clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

08.22

mon
WORK & LOCATION
KEY
WORD

地域の記事

2016.08.22

地域の記事2016.08.22

これからの地方創生を担う

日本の地方に眠る力を掘り起こす「地域デザイン」とは?

keyword: 地域 デザイン 地方 地方創生 仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加
今、「地域デザイン」という、住民や行政とともに街づくりを進める仕事が注目を集めています。そこに住む人々が、自分たちが住む地域の問題に向き合い、自分たち自身で問題解決をしていく仕組みを作ることです。ここではそんな「地域デザイン」という仕事について具体的に解説していきます。

2016.08.22文章 / PARAFT編集部

地域デザインとは「まちのパワーをコーディネート」すること

地方の過疎化が問題になって久しいですが、政府は地方の人口減を食い止め、特に若い世代に地方で活躍してもらえるよう、「地方創生」として都市から地方へ人の流れを作っていこうとしています。

でも、地方に住むならそれなりの魅力がないと人は動きません。政府は「地方創生3本の矢」として、

・新しい交付金や税金などでお金の支援
・地域で必要とする人材を送る人的支援
・地域の特徴が詰まったデータを提供する情報の支援

を検討しています。

でも、これだけで地方は活性化できませんし、魅力あるまちづくりはむずかしいです。地域の主体はあくまで「そのまちに住む人々」です。住民と行政、そしてそのまちの民間団体やボランティア、企業も一緒になって魅力あるまちづくりを進めていく必要があります。

「地域デザイン」はこのような、まちのあらゆるパワーをコーディネートすることといえます。

地域デザインによりまちのニーズにきめ細かに対応できる

地域の課題は、地域によってそれぞれです。保育所の待機児童の問題を例にすると、都市部では待機が多く、とにかく保育所を増やしてほしいというニーズが中心になりますが、地方の待機児童はさほど多くなく、幼稚園を認定こども園に変更したり、預かり保育の実施で解決する問題かもしれません。さらに過疎地域では公立保育所でも定員割れで、それよりもママたちの働く場が必要とされるところもあります。

このように、ひとつの問題をとっても必要な解決策は地域により全然違います。自分たちのまち自身の問題解決に必要な仕組みを「地域デザイン」により作り上げていくことで、より住みやすいまちになり魅力あるまちを作っていくことができるでしょう。

地域デザインって具体的にどんな仕事?

では、地域デザインの仕事の実際はどのようなものでしょうか。まちの住民、行政、民間団体とともに地域づくりやビジョンづくりをするコーディネーターやコンサルタントの仕事がこれにあたります。実際、行政からの依頼などでまちづくりのコンサルティングを行っている会社も出てきています。

具体的には地元の人や行政担当者との人脈を築き、それらの会合に顔を出すこと、ニーズ調査や情報収集、データ分析を行い、言葉だけでは出てこないニーズを掘り起こしたりなどをします。そして、必要に応じて外部から人材を呼び込むことを検討したり、住民の中からニーズを充足できるようなNPOなどを組織することを手伝ったりといったこともします。こうした、まちの情報発信も重要な仕事です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

地域デザインの仕事は、まちのあらゆるパワーを結集させ、魅力あるまちをつくりだす、やりがいたっぷりの仕事です。目指したい方はコンサルティング会社の求人を探すのもありですが、「地域おこし協力隊」でも地域デザインに近い仕事を担うこともあります。ぜひ、魅力あるまちづくりを目指してください。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“WORK & LOCATION”

これからの地方創生を担う

RELATED POST