ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
ドイツ・ベルリンにフリーランスが多くいる理由とは?:r000016001098 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

ドイツの記事

ドイツ・ベルリンにフリーランスが多くいる理由とは?:r000016001098 | PARAFT [パラフト]

2016.09.10

ドイツの記事2016.09.10

手厚いサービスのベルリン

ドイツ・ベルリンにフリーランスが多くいる理由とは?

keyword: ドイツ フリーランス ベルリン 移住 アーティスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツの中でもベルリンは特にフリーランスに人気が高い町です。ベルリンの壁崩壊後、ドイツの大都市で働くため流出した人と入れ替わるように、家賃が安く文化も充実しているベルリンにフリーランスが多く集まりました。この記事では、ベルリンでの仕事や働き方、働く魅力などを具体的に紹介していきます。

2016.09.10 文章 / PARAFT編集部

ドイツはビザの取得が他の国に比べて比較的簡単に取得可能

出典:Pexels

まず強調したいのが”ドイツは個人事業主のビザ取得のハードルが低い”こと。これが他の国と比べフリーランサーの海外移住が多い最も大きな理由です。ここでいうビザとは、就労ビザではなく「フリーランスビザ」「アーティストビザ」を指します。(フリーランスとアーティストでは必要書類は若干異なりますので、詳細はベルリンの外国人局のWebページをチェックしてみてください)18~30歳であれば「ワーキングホリデービザ」も利用できます。

”アーティストビザ”はアーティストとしてしか働けないため、必要書類を提出すれば即日ビザが発行になることも。アーティストとしての証明ですが、プロでなくても今までのポートフォリオや活動記録を見て認められるケースもあるようです。フリーランスビザの場合、「翻訳家とブロガー」など、複数の仕事を行うことができます。その分、提出する書類もアーティスト用より多くなっています。比較的楽に取得できるフリーランスビザから、現地で就職して就労ビザに切り替える方もいます。

フリーランスとして働く場合、こんな仕事があります

出典:Pexels

ドイツで働く場合、ドイツ人やEU圏の人々の仕事を奪わない職種・日本人としての特色を生かした仕事だとビザを発行してもらいやすいため、日本語を使う仕事や日本と関わる仕事(日本企業の仕事を請け負うなど)がおすすめです。業種としては、

▼ ライター
▼ 通訳・翻訳家
▼ ブロガー
▼ ツアーコンダクター
▼ 日本人向けのコンサルティング業
▼ 日本語教師

などです。カメラマンやイラストレーターなど独自のスキルを持っている場合、営業活動をすることで、現地企業の仕事を請け負うことも可能です。ベルリンはシリコンバレーと比べられることもあるスタートアップの聖地なので、プログラマーなどIT系の自営業者として働く方もいます。

ベルリンで働くメリットや魅力とは?

出典:Pexels

ベルリンにはいろんな国籍の人が住んでいるため、日本人も受け入れられやすくなっています。

Soundcloudをはじめスタートアップ企業が多く、イベントも頻繁に開催され、リアルな横のつながりもできやすいです。治安や交通の便も良く、家賃も他の都市に比べ安いというところも魅力的。しかし、近年ベルリンに移住する方が増えているため、最近は物件を探すのに少し難しくなっているようです。旧西ベルリンの山の手地区が特に治安が良く住みやすいですが、家賃は高めになっています。家賃節約のため、WG(ヴェーゲー)と呼ばれるシェアハウスに住む人も多いです。

デジタルノマド向けの代表的なサイトNomad Listによると、インターネットの通信速度は25Mbpsで、町の評価もエアコンディションを除いておおむね高評価です。また、テクノの祭典「ラブパレード」やベルリンフィル、ストリートアートなど、いろんなアートに触れられる機会が多いのも良い点です。ドイツ語の国ではありますが、多くのことが英語で理解できるようになっているのも、日本人としてはうれしいですね。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

仕事をしながら海外で生活してみたい、というフリーランスの方にベルリンはおすすめの都市です。ビザの取得には各種書類の提出など少し手間がかかる部分もありますが、インターネット上にはベルリン移住に関する情報が多くあります。経験者の方の意見を参考に、ベルリンで働いてみてはいかがでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
ドイツ・ベルリンにフリーランスが多くいる理由とは?:r000016001098 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

手厚いサービスのベルリン

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]