ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

パラレルキャリアの記事

「二枚目の名刺 夏フェス2016」に行ってきました!:r000016000935 | PARAFT [パラフト]

2016.08.08

パラレルキャリアの記事2016.08.08

自分の枠を超える出会い

「二枚目の名刺 夏フェス2016」に行ってきました!

keyword: パラレルキャリア 副業 イベント 会社員 NPO

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本各地でさまざまなアツい”フェス”が開かれた先週7日、PARAFT編集部はNPO法人二枚目の名刺主催の『二枚目の名刺・夏フェス2016』に行ってきました! 先月開催の「複業LIVE」でも、パラレルキャリアが秘める可能性をお話いただいたばかり。あのワクワクをそのままに2週間に渡り開催されてきた「夏フェス」、そのフィナーレを飾る最終日の模様をお伝えします!

2016.08.08 文章 / 味志佳那子

「二枚目な社会人」には「2枚目の名刺」が似合う

”社会を見渡すことができ、1枚目と2枚目を行き来しながら、新しい社会を作っていく二枚目な社会人を増やす”(「二枚目の名刺」webサイトより)

2009年に設立された「二枚目の名刺」は、企業や行政などと戦略的に連携しユニークなプロジェクトをたくさん生み出す、今大注目のNPO法人です。3年前にスタートした「夏フェス」は年々規模を拡大し、今年は約300名を集めて2週間に渡り開催されるまでに! まずは、イベントの詳細内容から見ていきましょう。

▼ イベント情報
「二枚目の名刺・夏フェス2016」

【基調講演】
廣瀬俊朗氏 (元ラグビー日本代表主将/東芝)

【登壇者 一部紹介(1枚目の名刺/2枚目の名刺)】
長田逸平 氏(コンサルタント/スポーツチーム支援)
畠田那穂氏(体験ギフト企画・営業/各国のランチを通じた国際理解)
萩尾勇太氏(メディア/マジシャン)
市川裕之氏(公務員/音楽活動)

有馬 嘉男 氏 (NHKキャスター)
志水 静香 氏 (ギャップジャパン株式会社 人事部シニアディレクター)
中野 円佳 氏 (『「育休世代」のジレンマ』著者、女性活用ジャーナリスト/研究者)
廣 優樹 (NPO法人二枚目の名刺 代表)ほか

【登壇7団体】
NPO法人 アスデッサン
NPO法人 鴻鵠塾
NPO法人 バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター
NPO法人 ポレポレ
NPO法人 Class for Everyone
NPO法人 ReBit
パラスポ支援プロジェクト

全員参加型!工夫いっぱいの会場内をご紹介!

盛りだくさんの内容をお伝えする前に! まずは、工夫が凝らされた会場の様子からご紹介します。

▽ 世代を「超える」幅広い年齢層が参加!

大ホール内を見渡すと、参加者の方々は20代から60代くらいの方までと幅広く、まさしく今年のイベントテーマ「超える」を体現した雰囲気。皆さん、前方のスクリーンを熱心に見つめ、時折笑いがおきながら和やかに進んでいきます。

▽ 家族連れも安心!「キッズスペース」を併設

また、会場内には小さなお子さんを連れた方々も! 家族連れにも優しい「こどもひろば」と書かれたキッズスペースでは、イベントを満喫したい来場者のために一時的に預かってくれるというサービスも。

▽ 講演内容をリアルタイムで文字に起こす「同時字幕」

メインステージのスクリーン横には、なにやら青い画面が。これは「同時字幕」と言われる、講演内容をリアルタイムで文字に起こしてくれるもので、聴覚障害者の方だけでなく、私たちのようなメディアにもメリットのある技術です。聞き逃してしまうことも多い”生”の時間を、会場全体で楽しむためのこういった工夫があるのはうれしいですよね。

これらの他にも、各参加者がニックネームなどを記入し首から下げる名札、登壇するNPO団体への応援メッセージを貼るポスターが用意されるなど、”参加者と一緒に創る”イベントであることが随所で感じられました。

ラグビー選手の「二枚目の名刺」とは? 当日の様子は近日公開!

当日は、元ラグビー日本代表主将・廣瀬俊朗さんの基調講演からスタート!

「パラレルキャリアのイベントに、ラグビー選手!?」と驚いたのも束の間、講演活動や選手会の立ち上げ、執筆業にウィールチェアラグビー(車椅子ラグビー)の振興サポートなど……廣瀬さんの多岐にわたる活動を知り”なるほど”と納得。そんな彼が二枚目、三枚目の名刺を持つ理由は、ただ一つ「ラグビーを盛り上げるため」なのだそう。昨年のラグビーW杯の裏話や映像を交えて進むお話に、会場全体がジーンとなる場面もありました。

チーム論やリーダーシップについて、自身のこれからのキャリアについてなど様々なお話がありましたが、その様子は近日公開予定の【講演内容・前後編】で。乞うご期待ください!

WRITER

編集者・ライター

味志佳那子

日本の、世界の社会問題に取り組むNPO団体のサポート、そして働き方の慣習に変革を起こそうとする「二枚目の名刺」の動きは、ますます活発になっていきそうです。組織に属する個人ではなく、個人が主体となるキャリア形成の流れが、より進んでいくと良いですよね。イベントの詳細内容は、近日公開予定! お見逃しなく!

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
「二枚目の名刺 夏フェス2016」に行ってきました!:r000016000935 | PARAFT [パラフト]

EVENTS

自分の枠を超える出会い

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]