ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

第二新卒の記事

第二新卒での転職活動で失敗しないためのポイントとは?:r000016001079 | PARAFT [パラフト]

2016.09.29

第二新卒の記事2016.09.29

やりたい&出来るを見つめ直す

第二新卒での転職活動で失敗しないためのポイントとは?

keyword: 第二新卒 転職 キャリア 就活 退職

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業の募集要項の中で、第二新卒歓迎の文字を目にする機会が多くなりました。そもそも第二新卒とは、明確な定義はないものの、新卒で入社してから1〜3年経った人を指すことが多いです。現在は新卒で入った会社を3年以内で辞める人が3割以上にもなり、新卒で入って間もなく転職することが珍しくない時代となりました。今回は第二新卒の転職活動で気を付けたいポイントを紹介します。

2016.09.29 文章 / PARAFT編集部

入社後のギャップを埋めるため、求める仕事内容を把握しよう

出典:Flickr

第二新卒の転職理由によくあるのが「就職した会社のイメージが入社前と違うから、別の会社に転職し直した」というもの。なぜ入社後ギャップが生じてしまうのかというと、その1つに”求める仕事を自分自身が把握できていない”ことが挙げられます。

例えばITエンジニアとして新卒入社した人が、やっぱり人に触れ合える仕事がしたいと思い営業職に転職したとします。しかし、営業職と言っても飛び込み営業やノルマに追われる毎日で、仕事についていけません。後から振り返ってみると、エンジニアとしてITに触れることは好きでした。となると、人に触れ合う仕事がしたいからと単純に営業職を選ぶのではなく、エンジニアとしての経験も生かしつつ人とも触れ合える職種を検討する余地があったのでは?

このように、今している仕事を踏まえた上で、具体的にどういった仕事をしていきたいのか明確にすることが大事です。先の例でいえば、人に触れ合う=営業ではなく、どう人に触れ合っていきたいのかということをよく把握する必要があります。

第二新卒の弱点を克服し、転職に臨もう!

出典:Flickr

現在は第二新卒で転職する人が増え、市場の動きも活発になりつつあります。そのため企業でも第二新卒を歓迎するところが多いのですが、一方でこれをマイナスとして受け取られる場合もあります。それはなぜか? 「またすぐに会社を辞めないか」と思われてしまうのです。
第二新卒での転職を成功させるには、その会社では絶対に続ける意志と、前の会社を辞めた理由を明確にしておく必要があります。後付けでも構いません。大事なのは、企業側が納得するような答えを具体的な言葉に落とし込むことです。

「転職した後で何を実現したいのか?」を明確に

出典:Flickr

第二新卒の転職理由には前向きなものばかりではなく、現状が単純に嫌だとか入社後大きくギャップがあったなど、ネガティブな理由も多いでしょう。現時点では、後ろ向きな理由で退職を考えていることは仕方ありません。新卒というと、まだ働いた経験も少ない時点で企業を選ぶことになるわけですから、当然といえば当然です。

ただ、退職する理由が後ろ向きだとしても、転職した後で何を実現したいのかを明確にしておく必要があります。転職で何を実現したいのか明確でないまま転職したとしても、また同じ結果になる恐れがあります。仮に今の会社が嫌だからという理由で辞めたとしても、今度は何をしたいという点を具体的に言葉に落とし込みましょう。それが説得力となり、志望動機を記した文章や面接を通じて企業にも伝わるはずです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

第二新卒の転職も、新卒の就活と同じように自分を知り企業を知ることが大事です。ここを疎かにしてしまうと、転職が成功する確率もぐっと低くなります。自分の売りは何か、どう成長していきたいのかを考えることは、転職はもちろん、転職をしない場合でも、自分の思い描くキャリアを形成していくために重要なことだと思います。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
第二新卒での転職活動で失敗しないためのポイントとは?:r000016001079 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

やりたい&出来るを見つめ直す

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]