ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
『「がんばれ! 」でがんばれない人のための“意外

出典:PARAFT

マネジメントの記事

『「がんばれ! 」でがんばれない人のための“意外

2016.10.12

マネジメントの記事2016.10.12

今ドキの新人に効く意外な言葉

『「がんばれ! 」でがんばれない人のための“意外"な名言集』

keyword: マネジメント 部下 上司 パワハラ チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
部下を鼓舞しようにも、少し厳しく言うだけで「パワハラ」と訴えられかねない現代。しかし、それは今のビジネスパーソンに根性が足りないのではなく、時代の移り変わりとともに、部下が上司に求める言葉の種類が変化しているだけかもしれません。『「がんばれ!」でがんばれない人のための“意外”な名言集』(大山くまお/ワニブックス)から、現代人の心にも響く、元気が出る言葉を紹介します。

2016.10.12 文章 / 平原学

「仕事が面白くない」と不満を漏らす部下への一言

出典:Pixabay

近年、せっかく苦労して就活戦線から勝ち上がってきたのに、すぐ会社を辞めてしまう新社会人は少なくありません。面接の際には「こんな仕事をしたい、こんなヴィジョンがある」とキラキラした目で語っていたのに、いざ入社すれば「思っていた仕事と違った」と落胆してしまうのが、辞めてしまう原因の一つだとか。

まだ経験も浅いうちからすぐやりたい仕事を任せられるわけないだろう、と呆れる上司の方も多いでしょう。だからといって、「つべこべ言わず、まず任された仕事をこなせ」と言えば、落胆した新人に、さらに追い打ちをかける事態にもなりかねません。そんなときに効くのが次の言葉です。

“仕事が面白い「ふり」をすると、それだけで仕事が本当に面白くなるから妙だ。”

これは、自己啓発本の著者としてアメリカで有名な、デール・カーネギーの言葉。カーネギー・ホールを建てた鉄鋼王とは別人です。組織に属する以上、望まない仕事だって時には任されます。それを「押しつけられた」と思って嫌な顔をするのではなく、フリでもいいから楽しむつもりでやってみること。そうすると、意外な能力が発揮できることもあるのが組織のいいところ。

無理にやらせるのではなく、「やってみたら意外と楽しいかもよ?」と調子づかせることも、ときには大切です。

そんな大きな仕事はできない、と臆病になる部下への一言

出典:Pexels

小さな仕事もコツコツこなす部下を見ながら、そろそろかなと思って少し責任を伴う仕事を任せると、急に青ざめてしまった。そんな経験を持つ方はいませんか? 昔に比べると、出世を望む若者が減ってきているデータが発表された実状のようです。

すぐに「無理です」と返す部下に「この臆病者が!」と叱咤しても、「どうせ臆病ですよ……」とふて腐らせてしまうだけでしょう。そこで有効なのがこの言葉。

“他人から「できますか?」と聞かれたら、とりあえず「できます」と答えちゃうんだよ。その後で頭が痛くなるまで考え抜けば大抵のことはできてしまうものなんだ。”

こちらは『ゴジラ』や『ウルトラマン』を生んだ特撮監督・円谷英二氏によるもの。それまで誰も作ったことのなかった大作を生みだした彼だからこその言葉です。「これは円谷監督の言葉だよ」ということも含めて伝えれば、特撮ファンの部下の心には、いっそう深く刺さることでしょう。

責任の有無だけではなく、前任者がいない仕事を依頼するときにも有効です。「マニュアルは?テンプレートはありませんか?」と聞く部下には、「そんなものはない!」と怒鳴るのではなく、「それが作れなくて我々も困っているから、君の柔軟な発想を頼りにしているよ」と期待を込めつつ任せてあげましょう。

仕事をミスしてしまった……なかなか立ち直れないでいる部下への一言

出典:Pixabay

どんな仕事にもミスはつきものですが、会社に入って初めてのミスとなると、必要以上の責任を感じてしまう若手社員は多くいるようです。また会社側も、同じミスを繰り返さないように始末書を書かせたり、新しいルールを設けたりと、コンプライアンス(法令遵守)を大事にするあまり、過剰な責任を社員に負わせてしまうケースもあります。

「まあ気にするな」という安易な慰めは、とても通用しません。そんなときに言ってあげたいのが次のセリフ。

“未来が過去を決める、「これから」が「これまで」を決めるのです。”

理論物理学者・佐治晴夫さんの言葉です。過去は変えようがなく、ミスをなかったことにはできません。ただ、未来の行動次第で、それまでの自身のありようは変えられます。真摯にミスと向き合い、次の仕事での成功が生まれるなら、ミスはただのミスではなく、成功の種となりえます。それにより、社内での評価もグンと上がることでしょう。

そもそも始末書やルールの新設だって、新しい成功につなげるためのものであるはず。ただの責任の追及になり、ミスした社員たちを苦しめるだけなら、やり方を変えるべきでしょう。会社運営の未来だって、過去に起きた事柄によって決められていることを忘れずに。

WRITER

コラムニスト、ライター

平原学

「今の若者は、まったくなっていない」。たびたび、そんな批判を耳にします。「なっていない」のではなく、価値観そのものが変わっているだけであることに早く気づきましょう。罵るばかりでは一向に歩み寄れません。ただ、価値観は変われど、偉大な先人たちが残した言葉は、いつの時代も人の心を打ちます。あなたの部下を動かす言葉も、必ず本書にあるはず。ぜひ探し出してみては。

■収益金について
本のある生活はあなたの人生を豊かにします。パラフトは、あなたの行動により生まれた収益金のすべてを寄付し、次世代を担う子どもたちの人生をより豊かなものにします。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
『「がんばれ! 」でがんばれない人のための“意外

BOOKS

今ドキの新人に効く意外な言葉

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]