採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

09.04

sun
WORK & TIME
KEY
WORD

週末起業の記事

2016.09.04

週末起業の記事2016.09.04

いきなりの起業は…

副業と違う「週末起業」という働き方!

keyword: 週末起業 パラレルワーク 企業 複業 個人事業主

このエントリーをはてなブックマークに追加
起業したいけど、いきなり起業するのはリスクが高い……という人は、週末起業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。週末起業ってよく聞くけど一体どういうこと? 何をすればいい? メリットやデメリットは? などたくさんの疑問があると思います。これらの疑問を踏まえて、今回は週末起業について紹介していきます。

2016.09.04文章 / PARAFT編集部

副業とは違う? 「週末起業」って何?

出典:StockSnap.io

週末起業は読んで字のごとく「週末に起業すること」です。ここでのポイントは、週末起業は副業ではないということです。副業は小遣いを稼ぐためのアルバイトという印象ですが、週末起業は実際に自分が個人事業主もしくは代表取締役となって「起業」することなのです。副業というよりも「複業」といった方が正しいかもしれませんね。近年では、様々な働き方が見られるようになり、自分らしい働き方を追求する方が多くなっています。週末起業のように複数の仕事を掛け持つパラレルワークもその一形態と言えます。

平日は会社勤務でサラリーマンとして働き、週末は自分のやりたいことを事業化して思いっきりやってみたいという人は増えているというわけです。

週末起業にはどんなメリットがある?

出典:StockSnap.io

週末起業のメリットは2つあります。

まず、本業での収入に加えて週末起業の事業で行った収入が入ってくるということです。当たり前ですが事業化して働いた分はきちんと利益として入ってきます。このように収入源が増えることで、家計にも少し余裕が出てさらに事業へ資金を回せることになります。本業を勤め続けることで安心感もあります。

次に、独立への大きな1歩になるということです。週末起業をしてみようという人は、たいてい将来に独立することを見据えています。いきなり独立することを考えると、リスクばかりが頭によぎり、なかなか行動に移すことが難しいですが、週末起業で実績を重ねていくことで独立に必要な資金や人脈、自分のモチベーションなどさまざまな要素が確立していきます。その積み重ねで、いざという時にスムーズに独立へと移行できるようになります。

週末起業に考えられるデメリット

出典:StockSnap.io

週末起業に対するデメリットもあります。

まず、自由な時間の確保が難しくなります。平日はサラリーマンとして働き、週末は事業主として働くことで余暇などにあてる時間はどんどん削られていきます。息抜きができないことでストレス過剰となったり、週末事業の繁忙により本業へしわ寄せがいったりすることがあります。適度に休みをとり、自分と向き合う時間を作ることは後々の成功のために必要なことです。モチベーションコントロールはしっかりしましょう。

次に、信用性に欠けることです。取引先は、週末しか事業を行わないということにリスクを感じます。納期や平日の連絡など、でき得る限り臨機応変に対応することが信用構築には欠かせません。事業を継続していく上で、創意工夫をしていきたいところですね。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

自分で成し遂げたいことがあるなら”行動あるのみ”です。頭の中で思い描くだけでは何も変わりません。本業の勤め先が副業を禁止していれば難しいですが、まずは勇気を持って一歩踏み出してみませんか?

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“WORK & TIME”

いきなりの起業は…

RELATED POST