clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

09.16

fri
WORK & LOCATION

デュアルライフの記事

2016.09.16

デュアルライフの記事2016.09.16

二地域生活も夢じゃない

地方と都市のいいとこどり「デュアルライフ」が開く新生活

keyword: デュアルライフ 移住 地方 ライフスタイル 通勤

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、都市と地方を行き来するデュアルライフ(二地域居住)が注目されています。都市での生活に疲れている方、田舎への移住を検討してはいるが、躊躇している方は新しい生活スタイルを考えてみてもいいのではないでしょうか。こちらでは、デュアルライフとは何なのか、そのメリットとデメリット、始める前に考えておきたいことを考えてみます。

2016.09.16文章 / PARAFT編集部

デュアルライフってどんな暮らし方?

デュアルライフとは、都市と地方を行き来する暮らし方です。一時の滞在旅行とは違い、何度もその場所へ行き、滞在・生活するライフスタイルです。二地域居住とも呼ばれ、滞在型の市民農園やセカンドハウスもデュアルライフに含まれます。

地方の過疎化が深刻化する一方、国全体としての人口も減っているため、国土交通省では従来の過疎地への定住誘致だけでなく、「二地域居住の推進」に取り組んでいます。地方過疎化に貢献にはなりませんが、海外と国内を行き来しながら生活する暮らし方もデュアルライフと呼ばれます。有名人では、梨花さんが東京とハワイのデュアルライフを楽しんでいます。

これまでの移住とは違い、都市と田舎の両方の生活を体感できるのがメリットです。通常は地方で生活し、仕事のあるときは都市に出てくるというタイプもあります。

デュアルライフのメリットは何?

デュアルライフの良いところは、都市でのメリット(仕事がある、エンターテイメントがある等)を維持しつつ、憧れの田舎暮らしを満喫できることです。都市のデメリットとなる都会の喧騒を回避でき、地方ならではの静かで自然に囲まれた暮らしが出来ることが最大のメリットと言えるでしょう。子どもがいる方でしたら、緑の溢れる環境で子育てをしたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。疲れた時に自然の中に身体を置くと、身も心も休まります。

場所にもよりますが、都市部よりも地方のほうが家賃が安いこと、その土地ならではの新鮮で美味しい野菜や魚などが安価に手に入れられるのも魅力でしょう。都市部では薄れがちな近所づきあいもあり、人との密なコミュニケーションも多いです。

デュアルライフのデメリットは?

デメリットは田舎では限られた仕事しかなく、地域によっては交通機関が乏しいため都市へ行くのに時間がかかることです。せっかくの魅力的な地方暮らしを満喫できても、通勤に時間がかかってストレスになってしまうケースもあるようです。頻繁に都市部へ行く方は、事前にどの程度時間がかかり、ストレスにならないかを気にかけて場所を選ぶ必要があります。インターネットとパソコンさえあれば仕事ができるという働き方なら、通勤の心配を考えずに場所を選べるでしょう。

他のデメリットは家賃や税金がが二重にかかってしまうことと、交通費がかかるということでが挙げられます。子どもがいる場合には、学校をどちらで通わせ、どの程度家族が一緒に時間が過ごせるかというのも懸念点になります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

都会と地方、両方のメリットが満喫してデュアルライフを楽しみたいですね。働き方が会社勤務であれば、都市と地方間のアクセスの良い場所を探したり、自宅勤務の制度を活用したりと考えることが多いのも事実です。逆に自営業であれば、調整してチャレンジできそうですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“WORK & LOCATION”

二地域生活も夢じゃない

RELATED POST