clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

09.05

mon
RULES

コンプライアンスの記事

2016.09.05

コンプライアンスの記事2016.09.05

本当の意味知ってる

どの企業も大切にしたい「コンプライアンス」の言葉の意味と事例

keyword: コンプライアンス 企業 大企業 会社 法律

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、やたらと耳にする「コンプライアンス」という言葉。でも皆さん、その意味を正確に理解していますか?「”法律に従っています”という立場表明でしょ?」という回答は正しいようで、正しくありません。コンプライアンスという概念が日本に導入され始めたのは2000年代に入ってから。まだ新しい「コンプライアンス」のこと、この機会に知っておきましょう!

2016.09.05文章 / PARAFT編集部

日本にコンプライアンスの発想が持ち込まれた経緯

官主導で行われてきた事業に民間の競争を持ち込んで、市場を活性化させようとしたのが、2000年以降のことです。競争を持ち込むことで、経済成長を図るのが狙いでした。そのために規制緩和が叫ばれ続けたのです。しかし、規制を緩和して民間企業が競争のためだけに自由に経済活動を行うことへの配慮から、企業に自己責任体制の確立と情報公開を求めたのです。法令をもってそれを定めたのが、「公益通報者保護法」、「改正独占禁止法」、「会社法」などです。大会社はコンプライアンスを含む内部統制システムを構築しなければならず、しかも、作っただけでは不十分で、内部統制システムが役割を果たせなかったときには、そのシステムがなかったとみなされるほどの責任を課したのです。このように、コンプライアンスと言った場合には、法令順守という狭い意味合いがあります。法律さえ守っていれば、企業の責任は問われないというものです。

コンプライアンスという言葉の持つ意味

コンプライアンスを法令順守と捉えると、法の順守だけが重要であり、法を守らなかった企業は取引先や顧客からの信用を失います。その結果として売り上げが減少するという、社会的責任を負うのです。しかし、このままでは社会的に問題とされるような行為は許されるという理屈になります。かつて、保険業界では、契約者が請求しなければ支払いの義務は生じないとして保険金の不払いを続けていました。これは契約約款に基づいた法的に正しい行為です。しかし、社会的非難が高まる中で、保険契約残高が減少という結果を受け、保険業界は契約者からの連絡が無くとも保険適用の連絡をするサービスを始めました。社会全体の要請として、法の抜け穴があれば、社会的な規範に基づいて行動をとることが要請されています。このように現在は、単なる法令順守に留まらず、社会的規範にも背かないように営業活動をすることも、コンプライアンスの一環なのです。

企業におけるコンプライアンスの実例

ある企業が50万円以上の物品を購入するに際しては、社内稟議書を必要としていたとします。ところが、社内稟議を得る前に購入してしまったとなると、これはコンプライアンス違反となります。また、100万円以上の支払いをする際には、相見積を取ったうえで発注が義務付けられていたにも関わらず、随意契約をしてしまったとなると、これもコンプライアンス違反です。もっと身近な例を挙げると、会社のコピー機で私的コピーを1枚とっただけでもコンプライアンス違反です。上司の了解なしで行った残業行為もコンプライアンス違反です。ここまでの例に全て共通するのは、会社利益を損なう恐れのある行為です。会社は利益を出すために規則を作っています。その規則に反することも、法定違反同様にコンプライアンス違反となるのです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

些細なことに目くじら立てずとも、と考えられた人は要注意ですよ。今後、企業の社会的責任は益々大きくなり、コンプライアンス違反の結果として倒産という憂き目に遭うかもしれません。SNS等の発展で、一瞬にして情報が全世界に拡散されます。コンプライアンス違反とネットで出た途端に、多くの人の知るところとなり、信用を失います。そうならないよう、意識を変える必要があります。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“RULES”

本当の意味知ってる

RELATED POST