ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

傾聴の記事

悩めるアラサー社員には「傾聴力」で信頼関係を再構築せよ:r000016001009 | PARAFT [パラフト]

2016.09.05

傾聴の記事2016.09.05

居心地の良い職場作りで離職防止

悩めるアラサー社員には「傾聴力」で信頼関係を再構築せよ

keyword: 傾聴 コーチング コミュニケーション アラサ― 信頼構築

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアアップに転職、結婚そして出産……「ここでずっと働いていていいのかな」と、ライフイベント目白押しの20後半~30代の社員はいつも悩んでいます。貴重な人材の流出を防ぐためにも、企業側は「傾聴力」をはじめコーチングスキルを駆使して、彼らの声に耳を傾けてみませんか? 働くことと「傾聴力」、いったいどのような関係があるのかを紹介します。

2016.09.05 文章 / PARAFT編集部

企業は悩めるアラサー社員を引き止められるか

昨今の転職平均年齢は、31.8歳(転職サイト「DODA」調べ)。右も左も分からない新人時代に始まり、駆け抜けた20代が終わりを告げ、後輩の育成やチームのマネジメントの仕事も増えてくるころ、必ずといっていいほど頭を悩ませるのが「自分は、このままでいいんだっけ?」という疑問。自分の望みの業界に就職しているのならまだしも、本当やりたかったことがあるなど、その後の人生について考え始める時期ではないでしょうか。

そんな20代後半〜30代のチームメンバーを持つマネージャーは、イマイチ身の入らない勤務態度に少々もどかしい思いをするかもしれません。しかしこれからは、ビジネスも組織運営も「顧客満足」があってこそ。自分や会社の考えを押し付けたところで、何の解決にもなりません。迷えるアラサー社員ともう一度信頼関係を築き直す「傾聴力」を身につけてみませんか。1人1人のパフォーマンスをより高めるためにも、実践してみる価値はあります。

コーチング発祥の「傾聴」とは?

傾聴は、実はコーチング用語として紹介されたのが始まりです。

コーチングとは、人それぞれがもつ目標を達成させるため、対象者のやる気を引き出し、自ら行動することを促すコミュニケーションスキルのことです。中でも「傾聴」「質問」「承認」の3つのスキルは特に重要とされており、傾聴については「ただ単に音として“聞く”のではなく、相手の話に注意を払い、内容のみならず感情までも理解しようと努めながら、じっくりと“聴く”こと」が求められるとしています。

また、コーチングの核となる考え方は”相手の自発的な行動を促すこと”であることも覚えておきましょう。コーチングはコミュニケーションを通じて答えを教えてあげるスキルのように思われがちですが、根底には「答えは自分の中にある」という考え方をもっています。話を聴くだけではありますが、その後に相手が一歩動き出せるようにするため、適切なタイミングで質問と評価をする必要があるということなのです。

質問を投げかける際にも一工夫を

傾聴力は、相手の意志を引き出すのに効果的なコミュニケーションスキルだとうことが分かりました。だからといって、「何になりたいの」「どんな人生を送ろうと考えているの」と詰め寄るのは逆効果。それがハッキリ分かっていたら、当の本人も苦労しませんからね。

それでは早速日頃の業務について質問を……と、その前に。「パーソナルスペース」を意識して、相手に警戒心を与えないように注意してくださいね。

【パーソナルスペース】
誰もが”縄張り意識”を持つため、70cm~150cmくらいの間を空けるよう心がけるとよい(※1)

次に、クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンを使い分けた質問を投げかけます。

【クローズドクエスチョン】
「はい・いいえ」で回答できる質問のこと。
例)今日の発注業務は終わりましたか?

【オープンクエスチョン】
自由回答、考えてから答える質問のこと。
例)どうしたら発注フローの負担が減らせると思う?

さらに、少しずつ踏み込んだ質問になるときには要注意。「WHY(なぜ)」と詰め寄るような問いかけにするのは逆効果なのです。そんなときには代わりに「どうしたら良いか」を尋ねるようにしましょう。そうすると質問されている側も「今の状況を改善するためにはどうしたらいいんだろう?」と、疑問の矢印を持っていくことができるようになります。

いきなり1〜2時間の面談を設けるのではなく、少しリラックスしたタイミングを見計らって、クローズドクエスチョン→傾聴→質問を織り混ぜるというようにしていくと、心理的距離を少しずつ縮められるのでおすすめです。

組織の未来を担う大切な資産「人財」だからこそ、時間と手間がかかっても大事にしていきたいものですよね。

※1 『平成23年度東京産業保健推進センター調査研究

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

在宅勤務やパラレルワークなど、「働く」ことに多様な価値観が生まれてきた昨今、その分人間関係が希薄になってしまったなんてことはないようにしたいもの。一人一人の満足度を上げることが、ひいては組織の強さにもつながります。これを機に、周囲のメンバーのことを気にかける時間をもってみませんか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
悩めるアラサー社員には「傾聴力」で信頼関係を再構築せよ:r000016001009 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

居心地の良い職場作りで離職防止

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]