環境だと言えるでしょう。配属先もたくさんあるので、出産後の復職も体調などを考慮して配属されます。

民間企業と違い税金という安定した収入源があるので、余裕のある人材雇用が可能となっています。民間企業の場合、女性でもなかなか満足に取得できないこともある育児休暇ですが、公務員の場合男性でも育児休暇を堂々と取得することもできるので、その待遇の差は計り知れません。

安定を求める人にとって福利厚生とは非常に重要な要素ですので、やはり安定志向の人ほど公務員を目指す傾向にあるというのは間違いないでしょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

地方公務員には様々なメリットがありますが、それだけに公務員になるのは狭き門でもあります。多くの人が公務員になりたいと希望していますし、公務員試験は受験料が無料ということもあり倍率は非常に高くなる傾向にあります。しかし、ダメ元で受験する人が多いのも事実なので、地方公務員に転職したいという強い意志がある人であれば試験の突破はそれほど難しいことではないかもしれません。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“WORK & LOCATION”

先行きの見通しが建てやすい?

RELATED POST