ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
あなたは読んでる?日本の老若男女「読書平均時間」を徹底比較!:r000016001042 | PARAFT [パラフト]

出典:Pixabay

読書の記事

あなたは読んでる?日本の老若男女「読書平均時間」を徹底比較!:r000016001042 | PARAFT [パラフト]

2016.09.16

PARAFT KEYWORD

読書の記事2016.09.16

たまにはwebから離れてみよう

あなたは読んでる?日本の老若男女「読書平均時間」を徹底比較!

keyword: 読書 活字 年収 習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加
小学生のころに先生から言われた言葉がずっと忘れられません。それは「本は心の栄養です」というもの。ページをめくれば、そこは途端に未知の世界。言葉やシーンの一つひとつに引き込まれ無心になる感覚は、他の何にも変えられない心地よさがあります。そこで今回は、昨今の読書事情や読書の魅力を大特集。スマホは横に置いておいて、もう一度本を手にしてみませんか?

2016.09.16 文章 / PARAFT編集部

読書家と収入の関係、そして読書のメリットとは?

出典:Pixabay

ある調査によると、20~30代のビジネスパーソンの読書数は、平均して1か月に0.26冊とか。一方、30代で年収3,000万円を超える人は、1か月で平均9.88冊の本を読むそうです。その差は実に38倍で、この数字を見て本なんか読まないと豪語しているそこのあなた! 少し焦りを覚えませんか?

子供の場合の読書のメリットと言えば、活字に抵抗がなくなる、ボキャブラリーが増える、読解力や理解力があがる、など勉強面での効果がてきめんです。さらにテレビのように映像がないので、字面を見て、行間を見て、場面を思い浮かべなければなりません。そのため、想像力や判断力などの人として必要な資質が自然と身につきます。

こうした利点は一見すると子供だけに該当すると思いがちですが、社会生活でも重要です。例えば会社で「こんな敬語も知らないの? 」とか「ら抜き言葉をまた使っている……」とか、言葉に対する意識が低い人がいますよね。さらに困るのが、取引先や上司に対する配慮が行き届かない人。つまり、物事に対する想像力が著しく欠如している人。そんな人に実際に聞いてみると「本は読まない」という人が多数です。

読書する人は増加の傾向あり! 仕事へはこんな影響も

出典:Pixabay

では実際に、人々がどのくらい読書をしているのか統計を見てみましょう。

文化庁による「国語に関する世論調査」では、1ヶ月に本を1冊も読まない人は、2008年度の46.7%から2013年度には47.5%と横ばいのまま。しかし、3~4冊、5~6冊、7冊以上読む人の割合はいずれも2008年度から2013年度にかけて若干増加しています。これは「読む人」と「読まない人」が二極化していると言えるからでしょう。

また年齢別では、2008年度には16~19歳、60歳代、70歳以上という年齢層で、本を読まない人が多いという結果に。しかし2013年度には、本を読まない人が全体的に広がってしまい「読書しない年齢層」が、全ての年齢層におしなべて存在することになりました。

また日米の大学生が、入学してから卒業までに読むテキストの量を比較したところ、米国の大学生は4年間で400冊を読破。これに対して日本の大学生は、たったの40冊しか本を読まないそうです。本を読んで理解するということは、例えるとスポーツで言う筋力トレーニングのようなもの。基礎的な体力(=本を読む力)がないため、学んだ専門知識が血となり肉とならず、有力なベンチャー企業などスタートアップの力が弱いのでは? と推測されています。

ストレスやうつ、痴呆症の予防にも! 読書の隠れた効果に注目

出典:Pixabay

マイクロソフトのビル・ゲイツや大富豪として名高い投資家のウォーレン・バフェット、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグなどは、どんなに忙しくても意識的に読書の時間を設けていると言われています。一方、同じ米国でも年収300万円前後の中流階級の中で、1日30分以上の読書をする習慣のある人は、たったの2%だそうです。

多くの本を読めば必ず高収入が望めるとは言えませんが、華やかなキャリアを積み上げていく人に共通しているのは良い本を大量に読んでいるということ。

それは多忙な毎日だからこそ読書をすることで、日々のルーティーンをストップさせ、新しい視点や考え方をできるようになるから。また読書をすることで新たな情報を手に入れ、キャリアアップにもつながりますよね。

そして何よりも、本を読むと楽しいため、人生そのものの満足度がアップするのが魅力ではないでしょうか。実際に科学的にも、読書はストレスやうつ、痴呆症の予防になるというデータもあるほどです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

私は読書が大好きですが、嘆かわしいことに家族はあまり本を読みません。スマホでネットやSNSを見ているのなら、自分を高める本を選び、夢中になるのがおすすめです。それにより人生がより有意義になるということは、先人たちの例を見れば明らかなのですから。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
あなたは読んでる?日本の老若男女「読書平均時間」を徹底比較!:r000016001042 | PARAFT [パラフト]

BOOKS

たまにはwebから離れてみよう

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]