clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

09.05

mon
CAREER
KEY
WORD

エンジニアの記事

2016.09.05

PARAFT KEYWORD

エンジニアの記事2016.09.05

使い分けできていますか?

アナタの使い方は間違っているかも!「SIとSE」の違いとは?

keyword: エンジニア SI SE web 大企業

このエントリーをはてなブックマークに追加
システム開発に携わるSIとSE、この2つを混同させていませんか? 実は、一方がサービス名でもう一方が職種名なのですが、SEがSIの事業に参画することでSIがサービスとして実現するのです。また、SIは大企業でなければ提供できない総合的なITサービスですが、SEは所属する企業が必ずしも大企業とは限りません。今回は、SIとSEの違いをみていきましょう。

2016.09.05文章 / PARAFT編集部

「SI」はサービス名称だって知っていますか?

SI(システムインテグレーション)とは情報システムの企画から設計、構築、更にはその保守、運用まで一貫して行うサービスのこと。これらを行う企業はSI企業またはSIer(システムインテグレータ)と呼ばれています。

経済産業省は特に情報戦略上重要な役割を果たすSIerを指定していましたが、平成23年にこの制度は廃止されています。しかし登録されていた企業はいずれも一定以上の規模の大企業で、そうでなければ情報システムを企画段階から保守運用まで一貫して担う事は難しいのが現実です。

SIerの中には、ベンダー企業と呼ばれるコンピュータの生産を担う企業もあります。その他に、もともとは保守運用が主体サービスだった企業や、コンサルティング企業などサービス業からSI企業となった企業もあります。

職種名「SE」ってどんなお仕事?

SEと一言でいっても、業務SEや運用SEなど幅広い職務内容なのがSEという職種の特徴です。システムエンジニアの略なので当然コンピュータシステムに精通する必要がありますが、特にSEに求められる資質は「コミュニケーション能力」です。

SIに参画する場合、SIサービスを導入する企業の多くはよく知られた大企業です。そのためシステムも大規模になり、1人1人のSEが担当するのはシステム全体の一部分になります。SEはプログラマなどの管理のためのコミュニケーションに加えて、システム全体の中で自分の担当のシステムを進捗に遅れがないように遂行する必要があります。そのために小規模な開発以上にコミュニケーション能力が必要とされるのです。

SIとSEの仕事の関係は切っても切れません!

このように、SIサービスを提供するにあたって、SEの存在はなくてはならないものです。またSEにとっても、大きなシステムの構築や保守運用に関わることは、自分自身の成長に必要な事です。

しかし最近では、SEの慢性的な不足がSIの提供やその進捗に影響するように。特に不足しているのがWEB関連の開発に携わるSEです。WEB関連のシステムは特にトレンドが目まぐるしく変わる上、多くの企業はWEB系の開発を通してIoT(インターネット to モノ)を自社の経営戦略の柱に位置付けたいと考えているからです。今までの業務知識だけでなく、多くの家庭機器と自社のサービスをどうインターネットを通じて繋げ、サービスなどに役立て行くかが課題になっています。こうした課題にも企画段階から参画するSIサービスは答えを用意しなければなりませんが、WEB系SEの知識なしにはSIサービスの企画も成り立たないのが最近の傾向です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

SIのプロジェクトに参画することでSEは大きく成長できます。しかし、それのみに満足しないで新しい技術分野を貪欲に吸収し続けることで更なる成長をすればそのスキルや知識は転職にとても有利な武器になります。例え今は最先端の技術分野の担当でなくても自分でコツコツと最新の技術分野を習得することが、SEにとっては最重要課題と言って良いでしょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“CAREER”

使い分けできていますか?

RELATED POST